2つの現地調査報告から見えるもの

3月27日の那須雪崩事故。

日本雪崩ネットワーク(以下、JAN JapanAvalancheNetworkの略)が行った現地調査の報告に続き、防災科学技術研究所(以下、防災科研)が行った現地調査の報告が今日(31日)公開されました。

さらっと積雪について見たい人は概要版を。
今回の事故を総合的に眺めるには気象現象の推移も載ってる詳細版のほうがオススメです。

あとはJANが30日に公開した、日本における近年(1991-2015)の雪崩死亡事故の資料も必読の品。
死者数、年齢、所属、活動別などの各種データが整理されてます。
メディアで叩かれることが多いのはスノーボーダーだけど、死者数で見ると 登山者>山スキー>>山スノーボード なのは意外と感じる人も多いんじゃないかなと。

話を現地調査に戻すけど、やってることそのものについてはJANと防災科研、どちらも同じような感じ。積雪構造を調べて雪崩が起きた仕組みを解明しようって取り組みです。

ただ、両者の雪崩防災に対するスタンスはちょっと違う。
それぞれのスタンスが見える言葉を上で紹介した資料から引き抜いてみます。

【JAN:雪崩死亡事故資料より】
雪崩安全に最も重要なのは、雪を調べることではなく、地形を賢く使うこと。
大きな事故は「雪崩地形と行動マネジメント」に問題を残す。
※別々に記載されてる2文です

【防災科研:現地調査報告詳細版より】
雪崩がどこで発生するのかを広域に把握する手法は確立されていないため、山岳域も含めた全国的な雪崩ハザードマップを整備することが必要である。

JANと防災科研がそれぞれの切り口で雪崩による被害を減らそうとしてることがよくわかります。JANは自助的、防災科研は公助的な雰囲気です。

雪崩に限らず防災を考えるにはどちらも大事だけど、少なくとも自分の意思で山に入っていく人は自分の判断と行動でリスクを避けるって意識は絶対に無くしちゃいけない。
災害が起きるとたびたび「(行政から)避難しろと言われなかった」なんて声も聞かれたりしますが、自然のド真ん中で頼れるのは自分自身だけなので。

最後に蛇足。
気象屋として防災科研の報告書に少しだけ補足を。

気になったのが、今回の大雪をアメダスデータから過去3シーズン&平年値と比べて、3月としては突出した大雪でしたって記載。

那須みたいに太平洋側に位置するエリアでは、ドカ雪になるのは冬型より南岸低気圧による事例の方が多い。
そして、毎年それなりに安定して雪を降らせる冬型とは違い、南岸低気圧による雪はシーズンごとのムラがとても大きい。

こういったムラのある現象、特にたまにしか起きないような現象は
『「0、1、0、10、1、0」の平均は2。10は平均の5倍も凄いです!』
といった感じになってしまい、平年値と比べることにあまり意味はありません。
これに似たパターンとして、(ゼロに近い)基準の何倍の○○が!と言って煽るのも一部の方々がよく使う手です…。

確かにアメダス那須高原の降雪ランキング(1989年~)でも8位に入るほどの値だったけど、もともとムラの大きい現象だってことは知っておいてください。
最近だと2010/4/17に38cmって記録もあります。

また、アメダス那須高原の標高は約750mで、事故現場との標高差は500m以上。これだけ標高差があるとアメダスでは大雨、山の上では大雪、なんてことも十分ありえます。
今回の大雪がどのくらいの頻度で起こるかって問いはなかなか難しいとこだけど、少なくとも山で出会って大騒ぎするような物ではなかったんじゃないかなと。

雪山ユーザーとなだれ注意報

那須の雪崩事故を受けての各所の動き。今回もお決まりの臭い物にはフタをしろ的な対応。予想通りとはいえ、登山者として見る限りなんとも変な方向に動いてる物が目立ちます…。

高校生を雪山から遠ざけたら確かに高校生の雪山事故は起きないかもしれない。そのかわり、正しく雪山を理解してない不完全な大学生登山者を量産することにならないか。

今本当に必要なのは、自然から離れることなんかじゃない。自然との上手な付き合い方をどう教えていくか。そして今回はなぜうまく伝えてあげれなかったを振り返ることじゃないでしょうか…。

そしてここにも見逃せない微妙な動きがひとつ。

「なだれ注意報」が発表されるなど、雪崩が発生するおそれがある場合には、住民や関係機関に伝達し迅速に注意を呼びかけることなどを求める通知を各都道府県に29日付けで出したことが報告され、再発防止策を徹底することを確認しました。

NHKニュースより

うーん…。

こういった動きはどうしようもないと諦めるとして、とりあえず個々の雪山好きの人にだけは伝えておきたい。
気象庁が発表する「なだれ注意報」について大事な2つのことを。

まず1つ。

なだれ注意報に限らず、気象庁が発表する注意報&警報が対象とするのは『人が日常的に活動するエリア』ってのが基本。スキー場を越えた先の山岳エリアのように『限られた人が活動するエリア』は対象外です。
このあたりを含めてしまうと山のまわりなんて常に強風注意報や濃霧注意報が出しっぱなしに。一般的な生活圏が対象、と表現すべきでしょうか。
街を離れ、自然のド真ん中に立ち入る登山やバックカントリーでは自分で危険性を判断するのが大前提です。

そして2つめ。

気象庁のなだれ注意報の基準は、だいたいどこの県でも
①まとまった雪が降ったとき
②雪が残ってて溶けやすいとき
の2本柱になってます。
たとえば栃木県の基準
①24時間降雪量が30cm以上
②積雪40cm以上で最高気温6度以上
の2つ。
前者が山で特に気になる降雪直後の表層雪崩、後者が融雪期の全層雪崩を意識した基準です。

そもそも雪は正確な積雪/降雪量の把握が難しい。さらには風や地形による局地性、気温や日射による変質、長時間にわたり積雪の中に潜む弱層などなど、正確に雪崩の危険性を把握するのは現地にいても難しい作業。
正直なとこ、今の気象庁の表層雪崩に対するなだれ注意報の運用は「まとまった雪が降ったらある程度の期間出す」程度のもの。まとまった雪の直後で危ないんだな、程度の参考にはなるけど、山における個々の行動判断の根拠にはなり得ません。

極論をいえば、斜面に雪がある時点で雪崩のリスクがゼロにはならない。その中でどのくらい危ないのか、どこを通ればより安全なのか、あるいは引き返すべきなのか。そういった細かな判断が必要なのが雪山です。

また、春になると峠では融雪期のなだれ注意報が長時間出続ける中で、標高の高い山ではまだまだ雪が降る季節、という状態にも。

こうした2つの理由から、雪崩事故における定番の質問(批判)である「なだれ注意報が出てたのになんで登ったか」は全くの的外れ。
よく分かってない人がトンチンカンなこと言ってるなぁと聞き流しちゃってください。

今回の事例ではビーコンを初めとした雪山装備がなかったのも問題ではあるけど、雪崩のリスク回避を徹底した講習会であればまだ納得できる話。

「目の前に一晩で積もった大量の雪という明確なリスクがあるのに、なぜ雪崩を考慮した判断&行動がとれなかったか」ってのが一番の問題です。

まだまだ高い山では冬と春の境目な季節。
GWになったって雪が降る世界です。
油断することなく、事故のない春山シーズンを楽しみましょ。

等圧線(補助線)ノススメ

明日の関東は1日中つめた~い雨の予想。どのくらい寒いかというと予想気温はこんな感じ。

平地じゃさすがに雨が濃厚だけど、標高が1000mもあればしっかり雪になりそうな低温っぷり。
これは降り終わったら近場の山へ行きたいとこだけど、天気がちゃんと回復するのは28日になってから。今回は寒さに加えて天気の崩れが長いのが特徴です。

雨が降り出してる(はずの)26日朝の予想天気図がこちら。ありゃ?雨が降るのにずいぶん低気圧が遠いなぁ… ってのが今回の天気のツボ。

今日の衛星画像を見ると、まだ九州の南にいる低気圧とは離れた本州の南にもまとまった雲域が。今の天気図からはこの雲域の存在はちょっと読み取れないけど、確かにここには何かある。

この雲域は下層のシアー(風の境界)に対応してて、まだ地味だけどこれからの天気には非常に重要な存在。
改めて26日朝の予想天気図を見てみると、関東の近くで意味ありげな等圧線の凹みが描かれてるのがわかるかと。

天気図の等圧線は4hPaごとに実線で書くのが基本で、スケールが小さかったりまだ顕在化してないと4hPa線だけでは表現できない。
でも、今ココにあるモノを伝えたいのっ!!という天気図描きの想いが溢れると2hPa間隔の破線(補助線)が登場します。
今回みたいな〝無くてもいいように見える〟補助線は、高気圧や低気圧の中心まわりにある補助線とちょっと重みが違う。

今回は、低気圧とは離れたとこにシアーがあるんだよ。これが先に雨を降らせて、そのあとに遅れて低気圧本体が来るから雨が長引くんだよ。そんなメッセージが込められた補助線だったんだろうなと。

天気図に補助線を見つけたら、なんでその補助線を描いたのか想像すると天気図の楽しみ方を広げてくれると思います。
天気図描きには「等圧線を書くんじゃない。天気図を描くんだ。」という名言?迷言?も伝わってるとか。
ぜひその熱い想いを読みとってみてください。

春霞とは言うけれど

東京で見た今日の空はなんとも微妙な白け具合。どんな資料を見ても雲はないはずなのに、どう見ても空が白い。空というか景色が白い。

こんな時は雲以外の何かがわるわけで、カラー画像が見れるひまわり8号が大活躍。以前のひまわりは基本的に雲を見るための衛星だったけど、ひまわり8号は雲以外にもいろんな物が見えちゃいます。

ただ、見ていて気分のいいもんじゃない、って物も見えちゃうわけで…。
何かと悪いものをイメージするだけで気分が悪くなるって人はここから先は非推奨です。

一応お断りはしたところで、こちらが今日(19日)の衛星画像
北海道はくっきり見えるけど、本州以西はなんとなくぼやけた姿。その“ぼやけ”は日本海から東シナ海、そして大陸へと繋がってるわけで…。

もう十分想像はできるけど、ちょっと衛星画像をさかのぼってみます。
以下、18日から15日まで1日ごとの衛星画像です。はい、さかのぼって行くとばっちり大陸にたどり着きました…。

15日に低気圧が日本を通過したあと、今日にかけて大陸付近はずっと高気圧に覆われた状態。その高気圧が今日にかけて東へ広がってるのが天気図を眺めるとわかります。

高気圧に覆われた場所は風が弱く、もちろん雨が降ったりもしない。
そしてちょっと気象学的な話をすると、高気圧は下降流が卓越する構造。(低気圧は上昇流)
上空にある空気は塵や水蒸気がほとんど無くて澄んでるけど、その上空から降りてくる空気に押さえ込まれて地表付近の空気は上下の動きも制限されることに。

この状態は高気圧の勢力が強いとエマグラムで「沈降性の逆転層」としてハッキリ姿が見えるけど、今回はそこまでハッキリした物ではなかったんで今回は割愛。
そのうちいい事例があれば改めて紹介しようかなと。

ともあれ、高気圧に覆われたところでは空気は水平方向にも鉛直(上下)方向にも動きが鈍くなり、地上から出てくる水蒸気や人為的な塵なんかはどんどん溜め込まれることに。
そうやって作られた濁った空気の塊が流れ込んでるのがここ数日の日本だったりします。

もちろん日本が自分のとこで出した塵なんかも溜まりやすいわけだけど、衛星画像や国立環境研究所の大気汚染予測システムの結果を見ると大陸に向かって文句のひとつでも言いたくなるのは間違いありません。
環境省のそらまめ君で見れる、PM2.5の観測値もそれなりの値に。

ま、ぼくとしては流れてきた煙の名残りなんかより、その辺の山々でワサワサと流れ出る花粉の方がよっぽど切実な問題ですが…。

自分で自分の首を絞めるだけかもしれませんが、今日は飛んでるな~と思ったらはなこさん@環境省をどうぞ。

今日もちゃんと飛んでます(涙)

低気圧、できる?できない?

今日明日の天気予報でとっても頭を悩ませるのが、14日に本州のすぐ近くでできるかもしれない低気圧。
今のところ予想天気図ではぼんやりと等圧線の凹みだけ書かれてる緑枠のあたりです。

数値モデルさんは下層の暖湿気が入るし、循環もそれなりにハッキリすると主張してらっしゃる。

でもでも。上層の流れとの対応が非常によろしくない!

日本海の低気圧(青枠)とちょっと南側の低気圧(赤枠)は、上層のトラフと下層の暖湿気がバッチリ手を結んで文句なしの低気圧として採用。
さて、それじゃ緑枠をどうしてくれようか・・・。
ホントにできるの?できるとしたらどのくらいハッキリするの?
お前がどうなるかで関東の天気が全然違うんだけど!!
そんな葛藤が今日の予想天気図には込められてます。

こういった下層の暖湿気が中心としてできる低気圧(低圧部含む)は場所や発達具合の予想がなかなか難しく、天気予報が外れる元にもなる嫌なやつ。

そんなモヤモヤをかかえた14日のあと、ちょっと遅れてやってくる紫色のトラフが追いつくと低気圧はひとまとめにグリグリ発達。
メリハリのある分かりやすい気圧配置になる予想です。

こいつはこいつでどこまで本州に近づくか、どこまで北から寒気を引きずり込むかで判断が悩ましいところ。
もしかすると15日に関東で雪が降ったりするかもしれないけど、今の段階だと可能性があるかも、としか言いようがない状況。

これから数日は天気図と予報がどう変わっていくか、そしてどんな結果になるかを楽しんでください。

予報がハッキリしてくれなきゃ困る!という人には申し訳ないけど、こんなときは不確実性が大きくなるのは今の予報技術の限界としか言いようがないです・・・。

近くてホントに良い山、谷川岳

埼玉県から始発電車とバスを乗り継いでの谷川岳。先週の武尊山の苦労があったから、公共交通だけで9時にロープウェー乗り場につくありがたさが余計に身にしみる…。

さて、今日の谷川岳がとんなだったかというと「山と天気の神さま、ほんとありがとおぉぉぉ!」と山頂で叫びたくなる状況。
昨日降った雪のおかげでしっかり純白モード。
これを春の穏やかな陽気の中で見れる贅沢さに、ただただ感謝な1日でした。ほんと、冬に目の当たりにする自然の造形は凄まじいとしか言いようがないです…。

ただし、新雪に覆われてキレイになった下に潜む怪しい罠も多数。
雪庇ができるような稜線部には結構な数のクラックができてて、新雪で隠されてるもんだからハマってる人も結構いたっぽい。
ぼくは後発組だったからもう見えてたけど、先発組はかなり邪魔されたんじゃないだろか。
できるだけクラックの落ちる側は歩かないようにしたけど、仕方ないような場所は頼むから動くなよ~と祈りながらの通過でした。

それなのに!
明らかにクラックの先、雪庇先端部まで行って写真をとってる人も。
同じパーティーの仲間からそこはやめとけ、危ないからと言われても「大丈夫だって」との返事。そんな人にわざわざ声をかける気にもならず、頼むから目の前で落ちないでくれよと呟くのみ。
根拠のない「大丈夫」でリスクに突っ込む典型的な光景でした…。
雪もしまって暖かくなってどんどん気分は春だけど、危険を察知するセンサーのスイッチだけは切っちゃいかんと気持ちを引き締めるきっかけにはできたかなと。

あと、今日嬉しかったのは初めて生で動いてる雪崩を見れたこと!
谷を挟んで反対側の急傾斜の上端から崩れはじめ、大きくなりながら斜面下端の谷部まで到達。
春の全層雪崩だからあんまり早さはなかったけど、直に見れた&音を聞けたのはホントに嬉しかった。

ちょっと気になったのは、雪崩が届いた谷にはバックカントリーのトラックが複数あったってこと。
急傾斜のオープン斜面を滑り終えてベースに戻る消化試合みたいな箇所だけど、日差しをもろに浴びる南面はまだいくらでも崩れそうなとこはあったから上方斜面からの雪崩には本当にご注意を…。

たぶん、ちゃんと雪山な山に登るのは今シーズンはこれでおしまい。
冬に感謝しつつ、春モードに切り替えていこうと思います。

さらば冬よ。また来年よろしく!

巨大アイスモンスター、武尊山

前回でアクセスについて書いた武尊山。
今度はメインの山の話です。

ルートは山麓の川場スキー場のリフトを降りたら基本的に稜線に沿った素直なコース。
一部雪庇が発達してたり、急傾斜・痩せ尾根・ちょっとした岩場があったりはするけど歩く技術としてはそんなに難しくはない。

ただし、上部は森林限界に届く雪山の世界。
ガスると見事に周囲が分からなくなるから初心者さんが視界の悪いときに単独で歩くのはちょっとオススメできないとこです。少なくとも地形が読める&コンパスを頼りに歩くってことができなきゃ怖くてて歩けたもんじゃないかと。

今回はまさにそんな感じ。
週末で荒天ってほどは悪くないから登山者はいっぱい。
でもちょっと離れると周りは真っ白。

平日で周りにほとんどいなかったら最後までいったはちょっと微妙だったかなと。これ以上荒れない予想だってのはそれなりに自信があっても、やっぱ怖いもんは怖いです。
まあこの緊張感も雪山のいいとこなんだけど。

中には展望は無理なら山頂はいいやと割り切って、途中でツェルトを張って雪遊びモードに切り替えてた方も。
そんな柔軟な遊び心も大切だよな~と再確認するコンディションでした。

ガスガスの山頂にはあっさりと別れを告げて降りてくると、下界側の天気はすっかり回復。せっかくなんでスノーシューでふらふらと散策タイム。好きなとこを好きなように歩けること、そして周りの景色ひとつひとつが本当に美しいのは雪山ならではの楽しみですな。

さて、武尊山の見所といえばリフト降りてすぐの剣ヶ峰や山頂からの展望だけど、ぼくとしては樹氷(エビのしっぽ)の発達っぷりも推しておきたいところ。
山頂近くの木々はこんな感じでなかなかの伸びっぷり。

そして山頂周りは山そのものが巨大なアイスモンスターと化してる…のが背景真っ白な今回の写真じゃよくわかんないんで、2011年に登った時の写真もあわせて。

どうしてのっぺらしたとした普通の雪山ではなく、全身ハリネズミみたいな姿になるのか。
これには武尊山の風上側に壁のように並ぶ三国山脈の山々がとっても重要。

日本海でたっぷり水蒸気を補給した北西の季節風がぶち当たり、強制的に上昇気流となって雪雲が発達。谷川岳を代表とする三国山脈の山々に大量の雪を降らせるのはご存知の通り。
そして風下側に位置する武尊山には一度雪を降らせて水蒸気の大部分を失った季節風が届くことになる。

武尊山も標高2158mとそこそこ高く、2000m級の三国山脈よりもさらに高いくらい。
武尊山にぶち当たった季節風は再び上昇気流となるけど、しっかり雪を降らせるほどの水蒸気はもうない。
こんな時どうなるかというと、絞り出された水蒸気は雪未満のごくごく小さな水滴になり、雲として姿を見せるのみ。
しかもごく小さい水滴とういのは氷点下でもなかなか氷にならず、氷点下よりも冷たい水の粒、過冷却水滴として存在してます。

こいつが風に乗って何かにぶつかると、その途端に細かい氷の粒となって相手にくっつくことに。
何かの風上側にどんどんぶつかってくっついて、を繰り返すことでエビのしっぽは風上側に伸びていく。
そして武尊山の山頂だとすでに森林限界を超えてるので、ぶつかる相手は地面のみ。
こうやって山そのものが巨大なアイスモンスターになったのが冬の武尊山ってわけです。

樹氷やアイスモンスターの本家:蔵王も、先に新潟~山形県境にある朝日山系でほどよく水蒸気を落としてるからこそ生まれた景色。
蔵王のアイスモンスターも空と一体化してるときにしか行ったことがないんでまたリベンジしたいです…。