61次隊が来た!

気象棟から基本観測棟への引越しをなんとか乗り切ってホッとしたのも束の間。
ついに越冬終盤の大イベントが発動、それは61次隊のお迎え。

60次越冬隊だけで過ごした約10ヶ月。
特殊な環境に閉ざされたムラ社会に慣れ切った31人に環境の激変が襲い掛かる!

遠くに見えるしらせから何か飛んできたと思ったら

爆音とともにCHヘリが登場!
見知らぬ物体と爆音にパニックとなり逃げ惑う60次隊…ってほどは退化してないけど、久しぶりに文明の塊に遭遇した感たっぷり。

そしてこれまた久しぶりに見る人が多い景色。

食堂にこんなに人がいるのも59次越冬隊や60次夏隊を送り出した2019年2月以来。

61次隊が来たことで昭和基地の色んなことがガラッと変わる。

まず、景色に荷物が増えた。
CHヘリに搭載して運べるコンテナ、通称スチコンの塊があちこちに。

そんな荷物の最初は“初荷”としてデコられるのがお決まり。
しらせ艦長の名を関した“竹内海運”からのプレゼント。

スカスカになってた冷蔵庫&冷凍庫にも食材を搬入。

そして食卓にひっさびさに解凍ではない生モノが登場!

千切りキャベツ、目玉焼き、ビール。

さらに… びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛!
たまごかけご飯w

シャキッとしたリンゴも美味い!

こんな味だっけ、こんな食感だったっけと盛り上がる食卓。
冷凍技術のおかげで肉や魚は本当に充実してたけど、久しぶりに食べる果物のおいしさは本当に感動的でした。

あとは、共に昭和基地で過ごした60次夏隊や家族からの差入れや手紙。

日本を出発した2018年11月。
4歳だったちびすけは5歳になって順調に?やんちゃ坊主に。
生まれたばかりで寝転がるだけだった長女はトコトコと歩き回るように。

並んだ足跡アートを眺めてるとやっぱ1年って長いなぁとしみじみ思う。

他に感じたのは、すでに結構疲れて出涸らし状態の60次と、フルチャージで元気いっぱいの61次とのギャップ。
なんか61次が眩しい!
去年の今頃は自分たちもこんなに元気いっぱいだったんだろうなぁ。

閉鎖的環境の中で過ごしてた時間が長いから、自分の中でも変化に戸惑ってるとこをちょいちょい感じる。
鎖国してた日本が開国した時はこんな気分だったのかも、と思うとちょっと面白い。

そんな昭和基地の生活もあと1ヶ月弱、日本に帰るまで2ヶ月半。
つくづく奥さんには頭が上がらないなぁと思いながらのラストスパートです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です