星降る夜に

昨日、26日はひっさしぶりに文句なしの快晴!
大陸からのキンキンに冷えた&乾いた空気に覆われた朝の最低気温は60次隊として初の大台に乗る-30.9℃。
肌に寒さというよりは痛さを感じる空気の中、なんとか地平線から顔を出す太陽の日差しを浴びながら過ごす穏やかな1日。

この日は夜まで好天が続く予想。
これは行かねばとドキドキしながら夜の屋外へ。

目が慣れるまでもなく、星が多いのがすぐ分かる。

だんだん目が慣れてくると…やっぱり凄かった。

2019/5/26 22:00頃、東の空

ちょうど月明かりもオーロラも邪魔をせず、夜空は星々が埋め尽くす。
言葉ではうまく表現できないけど圧倒的な広さと深さを感じる素晴らしい世界。
天の川がホントに天の川や・・・

指先の冷たさにはちょっとだけ苦しみつつ、のんびり夜空を満喫する。

せっかくなんで、ぐるっと写真。

南の空

西の空

最後に北の空

そんなことをしてるうちに、ちょっとだけオーロラも登場して華を添えてくれた。

ただし、肉眼じゃ「なんかぼんやり明るいかなぁ」程度のオーロラ。
星に寄せてオーロラを撮ると盛りすぎな写真になるんで、なんかズルいことしてるような気分になりますw

久しぶりに感動する夜空に出会えて、なんか心が軽くなった気がする。
脳内BGMはやっぱスカパラかな。

まもなく長い長い南極の夜、極夜。
南極の神様、次は迫力満点のオーロラお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です