寒気のバトン

11月なのに関東で雪?積雪!?な内容な地方情報が発表されました。
雪に関する関東甲信地方気象情報

雪になるからには当然寒くないとダメなわけで、東京で記録的な低い気温が予想されるのにもわけがある。picsart_11-22-09-54-37

その理由はすでに今日の天気図に。
ただいま、大陸には絶賛寒気溜め込み期間。
この寒気が明日北海道に襲いかかる予想です。
暴風雪と大雪に関する北海道地方気象情報
picsart_11-22-09-06-12picsart_11-22-09-09-52

北海道を襲った寒気は東北あたりまで南下して、しばし休憩。
24日に関東の南にできる低気圧がさらに引き込んで関東で記録的な寒さに。
そんな南北2段構えな構造になってたりします。
picsart_11-22-09-13-30picsart_11-22-09-16-55

北からガッツリ寒気が落ちてくるよ!といった大きな環境場はそれなりに信頼度が高く、その先問題になってくるのが実際に関東の気温がどうなるか、そしてどれだけ降水(雨も雪も含む)があるか。
今回は24日に関東の南にできる低気圧の予想がちょっと不確実性があり、どこまで降るかなぁと頭を悩ませてるのが今の段階です。

関東の雪は
気温2℃→ただの雨
気温1℃→みぞれ混じり、積もるかも?
気温0℃→完全に雪&積もってエラいこっちゃ!
と判断が難しすぎる現象。

正直なとこ、予報がピタリと当たれば担当者はガッツポーズ!なくらいの難易度です。

ちなみに、ホントに東京で降ったり積もったりすればウン十年ぶりの記録的な現象。

明日になればさらに細かい予報や情報が出てくるはず。
歴史的な雪を拝めるかを楽しむくらいの心構えでお待ちください。


「寒気のバトン」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です