寒空に捧げる反省文~2018/2/22&23~

ひんやり、しっとりだった昨日(22日)と今日(23日)の関東。
特に昨日はキャッチボールの準備してたら砲丸が飛んできたくらいの不意打ちっぷりだったんで、簡単に振り返り&反省の弁を…。

こちら、21日に作成された22日朝の予想天気図高気圧が張り出して関東はそこそこの天気に…と言いたくなるけど、北に偏って張り出す高気圧には要注意。
高気圧の縁辺を回り込む湿った北東~東風が入りやすくなり、数値モデルも表現しきらない思わぬ曇天を引き起こすかも、と警戒するのが予報担当の役目。

今回は関東から東に伸びるに赤線で書いた気圧の谷(下層シアー)も予想され、これはまず晴れないパターンだろう。
晴れるどころか弱いシトシト雨がしつこいはず。
そんな簡単にはだまされんぜ!

…と読み切った気分になってたのが21日のぼく。

そして22日の朝。

シトシトどころか普通に降ってる!?
そして予想以上に寒いっ!!

何事かと確認した衛星画像@ひまわりリアルタイム
そこで目にしたのは関東の沖合いで怪しげにまわる雲の塊…。

天気図的には前日の予想がほぼバッチリ。
ただし、関東沖の下層シアーには弱いながら小さな低気圧もどき(メソ擾乱)が顕在化。
こいつが予想以上にせっせと湿った東風を関東に送り込み続け、その結果しっかり雨&やたら寒い1日を作り出してくれました…。

沖合の雲域がやんわり渦を巻く様子はひまわりリアルタイムの動画で見るとわかりやすいです。

そして今日も午前中はしつこく北~東からの湿った風が残り、なかなか晴れないパターン。
2日続けて読み間違えてたまるかと気を付けて予想したけど、それでも天気の回復は遅れ気味。
しかも気象台によっては「今日こそはさっさと晴れるはずっ!」という想いを込めた予報を出して再び撃沈。
2日連続でハズレ感の強い結果になってしまいました…。

嫌がらせのように張り付く関東の下層雲。

あれ?こんな予報だっけ?と思ったときは衛星画像ウィンドプロファイラ@水戸で鉛直シアー(上層と下層の風のズレ)をチェック。
あ、この境目にやられたんだな、と頭を抱える予報官の姿を想像しながら空を眺めてやってください…

防寒テムレスのススメ

家庭用・産業用手袋のメーカーであるSHOWAが製造してる防寒テムレス
ぱっと見ただのゴム手だけど、なんと透湿性も兼ね備えた防水手袋。
雪山で遊ぶのにもピッタリとの噂を聞いて試しにスキー場に持ってきました。

わかってたけど見た目は無骨なゴム手そのもの。
見事な青々しさでウェアの色との相性を考える必要ありw

そして肝心の使い心地は…確かに暖かい。そして蒸れない!!

冬用グローブとしては比較的、というよりかなり薄手。
それでも中のボアと濡れ知らずな表面コーティングのおかげで全然冷たくない。
マイナス5℃よりちょいと低め(たぶん)なゲレンデトップで長居しても、ゲレンデ下部のキッズパークで雪を触りまくって遊んでも快適そのもの。
インナーグローブ併用すればかなり寒いとこまでいけそう。

そして薄手なおかげで手作業の効率がめっちゃいい!!
チビすけのスキーの脱着やカメラ操作も普段の冬用グローブに比べてかなり楽。

弱点といえば、ただ広がってる袖口は絞りたい気もするから適当に工作する必要あり。

もし失敗したとしてもやり直せばいいさ。
だって…

2000円でたっぷりおつりがくるお値段だもの!!

まだ1回使っただけで耐久性は未知数だけど、元々作業用の手袋なんだからそこはまず問題ないはず。
少なくとも今の時点でぼくの予備グローブの座はコイツに決まりました。

ググれば他の人の使用レポートもたくさん見つかるけど、公式サイトでも白馬エリアのツアーガイド、BLUECLIFFの滝本倫生さんが防寒テムレスの宣伝してらっしゃったw
国際山岳ガイドに聞くバックカントリースキーの面白さ@SHOWA

BLUECLIFFはぼくが冬山に初めて踏み入ったときにお世話になったガイドさん。
もう10年以上経ったという事実がちと怖い…。
秋&春の立山、また行きたいなぁ。

こんな感じでプロのガイドも御用達な防寒テムレス。
一度試してみてはいかがでしょ。

ただ、非雪国じゃ防寒テムレスの扱いは少ないみたい。
わが埼玉のでっかいホームセンターでも置いてなかったし。
そんな時は近くで普通のテムレスを試着してサイズ感を確かめてから防寒テムレスをぽちっと購入するのがオススメかと。
防寒テムレスだけでも十分暖かい気がするけど、中にインナーグローブ付けるなら一回り大きなサイズを選ぶのもお忘れなく。
ぼくはLでぴったり、LLでインナーグローブ付けてちょうどいいくらいでした。