休日×好天からの天気急変=事故の元

そろそろ世の中はGWモード。
ただし、もちろん休日だからといって天気予報がお休みになるわけでもなく、予報現場は何も変わらない日々をすごすことになります。通勤ラッシュが無いってのはちょっと嬉しいけど。

そんなGWの初っ端、29日にちょっと気になる予想が。こちら、29日の関東甲信の天気予報。「曇り一時雨」の傘マークが並んでます。

それじゃと29日の予想天気図を眺めてみると・・・なんで雨が降るのかちょっとわからない天気図。
こういった地上天気図でパッと見で分からない現象には、上空の寒気か下層の暖湿気が隠れて悪さをしているのが定番です。

今回は前者の上空の寒気が主役で、予想天気図:FXFEの出番。FXFE5782&5784から500hPaの気温予想を抜き出してみます。
左上から今夜(27日)、明日朝(28日)、明日夜、明後日朝(29日)です。

いま大陸から北日本にかけて居座ってる寒気、その一部が鋭い寒気トラフとして29日に迫ってくることが分かります。このトラフの通過に伴い、寒冷前線とまでは言えないけど明瞭な風の変わり目である“シアー”が関東甲信を通過するのが29日の昼~午後。このシアー通過のタイミングで雨が降る、そんな予想になってます。

このことを踏まえてもう一度予想天気図を眺めてみると、やんわりとした気圧の谷が日本海に描かれてるのに気付いてもらえる、かも。

てっとり早いのは、気象庁が民間事業者(プロ)向けに解説している資料、短期予報解説資料にある“主要じょう乱解説図”を見てしまうこと。今回も日本海を南下するシアーの存在が描かれてます。(シーアーと書いてあるけど前の「ー」は見なかったことに・・・)
短期予報解説資料は地球気@日本気象株式会社などのサイトで見ることができるので、天気予報を深く読む&勉強するにはぜひ活用してください。

話をちょっと戻して、今回予想されてる雨の特徴としてとても重要なのが「天気の急変」になりそうなこと。

だんだん雲が広がって→雲が厚くなって→雨が降り出して・・・といった変化ではなく、午前中は晴れ→午後から急に強い雨(標高高いと吹雪)!雷も!?といった急激な変化になりそうです。天気図には表現されてないけど寒冷前線の通過をイメージしてもらえればいいかと。

人が多く動くタイミングで、朝は天気が良かったけど午後から天気が急に・・・というのは山に限らず一番事故が起きやすいパターン。
連休始めで山に行く人も多いと思うけど、最新の気象情報をしっかりチェックして慎重な行動をオススメします。

29日の朝に起きて「なーんだ、天気予報は雨とか言ってたのにめっちゃ天気いいじゃん」とか思ったら間違いなく事故フラグ。
夏の夕立のようにいつどこで発生するか予想しにくいパターンとは違い、今回はタイミングが比較的分かりやすいパターンです。

「まさかこんなことが」なんて言わないためにもしっかり情報収集&計画を立てて、事故のない充実したGWをお過ごしください。
天気の急変への心の準備は空の変化に気を配りつつ、高解像度降水ナウキャストがとっても役に立ちます。

情報を提供すること、利用すること

気象についての防災情報を提供する立場にいる一人として
『どんな情報を・いつ・どのように提供すると活用してもらえるのか』
ってことを考える機会は多くある。
なるべく情報を一方的に押し付けにならないようにって想いはあるけど、正直なところ現状じゃ大量の情報を流してユーザーが消化不良になってるんじゃないかぁと思うこともしばしば。
(このくらいの表現で止めときます。あと、もちろん個人の感想です。)

そんな中、今回強烈に刺さった言葉が那須雪崩事故/6 情報提供と共に教育を@毎日新聞にありました。
以下、日本雪崩ネットワークの理事、出川あずささんよるコメントからの抜粋です。

雪崩情報で大事なのは、情報提供と同時に、ユーザーに雪崩教育も行っていくことです。コンディションを伝えた上で、行動は各自に判断させるのが原則で、欧米では必ずこれがセットになっています。情報で人の行動をコントロールしようとすると、必ず強めに発信したくなり、ユーザーはやがて信用しなくなっていきます。

そう、そうなんだよ!那須雪崩事故の各種報道やコメントを見てて感じる違和感はまさにここ!!

今回一番問題だと思うのはユーザー(指導者含む)への教育をどう進めていくかってことで、情報によるコントロールだけが先走ると「危ないから行くな」にたどり着いてしまう。
雪山に限らず、どんなリスクがあるのか常に考えながら行動することが山じゃ重要なのに・・・。

ちょうど今行われてる立山エリアの山岳スキー情報も情報によるコントロールに重点を置いたタイプに見えてしまう。

富山県と富山県山岳遭難対策協議会の連名による“なだれ情報”の危険度は4段階。

なだれに注意 ⇒ 危険な状態 ⇒ 非常に危険な状態

そして、『行動の自粛を要請』

最初見たときはなんて表現だとホントにびっくりした。
そして実際に表示されてたのが昨年(2016年)の11月末。

前日に東工大の学生パーティーが雪崩に遭遇した直後とはいえ、富山県の名で『行動の自粛を要請』とはなかなか強烈。明らかな雪崩地形に踏み込んでしまっての事故ってのが分かったのは後になってから、ってのを割り引いても凄い表現だなぁと。
「危ないから行くな」を行政的な表現にするとこうなる、そんな感じです。
このときの雪崩事故は日本雪崩ネットワークによる現地調査報告を参考にどうぞ。

こんな感じで雪山の話として強く共感した出川さんのコメント。
でも、ぼくとしてはそれだけじゃすまなかった。

出川さんのコメントで「雪崩」を「防災」に入れ替えるとこんな文章ができあがります。

【防災情報で大事なのは、情報提供と同時に、ユーザーに防災教育も行っていくことです。 ~中略~ 情報で人の行動をコントロールしようとすると、必ず強めに発信したくなり、ユーザーはやがて信用しなくなっていきます。】

注意報、警報、記録的短時間大雨情報、土砂災害警戒情報、竜巻注意情報、そして特別警報。(その他略)

ぼくが働き始めたここ10年だけを見ても結構情報が増えたなぁと。
何かが起きる⇒強い表現の情報が増える、の繰り返しになってる気がする気象庁の防災情報。
もちろんユーザーのレベルアップの手助けをする重要性も組織として重々承知してるけど、なかなかそっちに力を入れる余裕が無くて歯痒い感じです。
このままじゃスーパー警報、スペシャル警報なんてもの冗談じゃなくなったりして。

そんなことを笑い話のまま話しながら防災情報の提供&教育に携わっていけたらなぁ、なんて考えさせられた言葉でした。

台風の名前、ちょっと変わります

台風が生まれるとその年の第●号と呼ぶのが一般的だけど、そのほか名前がつけられてるってのを知ってる人もそれなりにいると思います。

どうやって付けてるかというと、台風に縁のある国々による台風委員会という組織で名前リストを作成。台風ができるたびに順番に付けるって方式。この台風の名前リスト、大きな災害になった台風などは欠番的な扱いになり、名前リストから削除&同じ名前の台風にならないようにしてたりします。
詳しくは台風の番号の付け方と命名の方法@気象庁をどうぞ。

そして今年もまた台風の名前の見直しがあり、どんな変更になるかという資料が配信資料に関する技術情報@気象庁に掲載されました。

変更になる名前はこちら。

日本からリストに挙げた名前では「コップ」が消えて「コグマ」が登場。

台風:コグマ

なんかイマイチ警戒する気にならないような響き。
いやいや、小熊を見たら近くに親熊がいると思え、が山の鉄則。
そう思えば名前がかわいいからと侮る無かれ?

そもそも、日本がリストに載せてる名前は星座由来で今回のコグマ以外にもヤギやウサギ、トカゲなど台風っぽくない名前も多くあります。
台風の名前として登録するには他の国の変な意味の言葉と似てないことや他の国が嫌悪感を持たない言葉である等、色々と考慮する必要あり。
いかにも日本っぽい名前は戦時の艦艇や航空機であらかた使っちゃってるのでまず使えず、無難なネタとして星座が選ばれたって話だとか。

去年(2016年)の最後の台風、第26号は「ノックテン」だったんで今年の第1号は「ムイファー」から始まることに。
なかなか生まれない2017年度の台風第1号。
出来たときは名前にもちょっと注目してみてください。
台風コグマは少し前に使ったコップの後釜なので、実際に登場するのはまだしばらく先のことになりそうです。

南の海にはちょっとまとまった雲域があるけど、まだ発達する素振りは見えず。どうなるかなぁ。

台風に関する過去データは台風の統計資料@気象庁デジタル台風でどうぞ。

今年の台風はややのんびり。
でも、2016年もやっとできたと思ったら怒涛の追い上げで結果を見れば平年に近い結果、そんな年でした。

春の嵐、襲来

今日は広く晴れて各地でこの春一番の暖かさ。東京もぐんぐん気温が上がって26.1℃を記録しました。
≪最高気温一覧@気象庁≫

春だなぁ。いい天気だなぁ、と衛星画像を眺めると九州の南にだけずいぶんと発達した怪しい雲の塊が。

実は九州の南ではココだけずっと雨が降って雷も鳴り放題。活発な対流が続いてなかなか荒れた天気になってます。高解像度降水ナウキャストより

ただ、この局地的な荒天、地上天気図を眺めるだけじゃなかなかイメージしにくい。あれ?高気圧が張り出してるんじゃないの?と言いたくなる姿です。

こういった地上天気図でパッと見で分からない現象には、上層の寒気か下層の暖湿気が隠れて悪さをしているのが定番。

今回は後者の下層暖湿が主役で、下層暖湿を見るには予想天気図:FXJPの出番。左上から今夜(17日)、明日朝(18日)、明日夜、明後日朝(19日)の850hPa相当温位です。

なるほど、九州南部に相当温位の高い(=暖かく湿った)気塊が流れ込んでるせいでこうなってるんだなぁ。

あれ?明日から明後日にかけてどんどん西に広がって・・・。

というわけで、明日&明後日の予想天気図がこちら。

南国生まれの暖かく湿った空気をグイグイ引き込んで低気圧が発達。全国的に強風&まとまった雨になって春の嵐(メイストーム)がやってくる予想です。
全国的に影響が広がりそうで今日の夕方には暴風と高波及び大雨に関する全般気象情報も発表済み。

それぞれの地域でいつ頃&どれくらいの影響が出るかは今後の天気予報や気象情報にご注意を。

こんな天気で山に行こうって人はさすがにいないだろうけど、まだまだ山には残雪の多い季節。気温上昇&まとまった雨による融雪災害も気になるところ。
降ったあとも足元は難しいコンディションになるだろうから下調べ&対策は念入りにどうぞ。

桜咲き、雹降る春

意外と早く桜が咲いたと思ったら、その後が寒すぎてちっとも開花が進まない今シーズン。寒いと桜が長続きしていいなんて話もあるけど、ここまで寒いと花見日和も少なくて困っちゃう。ほんと、全国的にひんやりした3月下旬でした。
前3か月間の気温経過@気象庁より

それでもちゃんと春は来るわけで、気象的な春の名物のひとつが今回のテーマである『雹(ひょう)』
気象庁じゃ『積乱雲から降る直径5mm以上の氷塊(これ未満はアラレ)』って定義してるけど、降ってくる氷の塊で当たると痛いくらい大きいやつ、って認識で大体OKです。

なぜ春の名物かというと、まだ上空には冬の名残りの強い寒気が入る中、下層には春の暖かく湿った空気が入り、大気の状態が不安定になりやすいから。
夏の積乱雲も強力だけど、全体的に気温が上がりすぎてなかなか雹のまま地上まで届きにくい。
季節がさらに進んで秋になると、下層には夏の暖かく湿った空気が残る中で上空に強い寒気が入るため、また雹のシーズンになってきます。

そして今日と明日、まさに『雹日和』の匂いが。

こちら、今朝(2日9時)の水蒸気画像。リンク元で動画(6時間くらいで早く再生)するとわかりやすいけど、日本海の青矢印と大陸の赤矢印、それぞれのとこに怪しげな渦が見えるのがわかると思います。

そしてここで登場するのが高層の予想天気図。『FXFE』で500hPaの気温を見てやります。天気予報でよく「上空約5500mの~」と紹介されてる高度です。今日(2日)9時、水色がマイナス30℃、青色がマイナス33℃線。マイナス30℃線がしっかり日本にかかってて、これだけ強い寒気はこの時期としてはかなりのもの。
さっきの衛星画像に線を重ねてやるとこんな感じ。(手書きにつき多少のズレはご勘弁)

この寒気の下では大気の状態が不安定になりやすく、何かあるとすぐにバチバチと雷がなるエリア。そんな寒気の固まりがこの先どうなるかというと…。(左上から2日9時、2日21時、3日9時、3日21時の予想)

いま日本海にある寒気の固まりが今夜本州に。
さらに、いまは大陸にある寒気も明日の夜に本州にいらっしゃる予想。北側にある大気の流れから切り離され、立派な寒冷渦といった雰囲気です。

こういった上空の寒気が主役の現象はなかなか地上天気図に現れないことも多く、今夜の予想天気図だけを見ても危ない匂いを嗅ぎ取るのは至難の業。
明日夜の天気図には寒気に対応した低気圧が表現されてるけど、これはこれで影響が大きいってことを示してるんでよくない話。

とりあえず、今日明日と外で遊んでる人は天気の急変にご注意を。こんな日に頼りになるのは自分の目と耳、そして雨雲レーダー
雷や雹と聞いたら外に飛び出す悪天好きな人も風邪を引かないように気をつけてくださいw