カテゴリー別アーカイブ: 読書ノススメ

天気や山についての本の紹介 。マンガも含みます。

【読書感想文×2】南極で生き物を愛した人と、空を愛した人

最近は何かと南極絡みの本を読むことが多いけど、今回はその中から印象深かった2冊をご紹介。

まずは田邊優貴子さんによる〝すてきな地球の果て〟

よりもい(宇宙よりも遠い場所)見てて、「あ、これは…」と思った。
こうすればもっと分かりやすいかと。

たぶん、よりもい作中で報瀬の母、貴子が書いた本である〝宇宙よりも遠い場所〟デザインのモチーフだろうな~と。
狙ってか、名前も田邊優貴子と小淵沢貴子で似た雰囲気。

田邊優貴子さんは極地を中心に活躍する生物学者さん。

…ってことだけは知ってたけど、よりもい見た時点でまだ読んではなかった(^^;
で、今回の更新になったわけ。

極地に向かうきっかけから、実際に南極と北極に行って出会った感動を生き物との関わりを中心に綴った手記的な雰囲気の強い1冊。
本当に極地が好きで、生き物が好きで、この世界が好きで。
そんな溢れ出る気持ちがよく伝わってくる素敵な本。
南極に興味があるなら一度読んで損はしないはず。
もっと早く読んどけばよかったな~。
よりもい視点でも色々思ったけどそれは後で。

この本の難点をあげるとすれば手記的な要素が強いんで、あらかじめ南極や北極の写真や映像をそこそこ見てればすんなりリンクするけど、前知識がない状態だともしかすると入り込みにくいかも??

パートごとにまとまって素敵な写真も数多くのってるけど、あくまでもメインは文章を通して田邊さんの感動を追体験するって本な気がしました。

そこでもう1冊のオススメをご紹介。

こちら、武田康男さんによる〝世界一空が美しい大陸 南極の図鑑〟

武田康男さんは〝南極の空を見る&撮る〟ことを目的に南極を目指した空の写真家。
個人的にかなり親近感を感じる動機ですw

こっちは素直に主題は〝南極の自然の写真集〟で、写真に筆者の想いや解説が付く形。
目の前に広がる圧倒的な自然を切り取った作品がズラリと並んでます。
南極ってどんなとこだろ、と思ってる人は先にこっちをみた方が分かりやすくていいんじゃないかなと。

田邊優貴子さんと武田康男さん。

同じ南極を舞台にしていながら、生物学者と空好きが見る景色の違い。
もちろん重なる視点もあるけど、やっぱり生き物を見ちゃう人と、空を見ちゃう人。
手記と写真集という表現の違い。
あと、田邉さんは夏の南極だけ。武田さんは越冬隊として丸ごと1年の南極って違いも。
読み比べるととても面白い2冊なんでぜひセットでどうぞ。

さて、ここからはちょいとアニメ好き属性強めな話を。

よりもい見てない人はなんのこっちゃ、だと思うんでスルーしちゃってください。
できればよりもい見てからまたどうぞ。
アニオタ以外が見ても面白いっすよ!(たぶん)

報瀬母・貴子のモデルの1つになったであろう田邊優貴子さん(少なくとも本においては)。
田邊さんは生物学者、貴子は作中から察するに天文系の人。
学問のジャンルは違えど、〝すてきな地球の果て〟を読むときっと貴子の〝宇宙よりも遠い場所〟もこんな南極への好奇心と感動と愛情に満ち溢れた本だったんだろうな~と思う。

でも、そんな本を残して母:貴子は南極から帰ってこなかった。
そして取り残された娘:報瀬。

当然本を読んでも母の想いや感動を素直に感じられるはずもなく、ただ戸惑うばかり。
意を決して南極に向かうも、実際に南極に立ってもその気持ちは変わらない。

戸惑いもがき続ける中、仲間の助けでついに長年の想いが溶け出し決壊した報瀬。

作中では描かれなかったけど、きっと帰ってから(あるいは帰りの船旅で)お母さんの〝宇宙よりも遠い場所〟を読み直したんだろうなぁと。
どんな気持ちだったんだろう。
ちゃんとお母さんの想いは伝わったかなぁ。

あぁ、そんな想像をするとまた涙が…。

ってな感じで、よりもい という作品を味わう上でも〝すてきな地球の果て〟は結構意味のある1冊だと思う。
よりもいを楽しんだ人はぜひ手にとってみてください。
ホントに南極に行きたくなるかも!?

【読書感想文】雪崩教本 by 雪氷災害調査チーム&雪崩事故防止研究会

最近すっかり放置してたこちらのブログ。冬が始まってネタはいっぱいあるのにアウトプットがまったくもって間に合いってない!冬までに冬の気象をまとめたいとか思ってた時期がありました…。反省。

さて、久しぶりの話題は雪崩に関する新しい本が出たのでその感想です。

こちら、12月1日に発売されたばっかりの『雪崩教本』

“雪崩教本”と冠するだけあって、
1章 気象、雪、雪崩の科学的な話
2章 どう雪崩の危険性と付き合うか(リスクマネジメント)
3章 雪崩に巻き込まれたどうするか(レスキュー)
といった3段構えで、雪崩に対する知識を一通り網羅する内容になってます。

著者は日本雪氷学会北海道支部を母体とする雪氷災害調査チームと、雪崩に関する知識・対策の普及啓蒙をする任意団体の雪崩事故防止研究会
どちらも北海道に拠点を置く団体で、北海道の雪山を愛する人たちの集まり。
雪氷災害調査チームは2015年には山岳雪崩大全も刊行してます。

山岳雪崩大全は山岳大全シリーズらしくかなりの分厚さ!
内容もみっちり&結構マニアックなところもあって、雪山についてちょっと勉強してみようと軽い気持ちで最初に手を出すと挫折しかねない雰囲気を醸し出しています…。

そんな山岳雪崩大全から基礎&重要なところを抜き出してギュッと濃縮したのが今回の雪崩教本って雰囲気でした。
本の厚みは半分、お値段も半分と手を出しやすくなってるので山岳雪崩大全を手に取りかけて躊躇した人も雪崩教本ならきっといけるはず。
…とはいえ、あいかわらず結構マニアックな内容も含まれてるので、全部理解しようとはせず難しとこは流し読みでいいと思います。

ただ、全体的にいい本だな~とは思ったけど2章の雪崩リスクマネジメントのところはちょっと物足りなく感じたのが素直な感想。

雪崩について科学的な知識を持つのも大事だし、道具やレスキューも大事なんだけど、実際に雪山で行動する際に最も重要なのは『どう判断して、どう行動するか』ってとこじゃないかと。
本のボリュームの制約はあれど、もう少し詳しく記載してもよかったんじゃないかなぁ。

この辺の話は日本雪崩ネットワークが刊行した『雪崩リスク軽減の手引き』が詳しく載ってます。
ちょうど間もなく12月20日に増補改訂版が出るので雪崩教本と合わせて読むとバッチリかと。

あと、雪崩教本の最初には気象の話も載ってるけど、こちらもさすがに雪崩教本の内容だけでも心許ないところ。
気象の勉強もいきなり山岳気象大全みたいな重厚系に挑むんじゃなくて、まずは広く浅く日々の気象に親しむくらいの本にしておくのがいいと思います。
一般的な気象の知識を得て、プラスアルファとして山ならではの気象を学ぶってイメージで。

2011年とちょっと古いけど、気象入門には『史上最強カラー図解 プロが教える気象・天気図のすべてがわかる本』がぼくの好み。広く浅く、かつ系統だった内容でなかなかバランスいいです。

↑の本をひと通り読んで、実際の日々の天気の感じ方が変わった上で上級編の山岳気象大全に挑んでください。
高層天気図なんかも登場して気象予報士的な視点&知識も含まれるので、最初に読むとかなりの確率で挫折する気がします…。

火山との付き合い方

ちょっと前(4/25)のネタだけど、内閣府が火山への登山の注意点を動画にまとめたみたい。
それが公開されてるのがこちらのサイト。
7分半でコンパクトにまとまってるんでぜひ1度どうぞ。
火山防災に関する普及啓発映像資料@内閣府

いい感じにまとまってるけど実際にどこに関連する情報があるかってのは詳しく解説してなかったんで、そこだけ少し補足しようと思います。

まずは狙ってる山が火山かどうかを知らなきゃ始まらない。

身も蓋もないけど、木々が生えてなくて、ガスでも出てるようなら文句ナシの火山。
そんなの当たり前だと言いたくなるけど「噴火しない火山はない」ってことも自分に言い聞かせとくのもお忘れなく。
近年の噴火記録なんかはGoogleで検索かけてWikipediaで調べるのが一番手っ取り早いです。

山好きな人ならこの本なんかもオススメ。


何がいいかって、一般的な山のガイド本は麓から眺めた山の姿&地形図ってのが定番。でも、この本は〝火山図鑑〟というだけあって火口周りの空撮写真集。違う切り口の山のガイド本としても使えちゃう。
当然ながら火山な山しか載ってないけど…。

もちろん基本的な火山の知識も載ってるからまさしく一石二鳥。こんな形してたのか、登山道こうなってたのか~と新しい発見もあると思うんでぜひ見つけたら眺めてみてください。

続いて第2ステップ

内閣府動画でも紹介されてた火山登山者向けの情報提供ページ@気象庁から火山の最近の様子をチェック。

噴火警報(噴火警戒レベル2以上)が発表されてると連動して入山規制がかかってるはずだからそもそも登ろうとしないだろうけど、問題なのは「警報は出てないけど最近ちょっと元気」な状態。

ザックリした目安として、火山解説情報(臨時)という情報が出てると「ちょっと気になるんで急いでお知らせしときますね」って意味なんで危険察知スイッチを入れといた方がいいです。

火山に対して様々な観測機器で顔色悪くない?熱ない?ちょっと呼吸荒いけど…みたいなことをして、本格的に体調を崩す予兆を捉えようってのが噴火予知。
でも御嶽山みたいに火山としては「ちょっとしたくしゃみ」程度の噴火でも人にとってはとんでもない脅威。
「は…は…はくしゅっ!」の「は…は…」を捉えるのは容易じゃないです。
いまの技術じゃ噴火をキッチリ予測できて事前に噴火警戒レベルが上がってる、って状況は期待しすぎない方がいいだろうなと。(※表現は自重)

もちろん、こんなことばっか言ってゼロリスクを求めたらたらどこの山にも登れない。
山に登る以上、火山に限らずその山にどんなリスクがあるから事前に調べて、登りながら頭の片隅でイメージしときましょ、って話でした。

無責任に人に勧めるわけにもいかないけど、ぼくは火山への登山はかなり好き。
地球、生きてるぞ~!!って力に溢れてる場所なんで。
あわせて、下山後の温泉という偉大な火山の恵みを調べるのもお忘れなく♪

君の名は。2周目

今回は山も天気も関係ない話。
ほんのちょっぴりなくもないけど。

記録的な大ヒットとなってる映画『君の名は。』
だいぶ乗り遅れてから見てみたけどそりゃもうお気に入りになりました。

ストーリーはもちろんだけど、和テイストの強い世界観、丁寧で美しい自然描画もとっても好み。
ほんとに空や木々、山の描画がとってもきれい。
もうちょっと早く、紅葉の時期に見ればよかったなぁと。
※今回、山と天気が関連するのはここだけですw
元々ストーリ性の強い曲が多いRADWIMPSは好きだったけど、この作品にもほんとピッタリでRAD好きとしても感動モノ。

そんなお気に入りになった映画を補完する内容ってのを耳にして気になったのがこちらの文庫本。

本編(映画)を文庫本化したものあるけど、こっちは『Another Side』。
瀧、テッシー、四葉、三葉の父(俊樹)って4人それぞれの立場から本編とは異なる視点でみた世界。
映画の中で一瞬切り取られたシーンの裏に何があったのか、各々が何を考えて過ごしてたのかを知ることができる内容でした。

特に四葉&三葉父の章は「宮水」のなんたるかを掘り下げる内容で、本編後半のストーリーの理解をぐっと深める、そして見事なまでに鮮やかに本編の流れに収束していく物語。
思わず「これがムスビってやつか・・・」と感嘆させられちゃいました。

そして、そうなるともう一度映画が見たくなるわけで。

見事にハメられたと自覚しつつ、2度目の映画鑑賞w
初回は当然ながら瀧&三葉の物語として見たけど、Another Sideで知った背景のおかげでさらに複雑で広がりのある物語としてみることができたなぁと。
もちろんめっちゃ面白かった&もっと作品が好きになりました。

君の名を。を見て気に入った人にはAnother Sideを読んだ上での2回目、とってもオススメです!

読書ノススメ ~タモリ倶楽部編~

9/9のタモリ倶楽部は気象庁内にある本屋さん、津村書店が登場。
お天気好き以外にも見た人が多いと思います。

正真正銘“気象庁の中”にある本屋さんなのでちょっと手続きがいるけど、職員以外の人も利用可能。
津村書店以外にも普通に利用できる施設として、気象庁の広報施設である気象科学館や食堂(大手町としてはかなりの安さ、味は…あまり期待せずに)、意外なところでは吉野家もあったりするんで興味のある人はぜひ一度訪れてみてください。
受付で上記の中のどれか、「●●に行きたいんですけど」と伝えると入館証(要返却)を渡してくれます。
あと、こっちは団体(5名以上)かつ予約制になるけど気象庁の見学名所:予報現業室の見学もできるんで気になる人は見学案内をどうぞ。

さてさて、それでは気象の専門書がズラリと並ぶ津村書店からどんな本が紹介されたのかを見てみます。

まずトップバッターはテレビの天気予報でもおなじみ、ひまわり8号を扱った『ひまわり8号 気象衛星講座』。

ひまわり8号がどう進化して何ができるのか、そして衛星画像の使い方をまとめた本。
むしろ、衛星画像の使い方のテキストとしての色の方が濃い一冊。

衛星画像について勉強するぞ~!と燃える人なら買ってもいいと思うけど、最大のネックはそのお値段。
発行部数が少ない専門書の宿命とはいえ、ちょっと気軽に買える額じゃないです。
タイトルにひまわり8号を冠してはいるけど、運用開始後まもなく発売された本なので掲載してる事例・動画が前ひまわり世代の物が多いのもちょっと物足りない点。

そこで衛星画像について勉強したいって人にとりあえずオススメなのが、気象庁内の組織である気象衛星センターがまとめたテキスト『気象衛星画像の解析と利用』

平成12年刊行と古い本だけど、衛星画像の利用の基礎は今も変わってません。
基本となる「可視画像」「赤外画像」「水蒸気画像」について学ぶにはこれでも十分。
何よりタダ!(PDF形式でダウンロードできます)

さすがに時代が時代なんで白黒だしちょっと画像も荒いけど、衛星画像の使い方について勉強してみたい人は目を通して損はない内容です。
もうちょっと肩の力を抜いて見たい人は、巷にいっぱいあるカラー写真たっぷりの一般書を手に取った方がいいかと。
あとはひまわりリアルタイムWebあたりで日々の衛星画像と天気図を眺めるのみ!

続いて出てきたのは日本の気象学のバイブルである『一般気象学』。
大学や職業として気象に関わる人で知らない人はいない一冊です。(持ってるかどうかは別)

ただ、絶対に間違えてはいけない注意点として…お天気について勉強してみたいな、といったノリで最初に手に取る本ではありません!!

そんなことしたら序盤から心がへし折れること間違いなし。
あくまでも大学基礎レベルの『気象学の教科書』であることを忘れずに、まずは本屋でパラパラっとめくってから買うかどうかを決めましょう。
間違っても勢いでアマゾンでポチったりしないように。

木原さんが一般気象学の代わりに教科書として使っていたという『新・天気予報の手引』は…しっかりと読んだことがないのでノーコメントで。

そして最後に登場したのが『天気図の散歩道』。

天気図についてなるほど~なことからトリビア的なネタまで天気図愛に溢れる1冊。
これぞまさしく天気図マニアの天気図マニアによる天気図マニアのための本で、こちらもお天気入門時に手に取る本じゃないです。
でも、天気図の概要がわかってから読むと本当に面白い本なので、ぜひ読んでみたい本リストに加えておいてください。

以上の4冊がタモリ倶楽部で紹介された本。
さすがタモリ倶楽部、どれもお天気入門として最初に手に取る本にオススメはできませんw

そこで最後に、天気・気象について勉強したいと思った時に何を読めばいい?な話を少し。

気象予報士関連も含めて本屋の自然科学・気象コーナーに行けば気象の本はかなりの量があります。
手にとって自分の好みに合った本を…というには多過ぎる量。

その中で、ぼくがお天気入門への最初の本としてオススメするなら『史上最強カラー図解 プロが教える気象・天気図のすべてがわかる本』になります。

オススメする理由は以下のとおり。

まずは見た目。
全ページカラーで写真・図が豊富なこと。
やっぱり綺麗な方が最初にイメージを掴みやすいのはまちがいなし。
写真・図が多いというのは“最初の1冊”には欠かせない要素です。

そしてもちろん内容も。
広い守備範囲をちゃんとした項立てがあるのがナイス。
この本はこんな構成になってます。

第1部 天気図を読み解こう
 第1章 天気図と衛星画像
 第2章 日本の四季
第2部 天気予報ができるまで
 第1章 データ観測と解析
 第2章 天気予報の発表
第3部 地球の気象を知ろう
 第1章 大気現象のしくみ
 第2章 環境問題と異常気象

天気図と衛星画像で日本全体のざっくりとした四季を知り、観測を含め天気予報がどうやって作られるかを知り、最後にその背景として“気象学”を少し学ぶ。
実際に読んでみて、なかなかうまい構成だと感心しました。

特に第2部では「気象予報士ってどんな仕事?気象予報士 岩谷さんの1日に密着!!」というコーナーがあり、実際の気象予報士の活動が詳しく載っているのはこの本の大きなオススメポイントです。

予報の基礎となる観測についてもちゃんと扱っているのも好印象。
特に予報士試験を意識した本だと観測はあっさりしてることが多いけど、お天気好きとしては観測と予報の両方を知っておいたほうが理解が進みやすいと思います。

「環境問題と異常気象」が最後になってるのもぼくの好み。
ここをやたら煽って基本となる話のスペースが奪われてる本も結構ある気がするので・・・。

「山の天気」の本についても紹介したいとこだけど、山の天気も普段の天気も基本は同じ。
一般的な天気の応用編として山の天気がある、そんな感じです。
だから、一般的な天気を理解せずに山の天気を理解しようとするのは無駄に難易度を上げるだけ。
まずは普段の生活で身の回りの天気から考えるクセをつけると、山の天気のスキルも自然に上がってきます。

そんなわけで、お天気・気象について勉強してみたいけどどうしたらいいのやら??な人は、ぜひ本屋で一度手に取ってみてください。

「山の天気」についての本の紹介もそのうち。

【追記】
津村書店では実店舗のほかにも通信販売も対応!
気象庁のマスコットキャラ「はれるん」の各種グッズも買えちゃいます。
天気の御守りとして山のお供にいかがでしょ?

※ご利益の有無については一切不明です