タグ別アーカイブ: シアー

やまない雨はない。でも、しつこい雨はある。

昨日、3月9日夜の関東の雨。
オホーツク海&本州の東海上の南北・低気圧コンビから伸びる前線はゆっくりと東へ進み、関東地方の雨は日付が変わる頃にはだいたい抜けていく・・・はずでした。

ところが、雨はしつこく残り日付を越えてなお強まる始末。なかなかのハズレっぷりでした・・・。

高解像度降水ナウキャストより

このしつこい雨の原因となったのは、西から進む明瞭なトラフ。
そして、このトラフに捕まってしまった本州東海上の低気圧。9日21時の衛星画像(水蒸気&赤外)

どう予想がズレてしまったのかは天気図からも読み取ることができます。

こちら、9日21時を予想した予想天気図。

そして、こっちが実際に解析して作成された天気図。

日本の東側に南北に連なる低気圧&前線。西は大陸から張り出しつつある高気圧、という全体的な絵柄はそんなに変わらない。

でも、関東地方周辺に着目して比べると大きな違いが。
低気圧の位置は予想よりも南側にとどまり、さらに低気圧から関東地方にのびる気圧の谷(赤点線)。
この気圧の谷は北寄りの風と西寄りの風が接する境目(シアー)になっていて、トラフに反応してこのシアーから北側に雨域が広がる。
そんな構造になってました。

さっさと低気圧やシアーが東に進めば雨は終わり。
でも、移動が遅れるとトラフに捕まって長引く&強まることに。
こうしたちょっとしたタイミングのズレが大きく結果を左右することが時々あります。

ちょっと長引くかもなぁとは感じつつ、ビシッと予測するのはなかなか難しい事例でした…。

休日×好天からの天気急変=事故の元

そろそろ世の中はGWモード。
ただし、もちろん休日だからといって天気予報がお休みになるわけでもなく、予報現場は何も変わらない日々をすごすことになります。通勤ラッシュが無いってのはちょっと嬉しいけど。

そんなGWの初っ端、29日にちょっと気になる予想が。こちら、29日の関東甲信の天気予報。「曇り一時雨」の傘マークが並んでます。

それじゃと29日の予想天気図を眺めてみると・・・なんで雨が降るのかちょっとわからない天気図。
こういった地上天気図でパッと見で分からない現象には、上空の寒気か下層の暖湿気が隠れて悪さをしているのが定番です。

今回は前者の上空の寒気が主役で、予想天気図:FXFEの出番。FXFE5782&5784から500hPaの気温予想を抜き出してみます。
左上から今夜(27日)、明日朝(28日)、明日夜、明後日朝(29日)です。

いま大陸から北日本にかけて居座ってる寒気、その一部が鋭い寒気トラフとして29日に迫ってくることが分かります。このトラフの通過に伴い、寒冷前線とまでは言えないけど明瞭な風の変わり目である“シアー”が関東甲信を通過するのが29日の昼~午後。このシアー通過のタイミングで雨が降る、そんな予想になってます。

このことを踏まえてもう一度予想天気図を眺めてみると、やんわりとした気圧の谷が日本海に描かれてるのに気付いてもらえる、かも。

てっとり早いのは、気象庁が民間事業者(プロ)向けに解説している資料、短期予報解説資料にある“主要じょう乱解説図”を見てしまうこと。今回も日本海を南下するシアーの存在が描かれてます。(シーアーと書いてあるけど前の「ー」は見なかったことに・・・)
短期予報解説資料は地球気@日本気象株式会社などのサイトで見ることができるので、天気予報を深く読む&勉強するにはぜひ活用してください。

話をちょっと戻して、今回予想されてる雨の特徴としてとても重要なのが「天気の急変」になりそうなこと。

だんだん雲が広がって→雲が厚くなって→雨が降り出して・・・といった変化ではなく、午前中は晴れ→午後から急に強い雨(標高高いと吹雪)!雷も!?といった急激な変化になりそうです。天気図には表現されてないけど寒冷前線の通過をイメージしてもらえればいいかと。

人が多く動くタイミングで、朝は天気が良かったけど午後から天気が急に・・・というのは山に限らず一番事故が起きやすいパターン。
連休始めで山に行く人も多いと思うけど、最新の気象情報をしっかりチェックして慎重な行動をオススメします。

29日の朝に起きて「なーんだ、天気予報は雨とか言ってたのにめっちゃ天気いいじゃん」とか思ったら間違いなく事故フラグ。
夏の夕立のようにいつどこで発生するか予想しにくいパターンとは違い、今回はタイミングが比較的分かりやすいパターンです。

「まさかこんなことが」なんて言わないためにもしっかり情報収集&計画を立てて、事故のない充実したGWをお過ごしください。
天気の急変への心の準備は空の変化に気を配りつつ、高解像度降水ナウキャストがとっても役に立ちます。

等圧線(補助線)ノススメ

明日の関東は1日中つめた~い雨の予想。どのくらい寒いかというと予想気温はこんな感じ。

平地じゃさすがに雨が濃厚だけど、標高が1000mもあればしっかり雪になりそうな低温っぷり。
これは降り終わったら近場の山へ行きたいとこだけど、天気がちゃんと回復するのは28日になってから。今回は寒さに加えて天気の崩れが長いのが特徴です。

雨が降り出してる(はずの)26日朝の予想天気図がこちら。ありゃ?雨が降るのにずいぶん低気圧が遠いなぁ… ってのが今回の天気のツボ。

今日の衛星画像を見ると、まだ九州の南にいる低気圧とは離れた本州の南にもまとまった雲域が。今の天気図からはこの雲域の存在はちょっと読み取れないけど、確かにここには何かある。

この雲域は下層のシアー(風の境界)に対応してて、まだ地味だけどこれからの天気には非常に重要な存在。
改めて26日朝の予想天気図を見てみると、関東の近くで意味ありげな等圧線の凹みが描かれてるのがわかるかと。

天気図の等圧線は4hPaごとに実線で書くのが基本で、スケールが小さかったりまだ顕在化してないと4hPa線だけでは表現できない。
でも、今ココにあるモノを伝えたいのっ!!という天気図描きの想いが溢れると2hPa間隔の破線(補助線)が登場します。
今回みたいな〝無くてもいいように見える〟補助線は、高気圧や低気圧の中心まわりにある補助線とちょっと重みが違う。

今回は、低気圧とは離れたとこにシアーがあるんだよ。これが先に雨を降らせて、そのあとに遅れて低気圧本体が来るから雨が長引くんだよ。そんなメッセージが込められた補助線だったんだろうなと。

天気図に補助線を見つけたら、なんでその補助線を描いたのか想像すると天気図の楽しみ方を広げてくれると思います。
天気図描きには「等圧線を書くんじゃない。天気図を描くんだ。」という名言?迷言?も伝わってるとか。
ぜひその熱い想いを読みとってみてください。