火山登山者向けの情報@気象庁 の注意点

新潟焼山がごく小規模な噴火をしてたみたい。新潟焼山「ごく小規模な噴火発生のもよう」気象庁@NHK
さすがに焼山を登山対象として見る人には「焼山が火山だと知らなかった」って人はいないですよね、たぶん。

ただ、人でにぎわうようなメジャーな山だと火山なのかどうかを意識せずに登ってる人も多いはず。
登る山を決めたら地図&ルートだけでなく、そもそもどんな山なのかwikipediaあたりでサラッと調べてみるのがオススメです。
たとえば焼山だとこんな感じ。新潟焼山@wikipedia
このネタを書いてる時点ですでに冒頭の噴火ネタが反映されてるとこが凄すぎる。

火山に登る前にチェックしたい情報として頭に浮かぶ(浮かべてほしい)のが、気象庁が発表している火山に関するもろもろの情報。
御嶽山の事故を受けてトップページに火山登山者向けの情報提供ページなんて物ができてます。

・・・ただし。

更新が迅速極まりないwikipediaに比べて、情けないのが火山登山者情報@気象庁の更新の遅さ。
新潟焼山の活動状況を見ても、今回の噴火についての情報は未掲載。(5/6 23時時点)
それどころか、4月末の樽前山@北海道の火山性微動&わずかな地殻変動の情報すらまだ載ってないという有様。樽前山の活動状況

いろんな火山の最新情報をまとめた各火山の活動状況には本当の最新情報が載ってるけど、残念ながら火山登山者向け情報の“最新情報”は最新でないのが現状のようです・・・。
それでいいのか気象庁。(絶対よくない)

とりあえず、今は気象庁が発表する火山に関する最新情報は各火山の活動状況からチェックする必要があるのでご注意を。

この記事を取り消せる日が早く来ることを願います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です