オーストラリアの空

11月25日に日本を出発し、26日からオーストラリアの西岸・フリーマントルで食料・水・燃料と諸々を補給中のしらせ。
観測隊としてはいよいよ長い南極生活に備えて最後の休息といったところ。

初の南半球、そしてオーストラリアの印象としては…
オーストラリア、でかすぎっ!!そして乾きすぎっ!!

日本(成田)→オーストラリア東岸(ブリスベン)のフライトが9時間。そこから国内便で西岸(パース)のフライトが5時間。
国内移動が3000kmオーバーとはさすが大陸…

国内便では外も見れたけど、内陸部は本当にまっ平&カラッカラ。空を楽しもうにも見事な青空でほとんどの時間雲はなし。
流れた水の後はあったから限られた時期(雨季?)にのみ流れてるんだろうなぁと。うーん、でかい。

そしてパースの少し先にある港町:フリーマントルがしらせの停泊地。古い街並みがいっぱい残ったとこで、なかなか素敵な雰囲気の街。
その中に割り込むしらせw

南半球の夏でしっかり太陽を浴びたここ数日。すでに北に昇る太陽や冷たい南風のせいで完全に方向感覚を狂ったような…。
そんな大陸ともお別れしていよいよ南極に向けて出港です。

カラッカラの青空&大陸を離れ、嵐渦巻く南氷洋へ。

もともと南極大陸をぐるりと回る西風のせいで常に波が高いエリア。さらに船出を歓迎するかのようにオーストラリアの南西に低気圧…。ひまわりリアルタイムWebより
オーストラリア気象局より

北側の高気圧との間で等圧線が混んでる領域も長く、強く長く吹き続ける西風でたっぷり成長した横波の中をつっきることに。
吠える40度→狂う50度→絶叫する60度 の3段活用?をしっかり楽しませてくれそうです(涙吐)

それでは、次はきっと南極から。

今年中には何か書けるかな??


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です