雲が消えて、またできて(好天の場合)

おととい(6/16)は綺麗な寒気が襲来。どうなるかと思ったけどさすがに発達しました!なかなかの大きさの雹も降ったみたいで出会えた人にはちょっと羨ましかったり。

この不安定の話でもしようかと思ったけど、衛星画像好きとしては少し引っかかる記事を見つけてしまったので予定変更。

その引っかかる記事というのがコチラ↓
東京に白いリング状の雲が出現@片山由紀子(ウェザーマップ)

16日の昼過ぎに現れた、東京湾をグルッと囲むように広がってる雲についてこんな解説をしてます。

鹿島灘から吹く東風と東京湾や相模湾から吹く南よりの風がぶつかった所に雲が発生しています。東京では午前9時に北北東の風、その後、午前11時になると南南東の風に変わりました。そのころから白いリング状の雲ができ始めたと思われます。

半分あってるけど、半分足りない気がするので今回とりあげてみました。

まず最初にキーワードのひとつである〝海陸風〟のおさらい。
比熱&吸熱効率の差により、暖まりやすく冷えやすい陸地と、暖まりにくく冷えにくい海。この差によって昼間は海から陸地へ風が吹き、夜間は陸地から海へと風が吹くってやつです。
小学校の教科書あたりだと海岸近くだけを見て説明するけど、関東平野全体でもこの傾向はあてはまります。夜は内陸から川の流れに沿った風が、昼間は川の流れに逆らった風が吹くってイメージ。
ただし、メリハリのない気圧配置で全体的に風が弱いのが前提。気象っぽく表現すると「気圧傾度が小さい場」で起きる緩やかな風です。

今回は早朝から夕方にかけて、この海陸風による日変化が卓越した日。
朝9時には関東平野全体で緩やかな陸風が卓越。他の着目点として、衛星画像では低くて細かい雲が広がってます。

そして11時。陸風から海風に変化。気温があがることによって平野に広がってた下層雲もしだいに消散。

そして問題の?13時。確かに千葉県側は風の収束に対応してそうだけど、西側は海風が卓越してハッキリした収束は無し。雲の時間変化を追っても個々の雲は素直に南東風に乗って動いてました。

海風が卓越する中、少し雲のない領域を挟んだ内陸側で発生する細かな下層雲。たぶん、その仕組みはこんな感じ。ちょっと湿ってるけど雲になるほどじゃない海風が陸地に侵入。陸地を通過するうちに温められて対流が発達。この対流がある高さまで届くとその頭が対流雲(積雲)として可視化された、そんな仕組みなのかなと。
陸地に入った海風の中に対流雲ができるまで少し時間がかかるので、海岸からある程度の領域には雲ができないという分布になったんだと思います。

海風がもっと湿って雲を伴ってるとこの変化はさらにわかりやすくなります。以前、新千歳空港から南へ飛んだとき、太平洋から押し寄せる霧が積雲に変わる様子はなかなか見事でした。
手前が太平洋の海霧で、奥の陸地側に向かってゆるやかな風が吹いてます。霧(層雲)が一度消えてから積雲に変わってるのがよく分かるかと。※図中の日本海は太平洋の間違い!あとで直します…

この変化は山でもよく見るパターンで、夜間の放射冷却で霧が発生→朝から温められる&混ぜられることによって霧が消える→昼には対流が発達して積雲として現れる、という変化になります。

ちなみに、上の図において点線で表現した〝雲は無いけど水蒸気がモヤモヤしてる層〟のことを気象学では接地境界層と呼び、水蒸気やチリが多くて見通しもイマイチ。山ヤ的に表現するなら〝下界の空気〟といったところ。
この接地境界層の上まで登ることができれば、スッキリした〝山の空気〟の中で遠くまで景色が拝めることになります。

接地境界層は夜に薄くなり、日中は気温の上昇と共に次第に厚くなる(上空に広がるか)という変化が天気のいい日の定番。スッキリした景色を拝みたかったらできるだけ早い時間に登る必要がある、というのもこの変化によるもの。
特に上空の空気がスッキリしてるときはその差は歴然。こんなモヤモヤとスッキリの境界を目にしてる人も多いかと。

ただ、残念ながらこれから夏にかけては上空の空気もモヤモヤした状態になりやすい季節。その辺の話は以前に書いた春の高気圧を参考にどうぞ。

衛星画像ノススメ(霧&ベナール対流)

関東まで一気に梅雨に入ったということで、衛星画像でつい目が行くのは日本の西側エリア。
でも、北側エリアにもなかなか面白い物が見えてたので今回はそちらのご紹介です。

こちら、6月5日のオホーツク海の可視画像&天気図。春の定番、キンキンに冷えたままのオホーツク海に広がる下層雲(霧)が北風にのって南下。ごく低い高度にある雲なので千島列島にせき止められ、島と島の隙間から流れ出してます。
流れ出した雲は小さな渦を巻いてるところもあって、つくづく大気は流体なんだなぁと感じる光景です。

そして翌日、6月6日の可視画像&天気図。前日にオホーツク海から流れ出した下層雲域が不思議なまだら模様に。これは“ベナール・セル”と呼ばれるもの。

薄い流体を下からじんわりと暖めると、上昇流と下降流が規則正しく並んでセル(細胞)状の対流分布が生じるのを見つけたのがベナールさん。流体力学の実験で定番メニューのひとつです。
実験じゃお皿くらいの大きさの容器の中でやるわけだけど、実際の大気の中でも同じような現象が起きるってのが面白いところ。雲のあるところが上昇流、雲のないところが下降流になってます。

ヒンヤリした薄い下層雲が、高気圧に蓋をされた状態で、海からゆっくり暖められてる、という気象条件が実験室と同じ環境をとんでもなく大きなスケールで作ってるってのがミソ。
そして対流が進むにつれて下層雲はゆっくり消散していきました。

このオホーツク海からの流れ出しとベナール対流の様子は動画でみるとなお綺麗。
ひまわり8号リアルタイムWEBでは静止画だけじゃなくて日ごとの動画も公開してくれてるのでこちらからどうぞ。

6月5日 オホーツク海から流れ出る下層雲

6月6日 ベナール・セル化&消散
(高頻度観測領域の端でちょっと見にくいのが残念!)

冬型の気圧配置が日本海でもたまに見ることができるので、気になる人は来シーズンにでも探してみてください。

春は雨が少ない≠水不足

今月頭に発表された2017/5の天候@気象庁
東日本と西日本日本海側で降水量がかなり少なく、東京でも5月の月降水量の少ない方から1位の値を更新ってことで少しニュースにもなりました。
5月26日には東日本太平洋側と西日本の少雨に関する全般気象情報なんてもの発表されてます。

そうなると、水不足になったりしない??と気になるのも自然な話。たとえばこんな感じで。
東日本太平洋側と西日本で少雨 日本は無駄遣いができるほど水が豊富ではない国@饒村曜

この記事では日本の降水量は日本海側の雪・梅雨前線による全国的な雨・台風の雨の3本柱といいつつ、あまり踏み込んだ感じがしないので今回のテーマは「雪と水資源」。分かりやすいデータが公開されてて影響も大きい関東で見ていきます。

まず大前提なのが、関東の水不足を左右するのは関東平野にどれだけ雨が降るかではなく、水がめである北関東のダムにどれだけ水が溜まってるかということ。
昨日(6/5)みたいに南関東でどれだけ雨が降ったところで川から海へ流れるだけ。ダムへの影響はあまりありません。(南関東での各種水利用が増えて、といった間接的な影響はあるだろうけど)

そして、梅雨の前はもともと雨が少なく、この時期のダムは雪解け水の影響大。雨が少ない今のダムがどんな状況か首都圏の水資源状況について@関東地方整備局で公開されてるデータを見てみると…赤い線が今年(H29)の貯水量で、今のところ特に問題ない水準。渇水が問題になった去年(青線)と比べるとその差は歴然です。

なんで去年こんなことになってたかというと、冬の記録的な少雪に春の記録的な暖かさで雪解け水の恩恵が早々に終わってしまったから。詳しくは去年書いた「少雪な冬」×「暖&少雨な春」=?をどうぞ。

この間の冬(2016/12~2017/2)はどうだったかというと、全体的には気温高めだったけどちゃんとした寒気が何度も入った冬。北陸沿岸部みたいに標高の低いエリアでは雪が少なかったけど、ダムの上流となる標高の高いとこではしっかり雪が降ってました。
冬(2016/12~2017/2)の天候@気象庁より

そして3月は気温低め、4月以降は気温高めで推移。春山に登ってる人は今年は残雪多めという情報&現状に実際に触れたと思います。この冬の貯金のおかげで今のところ問題なし。
もちろんこの先も雨が少ないようだと問題になってくるだろうけど。はたしていつ梅雨入りするのやら??

雪遊びだけでなく、春~夏の水資源として重要な冬の雪。2015-16シーズンみたいなことがしばらく起きないことを願いましょう…。冬(2015/12~2016/2)の天候@気象庁より