台風+トラフ→元気な温帯低気圧

オリンピック一色に染まるニュースの中でも負けずに存在感を放つ、台風7号。
関東に上陸するか脇をすり抜けるか、なんとも微妙なコースで北上中です。fsas_20160816-12

こんな時はついつい南の台風だけを追いかけそうになるけど、西から進んでくる“気圧の谷(トラフ)”にもご注目。
水蒸気画像を見ると、朝鮮半島あたりに見える黒いクサビ状の波。これがトラフです。
黒くて、尖がってるほど「深い(=明瞭な)トラフ」で、今回はなかなかのシャープさ。wv_20160816-1200
可視画像でも、台風本体とは離れた日本海にまとまった雲が。これがトラフによって発生・発達している雲域です。vis_20160816-1200

気圧が浅くて暴風域も持たず、台風としては特に強くない台風7号。
でも、もう少し北上するとこのトラフと結びつき、温帯低気圧に性質を変えながら最発達しそう。
このため今夜から明日朝の関東、明日日中の東北、明日夜の北海道と東日本の広い範囲で影響が出るという予報になってます。

こんなときによく問い合わせを受けるのが台風(熱帯低気圧)と“普通の低気圧”(温帯低気圧)との違い。

台風の特徴を一言であらわすなら『あったかくて丸いやつ』。
熱帯起源の暖かい空気だけで構成され、丸い(=対象性がある)のが重要なポイントです。

これに比べて温帯低気圧は『あったかい×つめたい(+丸くない)やつ』。
南の暖気と北の寒気が交じり合い、その境目に前線を伴うのがスタンダードな姿。

台風7号はだいぶ崩れてきたけど、まだ丸い形をなんとか維持。
これがどんどん形を変えて温帯低気圧としての性質を強めながら北上していくはず。
気象庁では台風としての特徴が完全になくなった時点で「温帯低気圧になりました」と解析しているので、もう台風じゃないんじゃない?といった問い合わせを受けることもしばしば。

これから雲の形がどう変わり、いつ天気図で温帯低気圧になるかも台風の楽しみ方です。

もちろん、何よりも優先して災害への備えはお忘れなく!
まずはざっくり、全般気象情報をどうぞ。

ちなみに、台風が通り過ぎた後も残り物の暖湿気×トラフで不安定な状態が続きそうな雰囲気。
今回は台風一過でスッキリ!とはいかない予想なので台風通過後も急な強い雨や雷にご注意を。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です