寒空に捧げる反省文~2018/2/22&23~

ひんやり、しっとりだった昨日(22日)と今日(23日)の関東。
特に昨日はキャッチボールの準備してたら砲丸が飛んできたくらいの不意打ちっぷりだったんで、簡単に振り返り&反省の弁を…。

こちら、21日に作成された22日朝の予想天気図高気圧が張り出して関東はそこそこの天気に…と言いたくなるけど、北に偏って張り出す高気圧には要注意。
高気圧の縁辺を回り込む湿った北東~東風が入りやすくなり、数値モデルも表現しきらない思わぬ曇天を引き起こすかも、と警戒するのが予報担当の役目。

今回は関東から東に伸びるに赤線で書いた気圧の谷(下層シアー)も予想され、これはまず晴れないパターンだろう。
晴れるどころか弱いシトシト雨がしつこいはず。
そんな簡単にはだまされんぜ!

…と読み切った気分になってたのが21日のぼく。

そして22日の朝。

シトシトどころか普通に降ってる!?
そして予想以上に寒いっ!!

何事かと確認した衛星画像@ひまわりリアルタイム
そこで目にしたのは関東の沖合いで怪しげにまわる雲の塊…。

天気図的には前日の予想がほぼバッチリ。
ただし、関東沖の下層シアーには弱いながら小さな低気圧もどき(メソ擾乱)が顕在化。
こいつが予想以上にせっせと湿った東風を関東に送り込み続け、その結果しっかり雨&やたら寒い1日を作り出してくれました…。

沖合の雲域がやんわり渦を巻く様子はひまわりリアルタイムの動画で見るとわかりやすいです。

そして今日も午前中はしつこく北~東からの湿った風が残り、なかなか晴れないパターン。
2日続けて読み間違えてたまるかと気を付けて予想したけど、それでも天気の回復は遅れ気味。
しかも気象台によっては「今日こそはさっさと晴れるはずっ!」という想いを込めた予報を出して再び撃沈。
2日連続でハズレ感の強い結果になってしまいました…。

嫌がらせのように張り付く関東の下層雲。

あれ?こんな予報だっけ?と思ったときは衛星画像ウィンドプロファイラ@水戸で鉛直シアー(上層と下層の風のズレ)をチェック。
あ、この境目にやられたんだな、と頭を抱える予報官の姿を想像しながら空を眺めてやってください…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です