防寒テムレスのススメ

家庭用・産業用手袋のメーカーであるSHOWAが製造してる防寒テムレス
ぱっと見ただのゴム手だけど、なんと透湿性も兼ね備えた防水手袋。
雪山で遊ぶのにもピッタリとの噂を聞いて試しにスキー場に持ってきました。

わかってたけど見た目は無骨なゴム手そのもの。
見事な青々しさでウェアの色との相性を考える必要ありw

そして肝心の使い心地は…確かに暖かい。そして蒸れない!!

冬用グローブとしては比較的、というよりかなり薄手。
それでも中のボアと濡れ知らずな表面コーティングのおかげで全然冷たくない。
マイナス5℃よりちょいと低め(たぶん)なゲレンデトップで長居しても、ゲレンデ下部のキッズパークで雪を触りまくって遊んでも快適そのもの。
インナーグローブ併用すればかなり寒いとこまでいけそう。

そして薄手なおかげで手作業の効率がめっちゃいい!!
チビすけのスキーの脱着やカメラ操作も普段の冬用グローブに比べてかなり楽。

弱点といえば、ただ広がってる袖口は絞りたい気もするから適当に工作する必要あり。

もし失敗したとしてもやり直せばいいさ。
だって…

2000円でたっぷりおつりがくるお値段だもの!!

まだ1回使っただけで耐久性は未知数だけど、元々作業用の手袋なんだからそこはまず問題ないはず。
少なくとも今の時点でぼくの予備グローブの座はコイツに決まりました。

ググれば他の人の使用レポートもたくさん見つかるけど、公式サイトでも白馬エリアのツアーガイド、BLUECLIFFの滝本倫生さんが防寒テムレスの宣伝してらっしゃったw
国際山岳ガイドに聞くバックカントリースキーの面白さ@SHOWA

BLUECLIFFはぼくが冬山に初めて踏み入ったときにお世話になったガイドさん。
もう10年以上経ったという事実がちと怖い…。
秋&春の立山、また行きたいなぁ。

こんな感じでプロのガイドも御用達な防寒テムレス。
一度試してみてはいかがでしょ。

ただ、非雪国じゃ防寒テムレスの扱いは少ないみたい。
わが埼玉のでっかいホームセンターでも置いてなかったし。
そんな時は近くで普通のテムレスを試着してサイズ感を確かめてから防寒テムレスをぽちっと購入するのがオススメかと。
防寒テムレスだけでも十分暖かい気がするけど、中にインナーグローブ付けるなら一回り大きなサイズを選ぶのもお忘れなく。
ぼくはLでぴったり、LLでインナーグローブ付けてちょうどいいくらいでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です