川遊びのお供に『河川水位情報』

今日はチビを連れて川遊びに行ってきました→嵐山渓谷バーベキュー場

バーベキュー場としての下見も兼ねてだけど、今日はあくまで川遊びがメイン。
昨日までの不安定な天気も峠を過ぎて今日はいい天気・・・かと思いきや、夜通し大気が不安定な状態が続いたみたいで朝まで雨が降ってるという悲しいスタート。

雨雲チェックはこちら→高解像度降水ナウキャスト@気象庁

まあ局地的な雨だからそんなオオゴトにはなってない&このあと天気は回復するだろうしってことで予定通り行ってたら、さすが夏休みのど真ん中。いい混みっぷりでした!
嵐山バーベキュー場

川の水位も普段に比べてちょっと増し。
川原の低い部分が水没して使える面積が減ってるのもあって余計に混雑してたっぽいですな。
嵐山バーベキュー場2

ちなみに、普段に比べてどのくらい水位が増えてたかがわかるのがこちらのサイト。川の防災情報@国土交通省

「テレメータ(雨量・水位)」を選んで、あとは地図からポチポチと観測点を選んでいけばOK。今日遊んでたあたりの水位はこんな感じでした。
河川水位情報

もちろん遊びに行く川の状況がどうかってのは直接見るのが一番だけど、行く前にどんな状況なんだろ?って思ったときのお助けにはなるかなと。
川によってはライブカメラもあったりするけど、水位観測所に比べると圧倒的に数が少ないのが難点です。
たとえば関東だとこんなサイトから→川のリアルタイム映像@関東地方整備局

ただし、川の管理者ってのは≠市町村なんで、どの川の情報がどこにあるかを調べにくいってのもかなり分かりにくい。見たかったらgoogle先生で「気になる川の名前」+「水位orライブカメラ」で検索するのが手っ取り早いかと。

川に遊びに行くとき、あとは大雨で近くの川があふれないか気になるときなんかにぜひ使ってみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です