しらせ出港!

11/10(土)の晴海埠頭。
荷物も満載して準備万端の砕氷艦しらせがお目見え。
出港前、乗組員や隊員の家族はちょっぴり乗船時間もあり。

国内を巡行しての訓練航海時は空っぽだった12ftコンテナも埋まり、なんとなく引きしまった姿に。外からは見えない船の中にも荷物がいっぱい。
南極・昭和基地への物資輸送は1年に1度のしらせのみ。
南極での活動計画立てて、必要な物を考えて、買って、どんな大きさ&重さの何を載せるかをリスト化して、検品うけて、揺れても大丈夫なようにしっかり固定して。

隊員それぞれがそんな苦労をしてるけど、輸送のとりまとめ担当者はそりゃもう大変な日々を過ごしてこの日を迎えたんだろうなと…。

そんな感慨深さは置いといて、ぼくも家族と一緒にしらせの中へ。

人&モノの輸送で大活躍する2機の大型ヘリCH-101は随時とコンパクトになって後部格納庫の中。ブレードが外せるだけでなく、尻尾も折り畳めるとは知らなかった。

船首が向くのは東京湾、そして遙か彼方の南氷洋。

ぼくたち観測隊はまだ乗らず、この日はあくまでも見送り。
観測隊は約2週間遅れの11/25(日)に成田から空路でオーストラリアへ。
西海岸のフリーマントルで先行してたしらせに合流。
オーストラリアでたんまり食料&燃料を補給したら、いよいよ11/30(金)には南極へ向かうことになります。

しらせが今どこにいるかは、進め!しらせ@極地研究所で随時更新中。

しらせに乗ったらその様子を随時アップ…といきたいとこだけど、出港しちゃえばネットはほぼ使えない。
12月中旬に南極・昭和基地に着いたあとも、2ヶ月しかない南極の夏を活用すべく必死に働くことになるとか。
なんせ1日中明るい白夜だからリアルに24時間働けちゃうわけです。
まあ1人がぶっ通しで24時間働く訳じゃないけど。…たぶん。

ってなわけで、そんな時は他力本願!

これまで極地研究所の情報発信は〝いかにも南極〟の雰囲気が強い越冬隊のネタが中心な昭和基地NOW!!がメイン。
60次隊では昭和基地に着く前から、必死に作業してる夏の話題も出してこうってことで60次隊NOW!!がスタート。
60次隊の活動を追いかけるにはオススメです。

この昭和基地&60次隊NOW!!はあくまでも観測隊視点。

もうひとつの南極の主役が、もちろん砕氷艦しらせ。そして海上自衛隊の乗組員。

しらせで越える南氷洋、そして南極・昭和基地で何をするか。
海上自衛隊が過去の活動記録を綺麗にまとめてるんでぜひぜひ。

【第58次南極地域観測協力行動】しらせ氷海を行く~海上自衛隊~@YouTube

広報ってのは組織の顔を担う重要な部署。
自衛隊は組織としてちゃんと広報に力を入れてるんだなぁとつくづく感心。
そしてちょっとうらやましい…


「しらせ出港!」への2件のフィードバック

    1. ありがとうございます!
      現在オーストラリアで色々と補給中。いよいよ今月末には南極に向けて航海が始まります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です