台風の進路は風まかせ

南の海をふらふらと北上する台風15号。
このまま素直にまっすぐ北上してくれればいいのに、このあとグイッと西に曲がって本州に近づきながら北上する予想。どこまで日本に近づくか、どのくらい影響が出るのかちょっと気になる位置関係です。台風情報@気象庁から72時間予報と5日予報

台風このやろう!と言いたくなるけど、台風はきっと「おれに言われても…」なんて思ってるはず。
人からすれば凄まじく大きくて激しい自然現象である台風だけど、地球全体を見渡して考えると“小さな渦”。台風よりずっと大きなスケールの高気圧に東から邪魔されて、仕方なく西に向かおうとしてるってのが今の状況です。
この高気圧がどのくらい張り出して、どのくらい台風が大回りさせられるかが今回の台風進路の最大のポイント。ここを越えないことにはなかなか台風予報の“幅”が狭まってきません。

そして高気圧を回って北上した後は、いつ偏西風の影響を受けるかが次のポイント。
今回は日本の近くに北上した頃に西から大きなトラフ(気圧の谷)が近づく予想。このトラフも台風に比べるとずっと大きな存在なので、台風はついつい引き寄せられることに。

どんなタイミングで北上して、どのくらいトラフの影響で西に寄るか。
その予想は世界各国の数値予報でもまだバラツキの大きい状態。
北&東日本は今週末にかけて天気予報が変わりやすい状況が続くので最新の情報に注意してください。

雨や風に注意するのはもちろんだけど、今の予想だと31日~1日あたりは台風がグイグイと北の冷たい空気を引き込んでかなり気温も下がりそう。何も考えずに半袖で出かけると寒い思いをすることになるかもしれません…。
関東の東にある前線がヒンヤリと大雨の境界線。今後の予想天気図&気温予想にもご注目を。

そろそろ山行きたいのに台風やだなーとは思いつつ、天気図もメリハリが出てきてだいぶ秋っぽさがでてきた感じ。移動性高気圧を掴んでスカッとした秋空を満喫したい。そんな視点で天気図を見るのが楽しい季節になってきました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です