カテゴリー別アーカイブ: お天気講座

天気と気象について色々知りたい人にお届けするコーナー。

落書きノススメ(850hPa相当温位の予想図編)

12月末だというのに南からゴッソリ暖気を運んで季節はずれの暖かさをもたらす今回の低気圧。
全国的に悪天だけど、ぼくとしては北海道の大雪が気になるところ。
雨なら流れておしまいだけど、北海道じゃギリギリ雪になるくらいの気温になりそうで、もっさもっさ積もる予感。

どんな予想でどんな影響がってところは全般気象情報地方気象情報が出てるし、テレビの天気予報でも結構とりあげられてるので細かいことは今回ナシで。
そのかわり、とある高層天気図(の予想図)を使って低気圧をもっと楽しもうって話です。

今回使うのは高層天気図のひとつ「FXJP854」。
850hPa高度面(だいたい上空1500m)における相当温位の予想を、12時間ごとに48時間後まで表す予想天気図です。
※相当温位:気温と湿り気をあらわす指数、暖かくて湿ってるほど値が大きい

これは数値予報天気図@気象庁でも見れるけど、専門天気図@HBC地球気@日本気象株式会社Sunny Spotの方が使い勝手いいです。

そして、2016/12/21夜のFXJP854がこれ。
左上が12/22朝、右上が12/22夜、左下が12/23朝、右下が12/23夜の予想図です。fxjp854_20161221-12

昔からある無線FAX仕様の資料なので全て白黒。
古めかしい感じもするけど、天気予報に関わる者にとっては基本の資料となるのは今でも変わらず。
気象予報士試験でもおなじみの資料です。

でも、これを眺めるだけじゃさすがに味気ないので色鉛筆を用意して落書きしちゃいましょう。

FXJP854の相当温位は3K(ケルビン)ごとに細い線、15Kごとに太い線で書かれてるので、
とりあえず太い線に狙いをつけて4つある図の全てで同じ値の線を同じ色で塗ってみます。(今回は330Kを赤、315Kを黄、300Kを水色に)
fxjp01-1fxjp02-1

こうすると、12/22夜にかけて南から暖かく湿った空気がググッと北上した後、12/23には一気に北から冷たく乾いた空気に入れ替わる姿が見えてくる。

さらに、とっても役立つ参考資料を追加。
それは気象庁が民間気象事業者に対して「気象庁はこんな理由でこんな天気図にして、こんなことに注目して欲しいんです」を示している“短期予報解説資料”。
この資料も地球気@日本気象株式会社Sunny Spotで見る事ができて、その中でも注目するのは12時間ごとの低気圧や前線の動きを説明した“主要じょう乱解説図”。
予想天気図と合わせて眺めると、どの低気圧がどう動いて変わっていくのかがとってもわかりやすくなります。
※あくまでも「気象庁は今こんなストーリーで考えてますよ」の資料であって、これが「正解」というわけではないです

jorankaisetsuzu

主要じょう乱解説図でここに低気圧や前線があるのか~、を確認したらFXJP854に戻って低気圧や前線も落書きしちゃいましょう。
(今回は低気圧の中心をピンク印、前線を緑線)

fxjp01-2fxjp02-2

さらにさらに。
風の向きと強さを表す矢羽にそって、空気の流れをエイヤと記入。
「この空気はこっちから流れてきてるのか~」を妄想しながらハッキリいって適当です。
あえてポイントを挙げるなら、風が強いところと、南北への風の流れ(暖気移流と寒気移流)は積極的に書くくらい。(青矢印)
fxjp01-3fxjp02-3

ここまで落書きが進むと、このFXJP854という1枚の資料に天気のストーリーが詰め込まれた感じが出てくるかなと。
高層天気図(予想)にも色々あるけど、48時間後までのストーリーが1枚に収まってるのでぼくはFXJP854が結構好きだったりします。

ここで改めて、地上天気図(実況&予想)を確認。
落書きを通して、天気図に描かれたストーリーが少しでも感じやすくなってれば嬉しいなと。
紙1枚で済む作業なので、メリハリのある天気の時にはよかったら試してみてください。

spas_20161221-21fsas24_20161222-21fsas48_20161223-21

オホーツク海高気圧と山の天気

今日の天気図の見所は台風…ではなく、オホーツク海に中心をもつ高気圧。
三陸から関東に向って高気圧の足が南にのびてます。
“オホーツク海高気圧”は春から夏にかけて現れる、その名の通りオホーツク海に中心を持つ高気圧で、特徴はひんやり&しっとり。
オホーツク海高気圧が張り出す領域は低くてペッタリした雲に覆われ、気温も上がらず、時にはシトシト雨も。
こんな天気をもたらすオホーツク海高気圧からの北~東よりの風を、東北地方では「やませ」、関東では北東気流なんて呼んだりします。

そしてもうひとつ大きな特徴が、背が低い(厚みが薄い)ということ。
関東に流れ込んでくるときのヒンヤリした空気の厚みはせいぜい2kmくらい。
関東平野の西側の山を越えることはできず、関東はヒンヤリ曇り空、長野や山梨はアツアツ好天と対照的な天気になります。
今日も見事にそんな感じ。
ame-tem_20160705-1200ame-sun_20160705-1200vis_20160705-1200日本海にある前線の雲が混じって分かりにくいけど、赤線で囲ったくらいがオホーツク海高気圧による下層雲

登山にとってこの厚さ2kmというのはなんとも微妙な数字で、関東平野周りの山の標高を見ると、武尊山2158m、谷川岳1977m、赤城山1828m、榛名山1449m、甲武信ヶ岳2475m、丹沢山1567m。
1000台半ばの山じゃまず雲の下か中だけど、武尊山や谷川岳といった2000m級だとうまくいけば雲の上に出て壮大な雲海を眺めれるかも?甲武信ヶ岳ならまず大丈夫そう。そんな感じです。

今回は北東気流が比較的厚みがありそうな上に前線の雲も混じるのであまりいい条件じゃないけど
・関東が北海道~三陸沖に中心を持つ高気圧の縁になる
・関東の天気予報は曇り&気温低め、長野や山梨の予報は晴れ&気温高め
の条件が揃う日は、登山口がモヤモヤでも雲の上に抜ける期待を胸に登ってみてください。

ちなみに、そうやって登った2015/10/23の谷川岳。
山頂は惜しくもガスの中だったけど、新潟側(土樽側)に下ると滝雲を見ることができたんでまあ納得、そんな結果でした。
spas_20151023-0920151023tanigawa-2左が関東側、右が新潟側
20151023tanigawa-1茂倉新道から振り返った谷川岳。関東側の雲が新潟側にぎりぎりあふれ出てるのがよくわかる景色。

登る日の気象条件からどんな景色が見れるか予想する、というのも山の楽しみ方のひとつかと。
プランニングの際は、登山地図と一緒に天気図もお供にどうぞ。

梅雨の天気予報との付き合い方

天気予報の担当をしてると、外れたときはなぜ外れたのか、何を見落としてたのか反省&復習する日々です。
特にこの梅雨の季節は顔を上げて歩けないレベルの外しっぷりもしばしば…。
今回はなぜ梅雨時の天気予報が外れやすいか、天気予報とどう付き合えばいいかについてのお話しです。(言い訳だなんて言わないでっ!!)

偏西風が支配する日本周辺では天気が西から変わるのがいつもの状態。
地球全体を見渡すくらいのスケールで考えると、日々の天気の変化は地球を伝わる大きな『波』が主役のひとつ。
地球を北極側から眺めた(上空の)天気図がこちらです。
auxn_20160415-12

北極から外側(南)に張り出してるところが、天気予報でしばしば登場する「寒気を伴った気圧の谷」になります。
ゆっくりと東(この天気図だと半時計回り)に流れるこの巨大な波の影響が大きい春や秋の「周期的に変わる天気」は比較的予想しやすい現象です。

問題なのが、この『波』の影響がぼんやりしてしてくる梅雨の季節。
春と夏の空気が日本付近で押し合いをして湿り気たっぷりの停滞前線(梅雨前線)を作る一方、メリハリを作ってくれるはずの『波』はあまりやる気なし。
さらに、『波』に伴う低気圧なら雨や風のタイミングが遅い早い・強い弱いくらいのズレで済むところが、停滞前線だと位置が少し南北にズレると全国的に天気が大きく外れるのが恐ろしいところ。
正直なところ、メリハリが弱い状況で少し先の予報を当てるのは至難の業です。

そこで参考にしてほしいのが週間予報@気象庁の「信頼度」。
「この日の予報はこのくらい自信がありますよ」を表してるもので、自信ありから順番にABCの3段階。
全国的にCが並んでる時はメリハリが弱く予報が難しい(=変わったり外れたりしやすい)ことを、逆にAが多いときは予報が当たりやすいことを意味します。
ちなみに今日の週間予報はこんな感じ、矢印のとこが信頼度です。
まさに梅雨まっさかり、自信の無さがありありと感じられる予報になっています・・・。
week-forecast_20160618-11

今のところ梅雨時に予報が外れやすいのは予報技術の限界としか言いようがなく、誰もピタッと当てることはできません。
週間予報の信頼度が低い時はインドア行動も含めて色々なプランを用意しておいて、直前の予報でどうするか最終判断するしかないと思います。

ひとつ救いがあるとすれば、予報が難しくメリハリが弱いときは、大荒れの天気になる確率は低いってこと。
たまには雨に降られるのも織り込んで、近くの半日お手軽コースでしっとりした山を楽しむのもいいかもしれません。

春の高気圧 その2

春の晴天はなぜスッキリなのか書いた少し前の春の高気圧
5/29に登った谷川岳の景色から補足を少し。

天気のいい日に高い山に登るとちょくちょく出会うこんな空。
空は真っ青、遠くの山もクッキリ。
でも下界はなんかモヤモヤ…。
スッキリとモヤモヤの違いはなにかというと、その空気がどこから来たかの違い。

20160529tanigawa_14

スッキリの部分は、高気圧の下降気流で降りてきた上空の乾いた&チリの少ない澄んだ空気。
モヤモヤの部分は、地上近くに溜まってる湿った&チリの多い空気。
モヤモヤの中にいるとわからないけど、せっせと登ってスッキリ空気の層に入ると途端に違いが見えてくる。

ついでにいうと、太陽に温められたモヤモヤ層の中にポツポツと積雲が。

太陽によって直接温まるのはあくまで地面。
地面の上で上昇気流ができ、この上昇気流に載って地面付近の湿った空気が上昇&雲になってるわけ。

2000m級以上の山に登るときはぜひスッキリとモヤモヤの境目を探してみてください。

ちなみにこの日の天気図&衛星画像はこんな感じでした。
移動性高気圧、さんきゅ!
fsas_20160529-0900
vis_20160529-1000

春の高気圧

5/12・13と気持ちよく晴れたおかげで山の上じゃとっても素敵な景色が広がってたみたい。
たとえば穂高岳山荘→晴れ!@ぼちぼちいこか
特に5/12は空から日本を見ても見事な色鮮やかさ。
vis_20160512-1200~ひまわり8号リアルタイムウェブ~
でも、悲しいかなぼくは平地から富士山を眺めるのみ。
久しぶりに3000mの空気が吸いたいです・・・。

そんな泣き言はおいといて、今回は“高気圧”の話。

5/11から5/14まで12時の天気図を並べたのがこちら。
今回の素敵な天気をくれたのは赤矢印の高気圧です。

spas_20160511-13
spas_20160512-12
spas_20160513-12
spas_20160514-12

高気圧の脇に書いてある「35km/h」は高気圧の移動速度。
こうやってどんどん動いてく高気圧は「移動性高気圧」と呼ばれます。

春と秋は高気圧と低気圧が交互に通り過ぎ、あわせて天気が周期的に変わる季節。
高気圧がくると天気はいいし、低気圧がくると天気が悪い、というのは常識レベルの話。
でも、高気圧は下降気流、低気圧は上昇気流、となるとちょっと怪しい人も多いはず。
さらに、基本的に上空の空気は澄んでる(チリや水蒸気が少ない)、地面近くの空気は濁ってる(チリや水蒸気が多い)という知識を加えると今回のスッキリ景色の理由が見えてくる。

足早に低気圧と高気圧が駆け抜けるこの季節は上昇気流と下降気流のメリハリも大きく、高気圧がくるとググッと上空の綺麗な空気を低いところまで引きずり降ろしてくれる。
そしてその綺麗な空気の中に入ると、今回みたいな遠くまでクッキリ!な景色に出会えるわけ。

ある程度の高さの山に登ったときに『遠くの山々はスッキリ!でも下界はモヤモヤしてる…』な景色に会った事がある人も多いんじゃないでしょうか。
それはせっせと登ったことで地面近くの濁った空気の中から上空の澄んだ空気の中に抜け出したことによる変化だったりします。

いっぽう、夏の高気圧はこんな感じ。
spas_20150806-12

高気圧の脇に「ほとんど停滞」と書いてあるように、夏の高気圧(太平洋高気圧)あまり動かない。
高気圧/低気圧の変化がないので下降気流の勢いは弱く、晴れてはいてもモヤモヤっとした空気に覆われてます。

春は天気の変化が早くてタイミングよく好天を捕まえるのが難しい時期だけど、予想天気図で移動性高気圧がど~んと目的地の上に乗っかってる場合は絶景を期待して登ってみてください。天気図@気象庁
ただし、春の好天の前後には悪天がもれなくセット。
くれぐれもご注意を!

1章ー3 まわる地球、まがる風

これまた当たり前ですが、地球はくるくると自転してます。
地面に張り付いて生活するぶんには問題ないけど、空を自由に流れる空気(風)にとっては一大事。
自分はまっすぐ流れてるつもりでも、その間に地面は回ってるせいで地面の人から「風のやつ、勝手に曲がりやがって」なんて言われちゃいます。

なかなかイメージが沸かないと思うので、こちらの動画をどうぞ。


動画主さんによる解説@カガクの時間

この勝手に曲がる(ように見える)現象を「コリオリ力(コリオリりょく、あるいはコリオリのちから)」と呼び、日本のある北半球だと流れる風は常に右側に曲げようとする力を受けているように見えます。

回る世界の外から見てる人からすれば「そりゃそうだ」なことですが、回る世界の中にいるとなかなか不思議な話。

ただし、地球が回るのは1日1回と猛烈にゆっくり。
この力はとても小さくて日常生活で感じることはありません。
それでも天気の世界ではとても大切な力なので覚えておいてください。

1章‐2 太陽と地球と季節

改めて書くまでもなく、太陽の力は絶大です。
冷え切った宇宙にポツンと浮かぶ地球にとって唯一無二の暖房器具。

ただし、太陽の暖房効果にはムラがあります。
真上からジリジリと照らされる赤道付近と、斜めから弱々しい光を浴びる北極&南極などの高緯度地域。
だから赤道付近はとても熱く、北極&南極はとても寒いのは皆さんご存じの通り。

この赤道付近と北極&南極の大きな気温の差が、天気の世界では非常に重要な役割を持っています。
詳しくは後ほど。

そして太陽と地球の関係でもうひとつ重要なことが、地球は少し傾いたまま太陽の周りを回っているということ。
どれだけ傾いてるか覚えてますか?
正解は23.4度ですが、まあ数字に深い意味はないんで忘れても大丈夫です。

地球が傾いてることによって太陽のどちら側にいるかで太陽を見上げる角度が変わり、より高くから照らされる夏は熱く、より低くから照らされる冬は寒くなります。
「昔そんなこと勉強したけどよく覚えてないや・・・」という方は、国立天文台の暦wikiというサイトにコンパクトにまとまっているのでぜひ復習しておいてください。

この地球全体で起きる季節の変化を理解することが天気を理解するキモです。
何がどう変わるのかは、あとでじっくり取り上げていきます。

1章‐1 空は高い、でも薄い

さっそく天気予報の技術を! ・・・と行きたいところですが、その前に準備運動が必要です。
まずは地球そのものと、天気の舞台である“大気”について少し知っておきましょう。

“大気”とは、地球を包んでいる“空気の層”です。
どこまでを大気と呼ぶかは定義によって変わりますが、だいたい地面から100km~数100kmの厚みがあります。

とても軽いけど空気にも重さがあるので、私たちは空気の深い海の底に住んでいる深海魚みたいなもの。
この空気の重みによる圧力が“気圧”です。
ポテチみたいな袋に入ったお菓子を標高1000mを超えるくらいの「浅い」場所に持ってくと、ぷくっと膨れて気圧が下がったのを実感できるのでぜひお試しを。

厚さが100km以上ある大気ですが、その中でも天気が変わる(=雲ができる)のは地面から10km程度の高さまでだけだったりします。
激しい雷雨をもたらすそびえ立つような積乱雲も宇宙から見ればこんな感じ。

積乱雲国際宇宙ステーションから見た積乱雲
NASA Image Gallariesより

雲ができる“対流圏”とその上の“成層圏”の間にはハッキリとした見えない壁があり、どんなに発達した雲もそこより上には行けません。壁にぶつかった雲は水平に広がるしかできません。

この壁を越えれないのは台風でも同じです。
台風の幅は何百~1000kmもありますが、高さはやっぱり10数km。平べったいお皿よりもさらに薄く、ちょうどCDくらいの形です。

宇宙から見た台風国際宇宙ステーションから見た2014年の台風第19号
宇宙飛行士Reid Weissmanのtwitterより

見上げる空は高く、深い。
でも、とても薄くて平べったい。

このことを覚えておいてください。
天気を理解するのにとても大切なことです。

お天気講座 0章.はじめに

みなさんは、天気予報って当たってると思う?と聞かれたらどう答えるでしょうか。
ぼくは「かなり当たるよ~。思いっきり外れることもたまにあるけど…。」といったところです。

天気予報を考えていて“外れた”と思うとき、そのパターンは以下の3つがあります。

①まったく予想してなかった(本気のハズレ)

②可能性は分かってても確信が持てず、その予報にしなかった(信頼性のハズレ)

③予想通りだけど、予報でうまく表現できなかった(表現のハズレ)

普通の人からすると全部同じハズレですが、少しコツを掴むと③のハズレは自分で回避できるようになります。
たとえば夕立のように、ごく狭い範囲で天気がガラッと変わるような時がこのパターン。

「天気予報で雨だといってたから傘を持っていったのに全然降らなかった!(怒)」となるか、「あっちは降ったみたいだけど、運よく自分は降られなかったな~(喜)」となるかはあなた次第。
上級者ともなれば「レーダーを見て雨雲の隙間を走るから傘などいらん!」といった選択肢も出てきます(笑)

続いて、天気の中にも技術的な限界から予想しやすい天気と予想しにくい天気があり、そのことを知っていると②のハズレが起きそうな匂いも感じれるようになります。

先ほどの夕立の例は②のハズレにも含まれますが、他には梅雨時や台風が近づいてくるときの天気などが該当します。(本当に難しいんです…涙)

そして①のハズレ。観測技術やコンピューターによる予測技術が発達した現在ですが、それでも「えっ!?」と思うようなことは無くなりません。

予報を出す立場の人間がこんなことを言うと言い訳になってしまいますが、“予想できて当たり前”という気持ちはちょっとだけ控えめにして、自然現象に対する謙虚さも持ち合わせてもらえればと思います。

それでは前置きはこの辺にして、次回から本題に入っていきます。