タグ別アーカイブ: FXFE

休日×好天からの天気急変=事故の元

そろそろ世の中はGWモード。
ただし、もちろん休日だからといって天気予報がお休みになるわけでもなく、予報現場は何も変わらない日々をすごすことになります。通勤ラッシュが無いってのはちょっと嬉しいけど。

そんなGWの初っ端、29日にちょっと気になる予想が。こちら、29日の関東甲信の天気予報。「曇り一時雨」の傘マークが並んでます。

それじゃと29日の予想天気図を眺めてみると・・・なんで雨が降るのかちょっとわからない天気図。
こういった地上天気図でパッと見で分からない現象には、上空の寒気か下層の暖湿気が隠れて悪さをしているのが定番です。

今回は前者の上空の寒気が主役で、予想天気図:FXFEの出番。FXFE5782&5784から500hPaの気温予想を抜き出してみます。
左上から今夜(27日)、明日朝(28日)、明日夜、明後日朝(29日)です。

いま大陸から北日本にかけて居座ってる寒気、その一部が鋭い寒気トラフとして29日に迫ってくることが分かります。このトラフの通過に伴い、寒冷前線とまでは言えないけど明瞭な風の変わり目である“シアー”が関東甲信を通過するのが29日の昼~午後。このシアー通過のタイミングで雨が降る、そんな予想になってます。

このことを踏まえてもう一度予想天気図を眺めてみると、やんわりとした気圧の谷が日本海に描かれてるのに気付いてもらえる、かも。

てっとり早いのは、気象庁が民間事業者(プロ)向けに解説している資料、短期予報解説資料にある“主要じょう乱解説図”を見てしまうこと。今回も日本海を南下するシアーの存在が描かれてます。(シーアーと書いてあるけど前の「ー」は見なかったことに・・・)
短期予報解説資料は地球気@日本気象株式会社などのサイトで見ることができるので、天気予報を深く読む&勉強するにはぜひ活用してください。

話をちょっと戻して、今回予想されてる雨の特徴としてとても重要なのが「天気の急変」になりそうなこと。

だんだん雲が広がって→雲が厚くなって→雨が降り出して・・・といった変化ではなく、午前中は晴れ→午後から急に強い雨(標高高いと吹雪)!雷も!?といった急激な変化になりそうです。天気図には表現されてないけど寒冷前線の通過をイメージしてもらえればいいかと。

人が多く動くタイミングで、朝は天気が良かったけど午後から天気が急に・・・というのは山に限らず一番事故が起きやすいパターン。
連休始めで山に行く人も多いと思うけど、最新の気象情報をしっかりチェックして慎重な行動をオススメします。

29日の朝に起きて「なーんだ、天気予報は雨とか言ってたのにめっちゃ天気いいじゃん」とか思ったら間違いなく事故フラグ。
夏の夕立のようにいつどこで発生するか予想しにくいパターンとは違い、今回はタイミングが比較的分かりやすいパターンです。

「まさかこんなことが」なんて言わないためにもしっかり情報収集&計画を立てて、事故のない充実したGWをお過ごしください。
天気の急変への心の準備は空の変化に気を配りつつ、高解像度降水ナウキャストがとっても役に立ちます。

桜咲き、雹降る春

意外と早く桜が咲いたと思ったら、その後が寒すぎてちっとも開花が進まない今シーズン。寒いと桜が長続きしていいなんて話もあるけど、ここまで寒いと花見日和も少なくて困っちゃう。ほんと、全国的にひんやりした3月下旬でした。
前3か月間の気温経過@気象庁より

それでもちゃんと春は来るわけで、気象的な春の名物のひとつが今回のテーマである『雹(ひょう)』
気象庁じゃ『積乱雲から降る直径5mm以上の氷塊(これ未満はアラレ)』って定義してるけど、降ってくる氷の塊で当たると痛いくらい大きいやつ、って認識で大体OKです。

なぜ春の名物かというと、まだ上空には冬の名残りの強い寒気が入る中、下層には春の暖かく湿った空気が入り、大気の状態が不安定になりやすいから。
夏の積乱雲も強力だけど、全体的に気温が上がりすぎてなかなか雹のまま地上まで届きにくい。
季節がさらに進んで秋になると、下層には夏の暖かく湿った空気が残る中で上空に強い寒気が入るため、また雹のシーズンになってきます。

そして今日と明日、まさに『雹日和』の匂いが。

こちら、今朝(2日9時)の水蒸気画像。リンク元で動画(6時間くらいで早く再生)するとわかりやすいけど、日本海の青矢印と大陸の赤矢印、それぞれのとこに怪しげな渦が見えるのがわかると思います。

そしてここで登場するのが高層の予想天気図。『FXFE』で500hPaの気温を見てやります。天気予報でよく「上空約5500mの~」と紹介されてる高度です。今日(2日)9時、水色がマイナス30℃、青色がマイナス33℃線。マイナス30℃線がしっかり日本にかかってて、これだけ強い寒気はこの時期としてはかなりのもの。
さっきの衛星画像に線を重ねてやるとこんな感じ。(手書きにつき多少のズレはご勘弁)

この寒気の下では大気の状態が不安定になりやすく、何かあるとすぐにバチバチと雷がなるエリア。そんな寒気の固まりがこの先どうなるかというと…。(左上から2日9時、2日21時、3日9時、3日21時の予想)

いま日本海にある寒気の固まりが今夜本州に。
さらに、いまは大陸にある寒気も明日の夜に本州にいらっしゃる予想。北側にある大気の流れから切り離され、立派な寒冷渦といった雰囲気です。

こういった上空の寒気が主役の現象はなかなか地上天気図に現れないことも多く、今夜の予想天気図だけを見ても危ない匂いを嗅ぎ取るのは至難の業。
明日夜の天気図には寒気に対応した低気圧が表現されてるけど、これはこれで影響が大きいってことを示してるんでよくない話。

とりあえず、今日明日と外で遊んでる人は天気の急変にご注意を。こんな日に頼りになるのは自分の目と耳、そして雨雲レーダー
雷や雹と聞いたら外に飛び出す悪天好きな人も風邪を引かないように気をつけてくださいw