台風の進路は風まかせ

南の海をふらふらと北上する台風15号。
このまま素直にまっすぐ北上してくれればいいのに、このあとグイッと西に曲がって本州に近づきながら北上する予想。どこまで日本に近づくか、どのくらい影響が出るのかちょっと気になる位置関係です。台風情報@気象庁から72時間予報と5日予報

台風このやろう!と言いたくなるけど、台風はきっと「おれに言われても…」なんて思ってるはず。
人からすれば凄まじく大きくて激しい自然現象である台風だけど、地球全体を見渡して考えると“小さな渦”。台風よりずっと大きなスケールの高気圧に東から邪魔されて、仕方なく西に向かおうとしてるってのが今の状況です。
この高気圧がどのくらい張り出して、どのくらい台風が大回りさせられるかが今回の台風進路の最大のポイント。ここを越えないことにはなかなか台風予報の“幅”が狭まってきません。

そして高気圧を回って北上した後は、いつ偏西風の影響を受けるかが次のポイント。
今回は日本の近くに北上した頃に西から大きなトラフ(気圧の谷)が近づく予想。このトラフも台風に比べるとずっと大きな存在なので、台風はついつい引き寄せられることに。

どんなタイミングで北上して、どのくらいトラフの影響で西に寄るか。
その予想は世界各国の数値予報でもまだバラツキの大きい状態。
北&東日本は今週末にかけて天気予報が変わりやすい状況が続くので最新の情報に注意してください。

雨や風に注意するのはもちろんだけど、今の予想だと31日~1日あたりは台風がグイグイと北の冷たい空気を引き込んでかなり気温も下がりそう。何も考えずに半袖で出かけると寒い思いをすることになるかもしれません…。
関東の東にある前線がヒンヤリと大雨の境界線。今後の予想天気図&気温予想にもご注目を。

そろそろ山行きたいのに台風やだなーとは思いつつ、天気図もメリハリが出てきてだいぶ秋っぽさがでてきた感じ。移動性高気圧を掴んでスカッとした秋空を満喫したい。そんな視点で天気図を見るのが楽しい季節になってきました。

涼しすぎるけど冷夏じゃない、かも?

結構暑かった7月から一転、グダグダな天気が続いてる8月の北~東日本。さすがに大きな影響出るんじゃないかってことで、気象庁から報道発表資料が出てきました。
平成29年(2017年)8月前半の北・東日本太平洋側の不順な天候及び沖縄・奄美の高温について@気象庁

いまどんな状況かは、この図がすべて。北海道から東北地方の太平洋側~関東にかけて、低温と日照の少なさが顕著です。ほんと、関東暮らしな自分も今月になってからまともに太陽を拝んでないような気が…。
夏の主役であるべき太平洋高気圧がサボってるのと、冷たい海に居座るオホーツク海高気圧から送り込まれるひんやり&しっとりな北東風が原因という解説も素直に納得できるかと。いわゆる“やませ”です。(関東地方だけで見るときは“北東気流”と表現することが多い)

でも、関東に住んでる人が「あれ?」と思いそうな資料も混じってたりします。
それはこちらのエリアごとの平均気温差。
これだけスッキリしない天気が続いといて、東日本の太平洋側では平年に比べてたった0.2℃低いだけ。
そんなバカな、もっと低いはずだ!なんて感じても不思議じゃありません。

これにはちょっと理由があって、気象庁が定義する「東日本の太平洋側」は「関東+甲信地方」ということ、そして“やませ”の特徴を知る必要があります。

“やませ”として北~北東から流れてくる冷たい空気は地上から1~2km程度の厚みしかなく、高い山は越えることができません。大きな影響が出るのは冷気がせき止められる北海道~本州の東側が中心で、特に日照時間の分布を見るとこのことがよく分かります。

ちょうど今日もそんな感じで、12時の衛星画像日照時間気温の分布がこちら。
東北地方の太平洋側から関東平野はペタッとした雲に覆われてくもり&気温低め。でも山を越えた先になる長野~山梨エリアは結構雲の隙間から日照があるし気温も高めになってます。
グズグズな関東から北アルプスに行ったら思った以上に天気が良くて幸せ~!!な人も結構いたんじゃないかなと。

「東日本の太平洋側」は「気温の低い関東」と「気温が高めの甲信」全体の平均。
このため関東の人は「もっと低いだろ~」と感じることに。逆に甲信の人は「そんなに低くないけど?」と思ってたりして。

ちなみに、気象庁が“冷夏”を判断するのは夏と定義してる6~8月全体の平均気温がどうだったか。
7月はかなり気温が高かったので冷夏と判断されるかはちょっと微妙なところ。
これだけ8月が涼しかったあとに「(平均すれば)平年並みの夏でした」と発表しようものなら問い合わせが殺到するのは目に見えてるので、担当部署の人はちょっとやりにくい思いをしてるかもしれません…。前3か月間の気温経過@気象庁より

そして、この先どうなるかもとっても気になるところ。今日発表の1ヶ月予報では、来週以降は気温が持ち直して夏の名残りくらいは楽しめるという予想。
そうなることを信じて夏らしい遊びができるのを待ちましょう!

台風予報の別れ道 ~台風は山が嫌い~

南の海でずいぶんとのんびり過ごして長い一生を満喫してる台風第5号。さんざん迷走したあげく、ここにきてまた予報官の頭を悩ませる事態に突入中。

14時発表の台風位置と進路予想がコチラ。四国を掠めながら間もなく紀伊半島に上陸。そのあと本州ド真ん中を突っ切って北東に進む(ように見える)予想。

そして、こちらが明日朝の予想天気図。よ~~く見ると、本州ド真ん中よりほんの少しだけ北よりに見えないこともない。

え?見えない?
じっと見てるとそんな風に見えてくる、はず。
いや、やっぱりこないかも…。

そんな見える見えないは置いといて、今回の台風予報と予想天気図に籠められた想いを知るには2つのポイントを押さえる必要があります。

まず、台風の予報円について。
気象庁の台風情報を見ると、すぐ下に書いてある大事なこと。

『台風の中心は必ずしも予報円の中心を結ぶ線に沿って進むわけではありません。台風の中心が予報円に入る確率は70%です。』

台風の予報円はあくまでも確率70%をカバーする領域であって、必ずしも中心を通る可能性が高いわけじゃないです。
台風の進路が変わりそうなタイミングで「あっち?それともこっち?」な状況になってどっちも可能性がある場合、台風の予報円はどっちの進路もカバーするように大きくなる。そして、実際に進む可能性が高いのは予報円の中心ではなく、予報円の両端どっちかという状態になることも。

そして2つめのポイント、台風の“性格”の問題。

台風は大きくてエネルギーあふれる現象だけど、その厚み(高さ)はあくまでも対流圏の中に収まる10数km。
そんな“薄っぺら”な現象である台風にとって、本州の真ん中にそびえる2~3000m級の中部山岳エリアは結構邪魔な存在。台風の厚みを人の身長だとすると、中部山岳エリアは膝の高さくらいの障害物。
勢いよく進めば乗り越えれなくもないけど、ふらふら歩くには自然と避けてしまう、そんな存在です。

台風が本州の中部山岳にぶち当たりそう。
このまま乗り越えるかなぁ。日本海側か太平洋側に避けるように進む可能性も結構高いはず。
どう進むかはホントに難しいけど…可能性が高いのは北側だ!!

といった予報官の葛藤と決断が今日の台風予報と予想天気図には籠められてます。

この結果が分かるにはもう少しだけ時間がかかりそう。

もし仮に今後台風の予想進路が南寄りになれば天気や各種防災情報の中身が大きく変わる可能性もあるんで、これから明日にかけては特に最新の情報にご注意ください。