20160326武尊山

ほとんど雪山で遊べなかった今シーズン。
このままでは終われない!ってことで冬納めに行ってきました。
冬山としては5年ぶりに登る武尊山(ほたかやま)2158m。
春スキーで賑わう川場スキー場のリフトを使ってのアクセスです。
map_hotaka

暖冬&3月末ってことで雪の量自体は少なかったけど、3/24~25の寒気で10~20cmくらいは積もってたおかげで景色はバッチリ!
青空と白銀の織りなす絶景を存分に味わうステキな山歩きでした♪
20160326hotaka-2
20160326hotaka-3

この日は、日本海側は冬型の名残り、本州の南側は低気圧の雲が広がってたけど関東北部は狙い通り晴天域。
条件がいい日を狙ったかいがあるってもんです。
vis_20160326-1200
spas_20160326-12

移動性高気圧に覆われて好天&弱風のなか登れるのは春ならでは。
ただし、融解&凍結によるザラメ化やクラスト化した旧雪と、寒気の戻りで降る新雪の間で差が雪質の差が大きいのもこの季節の特徴。
新&旧雪の結合が露骨に悪かった上越エリアのシャルマン火打スキー場ではこんな状態に…。

武尊山の南西にあるピーク、剣が峰山の東斜面でも小さな雪崩が。
スキー場内の登山届記入コーナーには「雪崩の危険があるため巻き道禁止」と注意事項があるんで、雪がもう少し減るまで待ったほうがいいかと。
20160326hotaka-4

また、雪庇のある稜線にはクラック多数。
性質の悪いことに新雪で覆われてたせいでパッと見わからないけど踏み抜いた跡がいっぱいこと。
実際、ぼくの目の前でもひとり見事にハマってました…。
20160326hotaka-1

片足がハマるくらいなら笑い話で済むけど、完全に落ちたり崩壊したもんなら命に関わる話。
厳冬期よりはつい気がゆるみがちな春の雪山。
足元には十分ご注意を。

日食で感じる宇宙

ひまわり8号で見た今日の日食。
宇宙に浮かぶ地球を実感する素敵な映像です。


ひまわり8号リアルタイムWebより

コイツを見てて気になったのが月の影が斜めに地球を横切ってること。
でも、ちょっと視点を広げてみれば・・・
 ・太陽系の”水平”は太陽の赤道面
 ・地球の公転面はほぼ”水平”
 ・月の公転面は少しだけ(約5度)傾いてる
 ・地球の自転軸は結構(約23.4度)傾いてる
ってな感じで、しっかり傾いてるのは地球だけ。
sun-earth-moon

ちっと頭がこんがらがりそうだけど、画面を少し右に傾けるか、頭を左に傾けて月の影が真横に通るようにして動画を見ると宇宙から眺める地球に近くなるってことですな(・∀・)