タグ別アーカイブ: しらせ

南極観測隊の基本の「き」~夏隊と越冬隊~

冬至(ミッドウィンター)を過ぎ、極夜も開けて越冬生活もそろそろ後半戦に突入する60次南極地域観測隊の越冬隊。
そういえば観測隊の全体スケジュール、そして夏隊&越冬隊について書いてなかったんで今回はその話を。

日本の南極観測隊は大きく分けて2つの部隊、夏隊と越冬隊がいます。
読んで字のごとく、夏に仕事するのが夏隊。
冬を超えるのが越冬隊。

…ってだけじゃ仕方ないんでもう少し詳しく。

気温や日照時間の細かい話は昭和基地ってこんなとこ(気候編その1)で書いたけど、昭和基地の1年をざっくり図にするとこんな感じ。
比較的暖かく天気も穏やか、そして1日中明るい“夏”が1月を中心とする約2ヶ月間。
夏を挟んで短い春&秋があって、あとは長~い冬。

この短い夏を利用して“しらせ”は昭和基地に大量の物資と人員を運び、短期集中で仕事して、冬が来る前に昭和基地を離れる。
これが夏隊。
“よりもい”のキマリたち女子高生組はこの夏隊って設定でした。

一方、越冬隊は夏隊が昭和基地を離れてる間も残留。
長い冬も観測&基地機能を維持してから翌年のしらせで帰るため、昭和基地には1年ちょっといることになります。
“よりもい”の吟隊長やかなえさんといった観測隊メンバーはこの越冬組が多い描画だったなと。
60次隊だとざっくり夏70人、越冬30人って構成比になってます。

さて、この夏隊&越冬隊の流れをぼく達60次で追っていくとこんな感じ。

夏隊&越冬隊は一緒に日本を出発、12月末に昭和基地入り

冗談抜きに24時間働けますか的なノリで作業を行う夏作業。
大規模工事したり
昭和基地から遠く離れたエリアで調査したり
前次隊の59次隊から引継ぎをもらいつつ各所で作業。

夏にどんなことしてるのか興味のある人は夏隊の公式活動記録である60次隊NOW!@極地研第60次南極地域観測協力@海上自衛隊をどうぞ。
自分が何をしたのかも記録したかったけどもう半年くらい経ってしまった…。

とにかくバタバタしてるうちに短い昭和基地の夏は一瞬で過ぎ去り、2月1日には越冬交代式で基地の管理人が59次越冬隊から60次隊越冬隊に引き継ぎ。

そして60次夏隊と59次越冬隊は昭和基地を離れてく。
特に猛烈に濃い時間を共に過ごした60次夏隊の仲間との別れは涙涙でした…

今、昭和基地にいるのは60次越冬隊の31人のみ。
極夜が明けて次第に明るくなる中で様々な屋外作業が本格的に動き出そうとしてる時期です。

一方、国内では7月1日に61次隊の隊員たちが集う“隊員室”が極地研にオープン。
昭和基地の60次隊と、国内で準備する61次隊との間で様々な情報交換が行われてます。
国立極地研究所@Facebookより

まだちょっと先だけど、年末年始には61次隊が昭和基地に到着。
61次隊の夏作業、そして60次越冬から61次越冬への諸々の引継ぎが終わってから、ぼく達60次越冬隊は61次夏隊と一緒に帰国することになります。
日本に着くのはまだしばらく先の2020年3月後半の予定。

そして61次隊から62次隊へ。
こんな夏~越冬の繰り返しで日本の南極観測隊は成立してます。

この辺の観測隊の全体像を詳しく知りたかったら極地研が出してる公式解説本?なこちらがオススメ。
よりもい好きもファンブックからさらに南極観測隊そのものに興味をもったらぜひどうぞ。

経験者曰く、極夜が明けた後は時間経つのがめっちゃ早い、とのこと。
確かに越冬の間にやることがまだまだ山積みで頭が痛い…。

でも、しばらく昭和基地に引きこもってた時間が終わってこれからは基地を離れて活動することも増えてくる楽しみな時期。
引き続き頑張る&楽しんできます!

南極なう。

ひさびさのインターネット。
ひさびさのブログ更新。

ってことで・・・南極なう。

2018年12月22日、ついに南極・昭和基地に到着しましたっ!!

色々あってすべてが遠い思い出になりかけてるけど、しらせの船旅をざっとおさらい。

2018年11月30日 フリーマントル出港

いきなり酔い止めに頼るなんて情けない…と思ってたら、速攻でお世話になりました。出港してから昼・夜・朝と3食連続で念入りな聖地巡礼をこなした後、諦めて薬に頼ることに。ありがとうア●ロン。

24時間走り続けるしらせの船旅は、めまぐるしく変化する自然を味わう日々。

出港して約1週間で初氷山!

氷山が増えてきたと思ったら…

べた凪で驚くような穏やかな海。

かと思ったら流氷帯に入り、寒々しい景色に一変。

南下するにつれて日ごとに夜が短くなり、ついに白夜がスタート。夜中もこんな空。

そして氷も厚くなり、ラミング開始!まずは氷の割れ目をうまく使いながらこじ開けるように進む。

氷という足場が増えてくると、色んな生き物の姿も。
正面からしらせを見物にきたアデリーペンギンたち。

そんなに近づいて大丈夫か?と心配になるころにやっと事態の重要さに気付く!たまに人身事故が起こるとか起きないとか…

流れ動く流氷帯が終わり、南極大陸の周辺にくっついて動かない定着氷からがラミングの本番。圧倒的な存在感を放つ自然に立ち向かうしらせ。バックして助走をつけての全力前進、氷にぶつかる&乗り上げて割りながらの地道な前進。

じりじりと進み、数日かけて昭和基地が見えてきたところでヘリの登場!

大勢に見送られてしらせを発艦。

氷の海をひとっとび。昭和基地のある東オングル島へ。

で、めでたく最初の写真にたどり着きました。

昭和基地に到着してからバタバタと1週間。今ではしらせも昭和基地に接岸してこんな景色。

とっても短い昭和基地の夏。生活の立ち上げ、物資の輸送、そして本題である各々の仕事。ありがたいことに(?)24時間沈まない太陽のおかげでたっぷり仕事ができてしまう環境。
オーバーヒートしないように気を付けつつ全力で頑張る、そんな日々です。

実際にどんなことしてるかは追々書いてければいいなと思うけど、こりゃ頻繁に整理する余裕はないなぁってのが素直な感触。
各隊員はみんな忙しんで今の昭和基地の様子は極地研究所や海上自衛隊の公式情報を追いかけるのが一番確実かと。

昭和基地にいる南極地域観測隊全体の動きは昭和基地NOW@極地研究所教員派遣プログラム@極地研究所
今回昭和基地に入った第60次隊の動きは60次隊NOW@極地研究所
しらせ&海上自衛隊の動きは第60次南極地域観測協力@海上自衛隊をどうぞ。

オーストラリアの空

11月25日に日本を出発し、26日からオーストラリアの西岸・フリーマントルで食料・水・燃料と諸々を補給中のしらせ。
観測隊としてはいよいよ長い南極生活に備えて最後の休息といったところ。

初の南半球、そしてオーストラリアの印象としては…
オーストラリア、でかすぎっ!!そして乾きすぎっ!!

日本(成田)→オーストラリア東岸(ブリスベン)のフライトが9時間。そこから国内便で西岸(パース)のフライトが5時間。
国内移動が3000kmオーバーとはさすが大陸…

国内便では外も見れたけど、内陸部は本当にまっ平&カラッカラ。空を楽しもうにも見事な青空でほとんどの時間雲はなし。
流れた水の後はあったから限られた時期(雨季?)にのみ流れてるんだろうなぁと。うーん、でかい。

そしてパースの少し先にある港町:フリーマントルがしらせの停泊地。古い街並みがいっぱい残ったとこで、なかなか素敵な雰囲気の街。
その中に割り込むしらせw

南半球の夏でしっかり太陽を浴びたここ数日。すでに北に昇る太陽や冷たい南風のせいで完全に方向感覚を狂ったような…。
そんな大陸ともお別れしていよいよ南極に向けて出港です。

カラッカラの青空&大陸を離れ、嵐渦巻く南氷洋へ。

もともと南極大陸をぐるりと回る西風のせいで常に波が高いエリア。さらに船出を歓迎するかのようにオーストラリアの南西に低気圧…。ひまわりリアルタイムWebより
オーストラリア気象局より

北側の高気圧との間で等圧線が混んでる領域も長く、強く長く吹き続ける西風でたっぷり成長した横波の中をつっきることに。
吠える40度→狂う50度→絶叫する60度 の3段活用?をしっかり楽しませてくれそうです(涙吐)

それでは、次はきっと南極から。

今年中には何か書けるかな??

しらせ出港!

11/10(土)の晴海埠頭。
荷物も満載して準備万端の砕氷艦しらせがお目見え。
出港前、乗組員や隊員の家族はちょっぴり乗船時間もあり。

国内を巡行しての訓練航海時は空っぽだった12ftコンテナも埋まり、なんとなく引きしまった姿に。外からは見えない船の中にも荷物がいっぱい。
南極・昭和基地への物資輸送は1年に1度のしらせのみ。
南極での活動計画立てて、必要な物を考えて、買って、どんな大きさ&重さの何を載せるかをリスト化して、検品うけて、揺れても大丈夫なようにしっかり固定して。

隊員それぞれがそんな苦労をしてるけど、輸送のとりまとめ担当者はそりゃもう大変な日々を過ごしてこの日を迎えたんだろうなと…。

そんな感慨深さは置いといて、ぼくも家族と一緒にしらせの中へ。

人&モノの輸送で大活躍する2機の大型ヘリCH-101は随時とコンパクトになって後部格納庫の中。ブレードが外せるだけでなく、尻尾も折り畳めるとは知らなかった。

船首が向くのは東京湾、そして遙か彼方の南氷洋。

ぼくたち観測隊はまだ乗らず、この日はあくまでも見送り。
観測隊は約2週間遅れの11/25(日)に成田から空路でオーストラリアへ。
西海岸のフリーマントルで先行してたしらせに合流。
オーストラリアでたんまり食料&燃料を補給したら、いよいよ11/30(金)には南極へ向かうことになります。

しらせが今どこにいるかは、進め!しらせ@極地研究所で随時更新中。

しらせに乗ったらその様子を随時アップ…といきたいとこだけど、出港しちゃえばネットはほぼ使えない。
12月中旬に南極・昭和基地に着いたあとも、2ヶ月しかない南極の夏を活用すべく必死に働くことになるとか。
なんせ1日中明るい白夜だからリアルに24時間働けちゃうわけです。
まあ1人がぶっ通しで24時間働く訳じゃないけど。…たぶん。

ってなわけで、そんな時は他力本願!

これまで極地研究所の情報発信は〝いかにも南極〟の雰囲気が強い越冬隊のネタが中心な昭和基地NOW!!がメイン。
60次隊では昭和基地に着く前から、必死に作業してる夏の話題も出してこうってことで60次隊NOW!!がスタート。
60次隊の活動を追いかけるにはオススメです。

この昭和基地&60次隊NOW!!はあくまでも観測隊視点。

もうひとつの南極の主役が、もちろん砕氷艦しらせ。そして海上自衛隊の乗組員。

しらせで越える南氷洋、そして南極・昭和基地で何をするか。
海上自衛隊が過去の活動記録を綺麗にまとめてるんでぜひぜひ。

【第58次南極地域観測協力行動】しらせ氷海を行く~海上自衛隊~@YouTube

広報ってのは組織の顔を担う重要な部署。
自衛隊は組織としてちゃんと広報に力を入れてるんだなぁとつくづく感心。
そしてちょっとうらやましい…

60次隊出発まであと16日!

思ってた以上にバッタバタなもんで放置してたこのブログ。そろそろ出発ってことでこちらもぼちぼち再開です(^^;

しらせに載せる荷物が落ち着いたいま、一番忙しいのは各種壮行会w
その中でも文句なしに一番大規模&格式高いのが11/8に開催された第60次南極地域観測隊員・しらせ乗組員壮行会。

友人、同僚、職場、観測隊…と色んな枠組みの壮行会があるけど、この壮行会は観測隊としらせ乗組員(海上自衛隊)の双方が参加。
もちろんそれぞれの関係者も集まるんでかなりの人数。

去年は南極希望者としてお邪魔させてもらった会に、今年は隊員として参加。
改めて、ここまで来たか…と感慨深かったりしやす。
60次隊NOW@極地研究所より

壮行会の実施に合わせて、60次観測隊の顔写真集も公開。
去年まではマジメ顔で固かったけど、今回は明るく笑顔verでの作成。※まだ配布のみ

多くが南極を自ら希望して、南極を楽しみにしている隊員。
うん、絶対こっちのほうがいいね!(・∀・)

そしてこの壮行会とセットで行われるのが隊員の家族説明会。
南極に何しに行くのか、どんな生活なのか、連絡手段はどうなるのか。
家族、特に小さな子供を残してく隊員にとっては非常に重要なイベントです。

説明会が終わった後の壮行会でも結構目立つ子供たち。
夏隊でも4ヶ月、越冬隊では1年4ヶ月のお別れ。
ものすごい変わるんだろうなぁ…。

一緒に過ごせずホントにゴメンと心の中で謝りつつ、だって行きたかったんだもん!と若干開き直りに似た感情も。
とりあえず奥さんに一生頭が上がらなくなる隊員が結構いるのは間違いなしw

泣いても笑っても出発まであと2週間ちょい。
それまで自分の準備も、家族の準備も整えてこうと思います。
あとは来年の隊員に向けた運用計画や引継資料もまだできない現状をどうしたものやら…。

ちなみに、観測隊の出発は11/25(日)に成田から飛行機だけど、しらせは一足早く明日11/10(土)に晴海埠頭から出発。
晴海埠頭からはもちろん、東京湾各地から姿が見えると思うんで興味のある人はぜひ。
昼前に出港予定です。
東京港港湾情報システムより

“南極の氷”の楽しみ方

砕氷艦しらせ、11月の出発を前に毎年恒例の全国巡航&一般公開がスタート!

訓練として、10月頭にかけて横須賀→横浜→苫小牧→新潟→博多→高松→横須賀と日本をぐるっと一周。

各地の港に寄港したときは一般公開もされるのが定番。しらせを直接見れる&乗れる貴重な機会。文句なしに他に同じような船はないんで気になる人はぜひぜひ。
細かい日程は砕氷艦「しらせ」平成30年度総合訓練の実施について@海上自衛隊やGoogle先生に聞いてみてください。

こういった南極関連イベントでまず間違いなく展示されるのが“南極の氷”。
南極からはるばる持って帰ってきたってだけでもまずまずありがたい気がするけど、今回は南極の氷をどっぷり楽しむ6つのポイントをお伝えしようかと。

① 歴史を楽しむ

南極から持って帰ってきた氷の一番大事なポイント。それは“氷山の欠片”ってこと。

巨大な氷の塊(氷床)に覆われてる南極大陸。
寒い南極では降った雪は融けることなくただ降り積もるのみ。厚く積もった雪は自分の重みでゆっくりと圧縮され、しだいに氷に変わってきます。
その氷も自分の重さでゆっくりと海に向かって流れ下り(特に流れが速いとこが氷河)、海に向かってせり出し(棚氷)、バキッと割れて流れ出す(氷山)。棚氷@Wikipediaより
※日本語のいい図が見つからなかった…

南極からお土産に持って帰る氷はこうした長い行程の最後、氷山の欠片を切り出してきたもの。

最初の“降った雪”からどのくらい時間が経ってるかというと…ザッと数万年!

数万年前というと、最後の氷河期(氷期)の真っ只中。
はるか昔に降り積もり、氷河期を生き抜いた氷の末裔が目の前にあると思えばありがたさ倍増間違いなし。
途方もない時間の長さに想いを馳せてもらえればと。

② 見た目を楽しむ

南極の氷、塊だと結構白っぽい。
でも、小さな欠片を手にとって眺めるとこんな感じ。

氷そのものは透明だけど中に小さな気泡がいっぱい。このせいで塊として白っぽく見えてます。
この細かな気泡が“南極の氷”であることの何よりの証拠。

降り積もった雪からできた南極の氷。
雪はたっぷりと空気を含んでて、ムギュッと圧縮されて氷になるときに空気も一緒に圧縮される。
その空気が丸まって閉じこめられたのがこの気泡。
中には氷河期のウン万年前の空気が詰まったまま。
南極の氷は、昔の空気のタイムカプセルってことです。

降り積もる雪が氷になるから、深く掘れば深いほど古い氷が見つかる。この氷から色んなことがわかるんだけど、もうちょっと勉強したら改めて詳しく取り上げようかなと。

さて、本題に戻って南極の氷の楽しみ方の続き。

③ 感触を楽しむ

じっくり観察したとこで次はそっと触れてみる。
軽く手のひらで触れて、冷たいけどちょっと我慢。
すると、小さくパチッと、プチっと、小さく何かが弾ける感触が伝わるはず。

これは氷が融けて、気泡にギュッと詰まった昔の空気が弾け出る時の衝撃。

いま、その手には南極のウン万年前の空気がくっついた。

④ 音を楽しむ

音を楽しむのに便利な道具が使い捨てのプラコップ。

コップに南極の氷を入れて、ちょいと水を入れて氷が融けやすくする。
それからコップに耳を近づけると… パチパチっ、シュワシュワっ、そんな音が聞こえるはず。
太古の氷から太古の空気が飛び出すハーモニーをお楽しみあれ。

※塊の氷しか展示してないとこじゃ集中して耳を澄ませるしかないです。

⑤ 香りを楽しむ

④で音を楽しんだら、そのままこちらへ。
コップの中には太古の氷から弾けだした空気がいっぱい。
つまり、氷の中は太古の地球の大気そのもの。
コップの中の空気を吸う、それは氷河期の南極で息をしてるのと同じ。

で、どんな香りかって?

それは気分の問題かな…

⑥ 味を楽しむ

そして、最後の楽しみ方。
見て、触って、聞いて、嗅いだらあとは味が気になるところ。

ぜひ味わってもらいたいとこだけど…
残念ながらイベントでは食べるのは禁止!

雪を食べるようなもんで変な物は入ってないと思うけど、衛生管理も消毒してない物だからやめといてねってこと。

どーしても気になる人は、どこか身の回りで最近南極観測隊に参加した人を探すか、将来の観測隊を目指して頑張りましょう!

南極行くと、氷を掘るついでに流しそうめんしたり、カキ氷にしたり。詳しくは極地研究所のアイスオペレーション@昭和基地NOW!!をどうぞ。
“よりもい”でもキマリ達が参加&食べてたやつですな。

昭和基地NOW!!@極地研究所では、いま南極で観測隊がどんなことやってるかを随時更新中。
南極に興味のある人は時々覗いてみてくださいな。

2020年の春には60次隊がせっせと掘った南極の氷を日本にお届けします♪