風変わりな低気圧とひねくれた雨

今回は珍しいというか、ちょっと風変わりな低気圧が目についたのでメモ的な更新。

まずは昨日21日3時の天気図をどうぞ。
そして、1日以上たった今日22日12時の天気図がこちら。

注目して欲しいのが沖縄の近くにある低気圧。

発達するでもなく、動くでもなく。
お前、どうしたいんだ?と聞きたくなる変わらなさ。
ただボーっとそこにいる、そんな雰囲気です。

衛星画像でもあんまり低気圧としてのやる気は見られるず、だらだらと停滞するのみ。
こんな微妙な状態で維持されてる低気圧もちょっと珍しいかも。

まあ発達もしないし、大して悪さもしてないからほっとくか。

…で済ませられない気分なのが、宮崎県の人。

高気圧の縁に沿って前線から続く湿った空気が東から流れ込み、低気圧が九州の東海岸に押し付けるアシストをする形。
これが昨日からず〜っと続き、宮崎ではだらだらと雨が降り続いてます。

しかもこの湿った東風による雨。
かなり背の低い湿った空気による雨で、レーダーには映ってなかったりします。
関東で北東~東から湿った風が入ったときに降る雨と似たような感じ。22日12時の高解像度降水ナウキャスト

そして背が低いためこの雲&雨は九州の真ん中でブロック。
熊本や鹿児島西部の人はまずまずな天気なのも宮崎的には悔しいところ。

熊:ちょっと雲多いけどまずまずの天気だよね〜
宮:アホォ!こっちはずっと雨降っとるわい!
熊:またまたぁ。レーダー映ってないじゃん。
宮:ホンマや…。でもアメダス見てみぃや!

…的なやりとりを西と東でしてたりして。

だらだら続くこのひねくれた雨。
次の低気圧&前線が通過してガラッと空気が入れ替わるまでもう少し続きそう。

止まない雨はないけど、止みにくい雨はある。

宮崎の人は太陽を拝むまでもう少しお待ちください…。

無謀な登山者はなぜ増える? ※答えは持ってません

今回のブログを書くきっかけになったのは、岳沢小屋のスタッフブログ。

まだまだ厳しい状況にある残雪期の穂高エリアにやってくる場違いな登山者への、やりようのない怒りを感じる現場の臨場感あふれるブログです。
まずは一読をどうぞ。
5月13日、最近ひどくレベルの低い登山者が多い件について@岳沢小屋スタッフブログ

山小屋関係のブログを眺めてるとトンデモ登山者の実例には事欠かず、時々ニュースを騒がせてるのもご存知の通り。
遭難関連の報道は憶測混じりのかなり適当なモノも混じってるようなんでそのまま信じるのはやめておきたいところ。

それでも、自分のレベルと山のレベルをまったく把握しないままにトラブルを起こしてる登山者がいっぱいいる、増えてる、ってのは間違いないんだろうと思います。

土いじり的に例えると…

  • トラブル起こした人をこってり搾るのは、伸びてきた雑草を抜くような対処療法的な対応。
  • 「こうなっちゃいかんよ、気をつけてよ」と呼びかけるのは除草剤。されど効果は実感できず、どんどん雑草が増える有り様。
  • 誰だ雑草増やしてるヤツは!なんとかしてくれ!!(怒)

そんな感じなのかなぁと。

本当に解決したいならトンデモ登山者が増える原因を正確に把握した上で、原因に合った効果的な対処が必要なはず。

じゃあ、トンデモ登山者が増えてる正確な原因って何?

  • 山ブームを盛り上げようといい面ばかり前面に出すテレビや雑誌、アウトドアメーカー、登山者自身。
  • 登山の多様化、細分化。
  • ツアー登山によるリスク管理無しでのハイレベル登山が可能に。自分はできる、との誤認。
  • 危ないものは見るな触るな近づくな、と自然の面白さと怖さを知らずに過ごす現代社会(教育含む)。
  • 山岳会などの人から教わる場の少なさ。
  • タクシー感覚のお気楽救助要請でも無料と認知が広がった。
  • 登山者の母数が増えて同じ比率でトンデモ登山者も増えただけ。
  • むしろネットでレベルの低い層の増加が加速?

色々思い浮かびはするけど、何がどれだけ影響してるのか少なくともぼくは知らない。
そして、あーじゃないか、こーじゃないかという記事は見ることがあるけど、しっかりした根拠とセットになってるのも見たことない。
たぶん、トラブルを起こしたトンデモ登山者に対してこってり絞る&叩くだけでなく、どうしてそうなったのかを逐一丁寧にデータ取って蓄積していかないとホントのところは分かんないんだろうなぁと。

そんなスッキリしない気持ちを持ってる中で読んだ冒頭のブログ。

トンデモ登山者の相手をさせられる現場の大変さは本当に大変だと思う。

でも…

数年前、「岳」(漫画のほう)が流行ったときに、安易に救助要請する登山者の話しが何度も書かれていましたが、きっとそれでも読んで、山で困れば110番とでも思っていたんでしょうね。あのマンガには本当に困ります、漫画としてフィクションの話しなら問題はないのですが、設定が槍穂を中心に妙にリアル過ぎて、ああいう話しがリアルな世界だと思う人間が多くなってしまいました。

ちょ、おまっ・・・「岳」のせいにするなよーー!!

どうしたら『きっとそれ(岳)でも読んで、山で困れば110番とでも思っていたんでしょうね。』で片づける気になった??
いや、実際現場じゃ遭難騒ぎ起こした人の多くが『「岳」読んでここに来ました。救助呼びました。』って言ってる可能性も全くないわけじゃないけど…。

山が好きで、マンガも好きで、『岳 みんなの山』って作品も大好きなぼく。
※実写映画のことは聞かないよーに

いくら山の最前線にいる現場をもの凄く知ってる人の言葉とはいえ、どーしても素直に頷く気にはならない。
安易な登山や救助を誘うより、そんなことすんなよ!ってメッセージを伝えてる作品だと思うんだけどなぁ。

この人はマンガ嫌いなのかな?
よっぽど「岳」で嫌な思いをしてきたのかな?
他の山岳関係の人はどう思ってるんだろ?
(根拠なく)結構好意的にとらえてる人が多いと思ってたけど実は違うのかなぁ。

前半は山の遭難のことを考えてたのに、こっちばっかり気になりながらブログを読み終えてしまいましたw

いちよ書いとくけど、別にこの人を批判する気も否定する気もないです。
どんな経験と過程を経てそんな考えを持つに至ったのか。
そこが気になっただけ。

あと、そもそもの「無謀な登山者はなぜ増える?」も答えが知りたい。
誰かデータから本格的に取り組んでる研究者さんいないかな。

20180501針ノ木岳

2018/5/1に登った北アルプス・針ノ木岳のメモ。
GWの針ノ木雪渓がこんなもんでしたって記録です。
ただ、春は融雪と降雪を繰り返す季節で日々の変化がとっても激しい。
シーズンごとの差も大きいから毎年こんな感じ、とはならないことにはご注意を。

それじゃまずはルートの確認。地理院地図より

スタート地点は立山黒部アルペンルートの長野側の起点、扇沢。
そこからメインの谷をずっと遡り、日本三大雪渓のひとつ・針ノ木雪渓から山頂へ。
夏道は針ノ木雪渓から針ノ木峠へ向かうけど、春はマヤクボ沢の雪も繋がってるからこっちからでも登れるようになってるとか。
分岐する大きな谷はあるけど、視界が良くて地図とコンパスさえ持ってればまず迷うことはないだろなと。

それよりも雪渓ルートで怖いのは雪崩。
そこに大きな雪渓ができるのはまわりから雪崩として雪が集まってくるから。
急に気温が上がったり、まとまった雪が降った直後にはとても登る気にはならないルート。
今回は暖かい日が続いてはいたけど、1週間近く降りものはなかったんで周りの谷や沢からの湿雪雪崩を中心に気をつければOK。
そんな判断でした。

それじゃここから写真で振り返り。

扇沢のバスターミナルに向かって左手が針ノ木岳への登山口。
登山ポストもあるんでもちろん登山届は出しましょ。

登山届けの出し方の①コンパス ②長野県電子申請
とオンライン物が並んだ後に③登山ポストへの投函 と並んでて、さすが長野県とちょっと感心。

登山道は入った直後は地面も出てたけど、すぐ積雪エリアに。
作業用道路と分かれて右岸(山を背にした時の右手、登り手から見ると左手)を進みます。
谷の底も歩けそうではあったけど、中央部はもう開いてるし大きな堰堤を何個か越えるので端っこ歩くのが無難。
この時点でも脇から雪の固まりがゴロゴロっと流れてきてたので油断は禁物。

この辺はほぼ真西へ、赤沢って谷を正面に見ながら進む。
赤沢に近づくと次第に南西に曲がり、大沢を横切っていよいよ針ノ木雪渓の本谷へ。
大沢から蓮華岳を狙う人もいるみたいだけど、素直に針ノ木岳に登る人は迷い込まないように気をつけたいポイント。

大沢を過ぎると正面にズバリ岳~針ノ木岳を眺めながら延々と雪渓を登り詰めてくことに。
斜度もジワジワきつくなり、振り返ると爺ヶ岳がステキな眺め。

標高2100mあたりは谷が狭く傾斜もちょっと急で〝のど〟と呼ばれるポイント。
谷底であるルート上は見事に湿雪雪崩のデブリまみれ、支谷の上部にはまだ雪庇もあるっぽい。
自分がどの谷の下部にいるのか、雪崩たらどのくらい広がりそうかを特に強く意識して歩く必要があるエリアでした。

〝のど〟を抜けると傾斜は緩くなり谷も広がり、だいぶ針ノ木岳の姿がハッキリ見えるけどまだまだ標高差を感じる景色。
さすが日本三大雪渓、そうそう簡単には終わりませんw

そろそろしんどくなってきた頃、針ノ木峠へ向かう夏道とマヤクボ沢へと別れるところに到着。
まったりしたくなるけど針ノ木峠の手前にはまだ雪庇の姿も。
なるべく安全な場所を選びつつ、山側を眺めながらの休憩を忘れずに。

終盤の登りはマヤクボ沢を選んだけど、向かって右手の雪渓は広そうだけどかなりの傾斜。
まだ左手からの方が攻めやすそうだったのでハイマツの脇を抜けて岩場混じりのルートを開拓することに。

となりを見ると、マヤクボ沢の奥側にはスキーを担いで急斜面に挑むツワモノの姿が。
立派な雪渓だからまだしばらくの間は繋がってそうだけど、かなりの傾斜がしばらく続くんでのんびり登りたい人にはオススメしにくい雰囲気でした。

ハイマツの脇を通り、岩場の多いエリアを抜けた後はトラバース気味に稜線へ。
ここまで来たらあと少し!
山頂直下の急斜面をグイッとあがって…や~っとこさ針ノ木岳のてっぺん♪山頂周りは吹き飛ばされて雪がほとんど付いてないんで、なるべくアイゼンは外しておいて欲しいとこ。
必要ないとこでザクザク地面を荒らすのは見ててあんまり気持ちのいいもんじゃないです…。

登ってきた針ノ木雪渓方面を振り返れば、ズバリ岳~爺ヶ岳~鹿島槍まで続くなかなか魅力的な稜線。

西には黒部ダムを含む渓谷を挟んで立山・劔岳。

南には三俣蓮華の奥にちょっとかすれた槍ヶ岳も。

スタート地点の扇沢からの標高差は約1400m。
しっかり登ったかいあってほんとにステキな景色♪
アルペンルートを使わずに登ることの大変さもよくわかったw

1時間以上山頂でまったりした後は尻セードも交えつつ楽しく下山。
もちろん後ろ&左右への注意は忘れずに。

まだまだたっぷりの雪を抱く針ノ木岳。
溶けゆく姿に春を感じる素晴らしい山でした(*´∀`)

7:3でスキーヤーが多かったけど、登山としてはちゃんとしたアイゼン&ピッケルが必要で標高差もたっぷり。
天候次第じゃ雪崩のリスクも大きい中級以上のルートなんでくれぐれも無理しないようにお楽しみください。

春(融雪期)の雪崩についての一般的な注意事項はこちらも参考にどうぞ。
【お知らせ】春季における一般的な注意事項_180402@日本雪崩ネットワーク

雪渓ルートは雪崩のリスクが高いルートで、春の高山はまだまだ雪も降る領域。
〝注意して登る〟以外にも山やコースを変えるって選択肢もお忘れなく!