台風7号、襲来?

好天に恵まれて初の“山の日”を満喫したと思ったら、これからずいぶんと怪しい1週間になりそうな予想。

15日から16日は下層の湿った空気×上空の気圧の谷の組み合わせで全国的に大気の状態が不安定に。
特に15日は山に限らず天気の急変に要注意。
水蒸気画像を見ると、15日にやってくる気圧の谷(ちょっと黒く見えるところ)の近くでポコポコと積乱雲が発生しているのがわかります。wv_20160814-1500

そして17日以降。
今朝発生した台風7号が本州の近くまで北上してくる上、日本の東にはど~んと高気圧が張り出す予想。typhoon1607_20160814-15fsas48_20160816-09
こうなると台風のお供としてやってくる熱帯生まれの猛烈に湿った空気は高気圧の縁をまわりこみ、東日本を中心に続々と流れ込むことになります。
こうして山も平地もまとまった雨になりそう。
もちろん台風の近く(特に東側)では強風も重なり、とても外遊びどころじゃありません。

山は逃げない。そして天気も変えられない。
人にできるのは天気と上手に付き合うこと、それだけです。

楽しいはずの時間を急な事故に変えないために、今週は無理をせずのんびりと過ごすのもいいと思います。

天気が悪くて外遊びをする気にならない時は、天気について学ぶ絶好のチャンス。
ぜひ天気図雨雲レーダー衛星画像あたりを眺めてみてください。
台風ウォッチングをするなら台風情報と共にひまわりリアルタイムWebがオススメです。

もしこのまま行けば今シーズンの渇水問題も一気に解決しそう。
ほどほどに降ってくれるのが一番なんですが…。利根川上流主要8ダム貯水量@関東地方整備局
kanto8dam_20160814


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です