台風の名前、ちょっと変わります

台風が生まれるとその年の第●号と呼ぶのが一般的だけど、そのほか名前がつけられてるってのを知ってる人もそれなりにいると思います。

どうやって付けてるかというと、台風に縁のある国々による台風委員会という組織で名前リストを作成。台風ができるたびに順番に付けるって方式。この台風の名前リスト、大きな災害になった台風などは欠番的な扱いになり、名前リストから削除&同じ名前の台風にならないようにしてたりします。
詳しくは台風の番号の付け方と命名の方法@気象庁をどうぞ。

そして今年もまた台風の名前の見直しがあり、どんな変更になるかという資料が配信資料に関する技術情報@気象庁に掲載されました。

変更になる名前はこちら。

日本からリストに挙げた名前では「コップ」が消えて「コグマ」が登場。

台風:コグマ

なんかイマイチ警戒する気にならないような響き。
いやいや、小熊を見たら近くに親熊がいると思え、が山の鉄則。
そう思えば名前がかわいいからと侮る無かれ?

そもそも、日本がリストに載せてる名前は星座由来で今回のコグマ以外にもヤギやウサギ、トカゲなど台風っぽくない名前も多くあります。
台風の名前として登録するには他の国の変な意味の言葉と似てないことや他の国が嫌悪感を持たない言葉である等、色々と考慮する必要あり。
いかにも日本っぽい名前は戦時の艦艇や航空機であらかた使っちゃってるのでまず使えず、無難なネタとして星座が選ばれたって話だとか。

去年(2016年)の最後の台風、第26号は「ノックテン」だったんで今年の第1号は「ムイファー」から始まることに。
なかなか生まれない2017年度の台風第1号。
出来たときは名前にもちょっと注目してみてください。
台風コグマは少し前に使ったコップの後釜なので、実際に登場するのはまだしばらく先のことになりそうです。

南の海にはちょっとまとまった雲域があるけど、まだ発達する素振りは見えず。どうなるかなぁ。

台風に関する過去データは台風の統計資料@気象庁デジタル台風でどうぞ。

今年の台風はややのんびり。
でも、2016年もやっとできたと思ったら怒涛の追い上げで結果を見れば平年に近い結果、そんな年でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です