南極の夏の終わり

南極の夏の風物詩といえば、何といっても1日中太陽が沈まない“白夜”。

12月中旬、南極に向かって南下するしらせで白夜が始まり、それからず~っと太陽が沈まない時間を過ごしてきました。
最初は夜中でも真っ青な空に違和感を感じたけど、いつの間にやらすっかり慣れてた昭和基地暮らし。
何時までだって働けるぜ!的なノリで走り続けたこの1ヶ月。

でも最近、ちょっと息切れしてきた体で見上げる空が、夜中になると夕方っぽい雰囲気が濃くなってきた。

そしてついに。1月21日の未明、0時過ぎ。

地を這う太陽からの…

久しぶりの日没

そして約30分後、今さら感あふれる2019年の初日の出

遠くに見える山影からチラッと覗いた初日の出。
キレイではあったけど、丘の上で風に吹かれて寒かったもんだから拝んで早々に撤収しちゃいました。

あっという間に1月も残りわずかになり、2月1日には昭和基地の主役が59次越冬隊から60次越冬隊へと引き継がれる越冬交代式。
同時に60次隊の夏隊の作業の多くも締めに入り、しらせも離岸。
賑やかで慌ただしい昭和基地の夏が終わり、越冬隊だけで過ごす冬が始まることに。

だんだん融けてきた海も、そのうちまた凍りはじめるはず。
夜中の景色に夏の終わりを感じる1月下旬です。