1章ー3 まわる地球、まがる風

これまた当たり前ですが、地球はくるくると自転してます。
地面に張り付いて生活するぶんには問題ないけど、空を自由に流れる空気(風)にとっては一大事。
自分はまっすぐ流れてるつもりでも、その間に地面は回ってるせいで地面の人から「風のやつ、勝手に曲がりやがって」なんて言われちゃいます。

なかなかイメージが沸かないと思うので、こちらの動画をどうぞ。


動画主さんによる解説@カガクの時間

この勝手に曲がる(ように見える)現象を「コリオリ力(コリオリりょく、あるいはコリオリのちから)」と呼び、日本のある北半球だと流れる風は常に右側に曲げようとする力を受けているように見えます。

回る世界の外から見てる人からすれば「そりゃそうだ」なことですが、回る世界の中にいるとなかなか不思議な話。

ただし、地球が回るのは1日1回と猛烈にゆっくり。
この力はとても小さくて日常生活で感じることはありません。
それでも天気の世界ではとても大切な力なので覚えておいてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です