カテゴリー別アーカイブ: お知らせ&メモ

メモとかお知らせ。本題以外のやつ。

8月頭に空と南極のイベントありまっせ

前回とはガラッと変わって、今回は自然科学を楽しもうぜ!な話。
8月頭に気象庁と国立極地研究所でそれぞれ一般公開イベントがあるんでご紹介です。

まず、8月1日(水)と2日(木)は気象庁夏休み子ども見学デー

〝子供見学デー〟って名前だけど、もちろん大人も大歓迎。全体的にゆるめな雰囲気ではあるんで、大人はその辺の職員捕まえて聞きたいことを遠慮なく聞いちゃってください。

気象庁内の南極観測チームもブースを出して、南極の氷や防寒服を展示予定。
せっせと南極に向けて旅立つ準備をしてる隊員(ぼく含む)や南極経験者がおもてなしするんで来場の際はぜひお立ち寄りください。
2日の15:00~15:40には南極昭和基地との中継ライブトークも予定してます。

あと毎年人気なのは予報や地震の作業現場を見学するツアー。事前申込みをしてるんで気になる人はお早めに。
いっぱいだったり予定合わなかった人は、少し仲間を集めれば平日に見学することはできるんで改めてどうぞ。
見学について@気象庁

続いて、8月4日(土)は国立極地研究所の一般公開、極地研探検2018

北極と南極で活躍する幅広いジャンルの人が集まる極地研。トークセッションや体験コーナーも豊富でちょっと羨ましくなるほどの充実っぷり。
自然科学にちょっとでも興味があるひとはきっと楽しめるはず。

もちろんこちらも中継しながらのライブトークあり。
しかも一度に北極と南極、地球の両極を楽しめる豪華仕様!

よりもい関連の展示や上映会もあるみたいだし、聖地巡礼の機会にちょうどいいかも。
作中ではあまり触れられなかった、そもそも南極行って何するの?を存分に味わえるかと。

真夏のド真ん中にちょっと南極気分を味わってみてはいかがでしょ(^^)

めざせ!南極気象予報士(決定版)

先週6月22日に文部科学省から出たこちらの報道発表。
第60次南極地域観測隊員等の決定について@文部科学省

第152回南極地域観測統合推進本部総会で第60次南極地域観測隊員の大部分が決定。
その中にはぼくの名前も。

ってなわけで。

今年の11月から、約1年半。
第60次南極地域観測隊(越冬)の一人として南極に行ってきます!

4月に所属部署が変わったことで事実上の準備は始まってたけど、ついにこうして〝決定〟まで来たのは大きなひと区切り。
南極地域観測隊の候補者から正式隊員となる上での最大の障壁〝健康判定〟を無事にクリアしたってことになります。

今の立場はこんな段階↓第60次南極地域観測隊の行動予定@国立極地研究所(以下、極地研)より

わざわざ赤字で「身体検査の進捗により~」と書いてるあたり、いかに重要ポイントかが伝わるかと。
どんな検査をするかは健康判定の検査項目@極地研をどうぞ。

色々と人生初の検査があって面白くもあったけど、もちろん結果が出るまではドキドキ。
どうやら検査の時点で指摘された虫歯の対処でせっせと歯医者に通ったくらいで無事に終わったみたい。

夏期総合訓練(通称:なつくん)もすでに終わり、各隊員は自分の任務に必要な訓練、物資の調達&梱包と慌ただしい準備が本格化。
しらせが日本を出発する11月にかけて怒涛の数ヶ月になる、らしいです。

夏訓では南極地域観測隊が成り立つための仕事や任務について色々と教わったけど、文明圏から離れた場所で昭和基地というひとつの街を維持するだけでもホントに大変なんだなぁと。

南極がどんなとこで、どんなことをしてるのか。

何よりぼくの志望動機の柱である、どんな景色が広がり、どんな自然現象が起きるのか。

その辺をキャッチーでウィットでセンセーショナルに伝えてきます!

…とはいっても、南極に向けて出発するまでまだ5ヶ月くらいあるんで、それまでは日常の気象ネタと南極ネタが入り混じるごちゃごちゃした内容になりそうな予感。
ブレブレな軸のことは気にしないでください(^^;)

やっとこさSSL(https)化

google先生にいつまでもhttpなんてけしからん!さっさとhttps化せんか!と怒られるようになって幾星霜。
やっと重い腰を上げてこのサイトもSSLを導入してhttps化してみました。
そんなメモです。

参考にしまくったのはこちらのサイト
ロリポップ無料ドメインSSL化の手順を分かりやすく紹介@おちパパ日記

ロリポップユーザーなぼくは、ほぼ上記サイトの流れに沿って作業して1時間くらいでhttps化の作業が終わりました。(と思ってる)

上記サイトに無くて調べた追加資料としては、ここくらい。
ワードプレス(WordPress)のhtaccessの場所、作成方法、リダイレクトの設定@Wpdoctor

普段使ってるFTPソフトでhtaccessファイルが見つからず困ったけど、ソフトによってはデフォルトだと非表示になってるのもあるそうな。

そこでロリポップのオンラインFTP機能で探すとあっさり発見。
無事にhttpからhttpsへのリダイレクト設定もクリアできました。

一通りサイト内をうろうろして問題ないように見えるけど、はなして本当に問題がないのかはちょっと怖いところ。

くれぐれも作業前のバックアップはお忘れなく。

天気図好きと、夏休みの学生に。天気図資料、増やしました。

台風でドタバタする中、ひっそりと(?)気象庁公式サイトに掲載された“お知らせ”

「天気図を拡充します」に誘われてリンクを踏むと説明も何もなく、過去の天気図ってページに飛ばされます。

実はこのページが“拡充された天気図”そのもので、今回新しく公開が始まった天気図資料。この過去の天気図で何が変わったかというと大きく2つ。

①天気図が見れない空白期間を解消
②カラー版天気図の高解像度資料を追加

どうやら公式が説明する気なさそうなので、代わりにちょっと詳しく書いときます。

まず、①天気図が見れない空白期間を解消 について。
てっとり早く説明するとこの図の通り。

これまで実況&予想天気図で公開してたのは直近3日間(と予想)の天気図。
これは解析時点で利用可能なデータを使って、限られた時間の中で作るあくまでも“速報”の天気図。
後日、あとから入ってくるデータも合わせて再解析して“確定版”の天気図を作成してて、この確定版の天気図を利用した資料が1~2ヶ月後に公開される日々の天気図です。

これまで実況天気図と日々の天気図の間に“天気図を見れない隙間の期間”があって、少し前の天気図を振り返りたいときに公式サイトからは見る手段がありませんでした。
これがどんな問題を引き起こすかというと…。

8月末に小学生か中学生くらいの子からちょいちょい寄せられる問い合わせ。
「7月末から8月の天気図ってどうやって見れますか?」

夏休みの最後に慌ても仕方ないだろ…。天気は毎日こまめにやることが大事なんだぞ! な~んてオトナの声も出かけるけど、課題に天気を選べば確実に同じことをしたであろう自分自身。
そんなちょっぴりダメだけど、きっと遊びで充実してたであろう夏休みを過ごしてしまった子供たちがこれで救われるはず。

だからといって油断しないでおくれ。
そうじゃないと締切が迫らないとやる気が出ないダメなオトナになってしまうぞ。

人生の反省は置いといて、続いて②カラー版天気図の高解像度資料を追加の話。こっちは天気図好きなオトナに嬉しい話。

ちょっと前に天気図のカラー化が始まったけど、何が不満ってASASの解像度がめっちゃ低い!!
とりあえず今日の15時だとこんな感じ。(元ファイルそのままです)
png形式で100kB以下と軽いのはありがたいけど、文字は読ます気ないとしか思えない低解像度っぷり。いくらなんでももうちょっと解像度あげようよ…。
そんな想いを抱き続けてた人(中の人含む)にやっと朗報です。

過去の天気図で日を選ぶと時間ごとの天気図がズラッと表示。そしてそれぞれの天気図の下にはこんな表示。
従来のpng形式に比べて圧倒的高解像度なPDF形式とSVG形式の天気図も掲載されました。
台風がごちゃごちゃして見にくい今日の天気図でもPDF形式ならこの通り!

実況&予想天気図ページとほぼ同じタイミングで掲載されるんで細かく見たい人はこっちをどうぞ。PDF形式が約600kB、SVG形式が約1.5MBと少し重いのにはご注意を。

ちなみに、いまのとこ過去の天気図へのアクセスはトップにあったお知らせか、各種データ・資料→過去の天気図とたどる必要あり。

不親切なことに実況&予想天気図からリンクは貼られてません。
たぶんそのうち改善されると思うんでしばらくはお気に入りにでも入れて見てやってください…。

「警報級の可能性」はじめました

今日(5月17日)の昼に、気象庁の警報&注意報の表示がリニューアル。

今まではこんな感じでテキスト情報だけだったところに…
内容を視覚的にわかりやすくした「危険度を色分けした時系列」、そして新製品である「警報級の可能性」が追加! 警報&注意報のページから都道府県→市町村と掘り下げていくと見ることができます。
といっても、今日は全国的に天気がいいのであまり見栄えする実例がないです。そのうち差替えよっと…。

これじゃあまり説明にならないので、去年(2016年5月)に「こんなのはじめます」と発表した資料から説明を拝借。
【報道発表資料】「警報級の可能性」など新しい気象情報の提供に向けて@気象庁

「危険度を色分けした時系列」は見たまんまの資料。
今まで表示していた内容はそのまま、ぱっと見やすく図表化したものです。

一方、まったくの新製品なのがこちらの「警報級の可能性」。

いままで注意報や警報は基本的にON/OFF情報。でも、「発表に踏み切るほどしないけど何か怪しい。気持ち悪い…」ってことも確かにある。
警報みたいな影響の大きい現象の可能性があるときは、そんな予報担当者の“気持ち悪さ”も伝えていこうって情報です。

可能性「中」とか曖昧でわからん、ハッキリしろ!なんて声が出てくるのはもちろん承知。
それでも、不確実性があることは踏まえた上で備えるきっかけにしてほしい。
そんな想いが込められた情報になってます。

あとは、目先の現象に対して出してる注意報や警報と違い、5日先まで対応してるというのも新しい取り組み。
週間予報という少し先の領域に対して今の予報技術でどこまで精度良く発表していけるかというのはなかなか難しいところですが、「中」が登場したらとりあえず心の準備。
まずはそんな感じで見てもらえればいいかなと。

リーフレット「気象警報・注意報をより見やすく!より分りやすく!」も参考にどうぞ。

そして、今回のリニューアルに続いて7月には大雨・洪水警報の高度化も行われる予定。
気象庁の予報現場はなかなか激動の2017年です…。

大雨・洪水警報の高度化についてはまた改めて取り上げるつもりだけど、気になる方はこちらをどうぞ。
【報道発表資料】雨による災害発生の危険度の高まりを評価する技術を活用した大雨・洪水警報や大雨特別警報の改善、及び危険度分布の提供について@気象庁
リーフレット「大雨警報・洪水警報の危険度分布~気象災害から命を守るために~」 @気象庁

これらの取り組みは2015年にまとめられた「新たなステージ」に対応した防災気象情報の改善に対応したもの。
また気象庁の情報増えたよ…なんて気がしないでもないけど、使えそうなら使ってやるか、くらいのつもりでまずは見てもらえると現場のひとりとしてありがたいです。

関東~東海の大雪注意報&警報基準、変えました

北海道でいつもより早めの冬到来が話題になり、東北でも初雪が次々と観測。
そして今日、関東でも木枯らし1号。

着々と季節が進む中、雪が少ない本州の太平洋側でも冬の備えが進行中。
気象庁は今シーズンから関東~東海地方の大雪注意報&警報の基準を見直す(引き下げる)ことを発表しました。
<関東地方及び東海地方等の少雪地における大雪警報・注意報基準の見直しについて@気象庁2016/11/8>

どう変わるかというと、こんな感じ。snow-warning_01snow-warning_02

たとえば東京23区だと、注意報基準5cmはそのまま、警報基準は20cmから10cmへと半分に。
ついでにこれまでは24時間で○○cmだったところが12時間で○○cmと時間幅も短くなったけど、太平洋側の大雪は丸1日降り続くなんてことはまずないからこっちはおまけみたいなもんです。

発表資料じゃ「これで早いタイミングで警報出すことが~」と唄ってるけどホントに大事なのはそこじゃない。
一番大事なのは「これまで注意報しか出してないけど影響が大きかった現象に対して、ちゃんと警報を出すようにします」ってこと。
どの程度の現象でどれだけ社会に影響が出て、「注意してください」「警戒してください」の基準はどの辺が適切なのか。
その見直しをしたって話です。
(都心で10cmも積もればそりゃ大騒ぎ。今までの基準が高すぎただけ、なんて話な気もするけど…)

snow-warning_03発表資料にはあの時の事例じゃこれだけ警戒が早くなりますよ、なんて資料もあるけど、雪に対する耐性が弱すぎな太平洋側の大都市圏じゃ前日までにちゃんと大雪への警戒を呼びかけれるかが勝負所。

雪の可能性があるときには注意報や警報の前に地方気象情報府県気象情報が出る(はず)なんで雪対策の心構えにはこっちをどうぞ。

ただ、大雪になるような時でも気温が0℃前後で、1℃予想がズレるだけでただの雨から大雪まで結果が大違いになる関東の雪予報は最難度を誇る気象イベント。
多少言い訳をはさみたい気はするけど、こんな話が出ても胸を張って反論できないのが現状です…。
<東京の積雪予想 7割的中せず@ウェザーマップ>

関東の大雪予想の悩ましさについては<予報が難しい現象について(太平洋側の大雪)@気象庁> にサラッとまとめてあります。
しっかり知りたい人は12/10に気象庁で開催される<シンポジウム「関東の大雪に備える」>がオススメ。
事前予約は不要、そして無料です。
ちょっと難しい内容も多いだろうけど、興味のある人はぜひどうぞ。

正直なとこ、ぼくとしては関東の雪よりちゃんと降るべき所にどれだけ降るかの方が気になるけど…。
さて、初滑り&初雪山登りはどこにしよう。
群馬エリアの武尊牧場スキー場は今シーズンで営業をやめるみたいなんで最後に滑っときたい人はお忘れなく!
<BOKUJO!38年間ありがとうキャンペーン!>

竜巻注意情報が(ちょっとだけ)細かくなります

昨日(11/3)うまれた台風23号。
北海道じゃ大雪の話題も出てきたけど、台風の生まれ故郷である南の海はまだ夏の余韻が残ってポッカポカ。
平年値でみると11月はまだ2個くらい台風が発生して、2年に1回くらいは日本のどこかに近づいてきてもおかしくない季節です。
日本に張り出す高気圧のおかげで今回の23号は特に影響がなさそうだけど、頭の片隅には台風のことをいれてやっといてください。
taifu-number台風の発生、接近、上陸、経路@気象庁より

もちろん、この時期は来るかどうかわからない台風よりも、確実に繰り返しやってくる北からの寒気のほうが影響たっぷり。
秋の比較的暖かい&湿った空気が残る中に、冬の寒気が流れ込むこの季節。
雨の量としては夏にかなわないけど、雷や突風、雹といった短い時間に変化する激しい現象は今が旬です。

気象庁が出す竜巻の情報といえば竜巻注意情報
※よく間違えられるけど“注意報”じゃなくて“注意情報”です
●●県じゃ今まさに竜巻がおきやすいですよ!とお知らせするこの情報。
12月15日から県をいくつかに分割したもう少し細かいエリア毎に出すように変わります。
tatsumaki-kaizen
竜巻注意情報の改善について@気象庁2016/11/4より

ただ、細かくなるとはいっても●●県の北部、南部といったザックリした情報。
同時に精度も今までよりそれなりに良くなる(はず)とはいえ、危険を察知するのも対応するのも各個人の五感と判断力によるところが圧倒的に大きい状況は変わりません。

この時期の天気急変の主役、寒冷前線は様々な視点でとっても分かりやすい現象。
山だけでなく普段の生活でも気にしておくと急な雨や寒さにビックリする必要もないのでぜひチェックを!
天気図レーダー衛星画像はお天気三種の神器です。

“テンキノススメ”はじめました

この仕事について、山を好きになって、色んな人に出会って。

いつからか「天気のノウハウをみんなに伝えるようなことがしたいなぁ」と思うようになってた。

それから結構時間が経った気がするけど、やっとこさ重い腰を上げてこのサイトを立ち上げてみました。

天気&予報を理解するためのツボを整理して、ちょっとずつ公開していくつもりです。

みんなの、特にアウトドアを楽しんでる人の役に立つサイト目指してがんばります!