火山とのつきあい方

2014/9/27の御嶽山噴火から1年の昨日、日本火山学会がパンフレット「安全に火山を楽しむために」を発行しました。
パンフレット「安全に火山を楽しむために」の発行@日本火山学会

火山、噴火、予知についてシンプルにまとまったいいパンフレットだと思う。
何よりいいなと思ったのが以下のフレーズ。

『活火山への登山は火山のダイナミックな営みを感じることができる素晴らしい体験です。
こうした火山とうまくつきあうため登山の準備を整えましょう。』

危険性を含む、かけがえのない素敵な体験ってのが登山。
遊びを通して自然とつき合うことでその危険性を知る準備ができるんじゃないだろか。(もちろん遊ぶだけじゃダメで、その先に繋げるべきって意味で)

たしかモンベル創業者の辰野さんだったと思うけど、「日本人はこんなに川に囲まれて暮らしてるのに遊び方を全く知らない」ってコメントを見たことがある。
自然に対して「危ないから触るな、近づくな」から育つ無関心こそが一番危ないような…。

そんなことを日々感じつつ、自然の素晴らしさ・遊び方とその危険性について広めるような活動が少しでもできないかと思って始めたのがこのブログ。
…なのに、サボリまくりな今日この頃。
何にしても継続する難しさってのを思い知る今日この頃です(^^;)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です