空の波、ケルビン・ヘルムホルツ不安定

せっせと外作業をしていた昨日(20日)の16時頃。
周りの景色を眺めてると何やら特徴的な雲を発見!

アップにするとこんな形。

これは『ケルビン・ヘルムホルツ不安定(性)による波状雲』。

大気の中にたまたま性質の違う空気が上下に接した境目がある場合、境目の上下で風の流れが違うと境目が乱れて“波”ができることがある。
これがケルビン・ヘルムホルツ不安定(性)。KH不安定とも。

それだけだと目に見えない乱気流で終わりだけど、いい具合に湿った空気があると今回みたいにちょうど波型の雲として可視化してくれたりします。

15時(12UTC)の高層観測データを見ると800hPaあたりにちょっとした逆転層。
雲の高さもちょうどいい感じだし、この境目で起きてたのかなぁなんて想像してみたり。エマグラム@ワイオミング大学より

しばらく残ってたけど18時頃には旬を過ぎたみたいでだいぶ形が崩れてました。

この雲自体はどこにだって起きる現象だけど、なるべく地表面がなだらか&広くて、遠くまで見渡せる条件の時がいい。
つまり南極はうってつけ!ってことで狙ってたんで実際に見れてうれしい限り♪
おとといの満月に続いていい物が見れてなんとも恵まれた数日。

そしてこの文章を書いてる時点で外は風速約25m/s。
雪も降って今夜から明日にかけてちょっと荒れる予想。
ホントに色んな表情を見せてくれる、面白いどなんとも忙しい南極暮らしです。

いい加減にブリザードのことも書きたいなぁ。

さあ、今回の荒天はブリになるか!?

南極でお月見

ネタがありすぎても整理する余裕のない南極暮らし。
このままではいかん!ということで今回は早めの整理。
2019年で一番大きいらしい今回の満月を満喫したってお話です。

まずは夕焼けに染まる昭和基地を眺め・・・

北の空の綺麗な地球影を楽しみながらお月さまの出待ち。

そして21時過ぎ。南極大陸の陰からお月さま登場!
う~ん、確かに大きい。ような気がするw
ちなみに手前の平らなところは海(海氷)。奥の斜面が南極大陸です。

さて、それでは南極の月をじっくり見てみましょ。

もうひとつ、アップでも。

南極の月、いかがでしょう。

あれ?と思った人はきっと夜空が好きな人。
北半球の日本と、南半球の南極。
ぜひ普段目にするお月さまと何が違うか見比べてみてください。

あと、もうひとつ南極の月ならではのことが。

こちら、月が一番高く上った20日1時頃の様子。
これでMAX。うーん、低い!

満月になるとき、月と太陽は地球を挟んで正反対の位置。
今の昭和基地はやっと太陽が沈んで夜っぽくなってきた頃。
太陽が沈んだ南の空を眺めると真夜中でもまだ薄明るい状態です。

地平線すぐ下には太陽が待機。その正反対に満月ってことで、お月さまはちょっとしか出てこれない。
国立天文台の暦計算室で調べたところ、昭和基地での月の見上げ角は一番高い時で約7度。
地を這うとまではいかないけど、かなりの低空飛行。

これは撮らねば、とコンデジでタイムラプスを仕掛けてたけど低温のため早々にバッテリーが切れてお蔵入りすることに(涙)
次は給電しながら撮るようにします・・・

仕事柄、昼夜問わず空を眺める時間が多い日々。
南極の空が1日ごとに表情を変えてくのがホントに面白いです。

もう少しすると本格的に星空を楽しめるはず。
そしていよいよオーロラの登場も近いかも??

それじゃ、最後にもう1枚。
南極っぽい写真で今回はおしまいです。
次はいつになるのやら(^^;