タグ別アーカイブ: 高層天気図

2つ玉低気圧は融雪の香り

今日(23日)の夕方に発表された暴風雪と高波に関する全般気象情報

中身のメインは「25~27日頃にかけて強い冬型になりますよ。特に北日本の人は気をつけてね!」といったところ。
ただ、雪山好きとしては見逃せない内容がもうひとつ。

それは「25日は低気圧に向かって暖かい空気が流れ込むから北日本でも雨が降って雪解けが進みますよ」ってこと。

現時点(23日夜)で作成されてる予想天気図は24日朝と25日朝。
24日朝に朝鮮半島の西側にある低気圧が25日にかけて発達しながら東進。
と同時に、本州の南側にも低気圧が発生&発達しながら東進。
日本海と本州南岸をそれぞれ低気圧が進む、通称“2つ玉低気圧”って状態になることが予想されてます。

低気圧に向かって暖かい空気が~ ってとこを見るには24日夜の予想天気図が欲しいとこだけど、無いのは仕方ないので高層天気図(数値予報資料)に落書き。

※高層天気図はHBC(北海道放送)さんや地球気さんから見ることができます。どのタイミングでどこに低気圧や前線が予想されるかは地球気さんに載ってる短期予報解説資料が参考になります。

で、これが24日夜の予想資料(FXFE50シリーズ)に低気圧(赤×)と前線を落書きしたもの。
ちょうど2つ玉低気圧状態になったところです。

今のところ南側の低気圧だけに前線を予想してるけど、日本海の低気圧もしっかり発達して前線的な構造は持つ見込み。
細かい解説はおいといて、エイヤと落書きを追加するとこんな感じになります。
赤&青点線が前線的なもの。紫矢印が暖気、水色矢印が寒気の流れ。
南北2段の低気圧でせっせと南の暖気を北に押し上げ、ぐいぐいと暖かい空気が日本海に流れ込む予想です。

じゃあ具体的にどのくらい暖かくなるのかを見るのには上空約1500m(850hPa)の予想気温が載ってるFXFE57シリーズがオススメ。

23日夜には本州にかかっていた0℃の線が・・・

24日夜には日本海中部~青森まで北上する予想!

温度線からざっくり読み取ると、北アルプスエリアでも標高1500mでプラス3℃くらい。
だいたい標高2000mくらいまでは雨かべちゃ雪、そんな気温になることがわかります。

こうして雪山にはベチャベチャな積雪層が形成され、そのまま強い冬型に突入してドカッと乾いた雪が載ることに。

そんな劇的な変化が雪山に襲い掛かる予想です。

今回の一連の現象が落ち着いたあと、美味しい斜面を滑る前にシビアな判断が必要な人はもちろん。
のんびりした斜面で散策を楽しむ人も、少し雪を掘ってみると雪の中に記録された気象の変化に出会えると思います。

気になるけど雪山行けないよ~な人は、日本雪崩ネットワークの積雪観察情報、SPINから現地の情報を覗くこともできます。
データを読み取るにはちょっと勉強が必要ですが・・・。

その辺は雪崩との付き合い方も含めて日本雪崩ネットワーク発刊の雪崩リスク軽減の手引きにイロハがまとまってるので興味のある人はぜひ。
できたてほやほやの改訂版が発売中です。

落書きノススメ(850hPa相当温位の予想図編)

12月末だというのに南からゴッソリ暖気を運んで季節はずれの暖かさをもたらす今回の低気圧。
全国的に悪天だけど、ぼくとしては北海道の大雪が気になるところ。
雨なら流れておしまいだけど、北海道じゃギリギリ雪になるくらいの気温になりそうで、もっさもっさ積もる予感。

どんな予想でどんな影響がってところは全般気象情報地方気象情報が出てるし、テレビの天気予報でも結構とりあげられてるので細かいことは今回ナシで。
そのかわり、とある高層天気図(の予想図)を使って低気圧をもっと楽しもうって話です。

今回使うのは高層天気図のひとつ「FXJP854」。
850hPa高度面(だいたい上空1500m)における相当温位の予想を、12時間ごとに48時間後まで表す予想天気図です。
※相当温位:気温と湿り気をあらわす指数、暖かくて湿ってるほど値が大きい

これは数値予報天気図@気象庁でも見れるけど、専門天気図@HBC地球気@日本気象株式会社Sunny Spotの方が使い勝手いいです。

そして、2016/12/21夜のFXJP854がこれ。
左上が12/22朝、右上が12/22夜、左下が12/23朝、右下が12/23夜の予想図です。fxjp854_20161221-12

昔からある無線FAX仕様の資料なので全て白黒。
古めかしい感じもするけど、天気予報に関わる者にとっては基本の資料となるのは今でも変わらず。
気象予報士試験でもおなじみの資料です。

でも、これを眺めるだけじゃさすがに味気ないので色鉛筆を用意して落書きしちゃいましょう。

FXJP854の相当温位は3K(ケルビン)ごとに細い線、15Kごとに太い線で書かれてるので、
とりあえず太い線に狙いをつけて4つある図の全てで同じ値の線を同じ色で塗ってみます。(今回は330Kを赤、315Kを黄、300Kを水色に)
fxjp01-1fxjp02-1

こうすると、12/22夜にかけて南から暖かく湿った空気がググッと北上した後、12/23には一気に北から冷たく乾いた空気に入れ替わる姿が見えてくる。

さらに、とっても役立つ参考資料を追加。
それは気象庁が民間気象事業者に対して「気象庁はこんな理由でこんな天気図にして、こんなことに注目して欲しいんです」を示している“短期予報解説資料”。
この資料も地球気@日本気象株式会社Sunny Spotで見る事ができて、その中でも注目するのは12時間ごとの低気圧や前線の動きを説明した“主要じょう乱解説図”。
予想天気図と合わせて眺めると、どの低気圧がどう動いて変わっていくのかがとってもわかりやすくなります。
※あくまでも「気象庁は今こんなストーリーで考えてますよ」の資料であって、これが「正解」というわけではないです

jorankaisetsuzu

主要じょう乱解説図でここに低気圧や前線があるのか~、を確認したらFXJP854に戻って低気圧や前線も落書きしちゃいましょう。
(今回は低気圧の中心をピンク印、前線を緑線)

fxjp01-2fxjp02-2

さらにさらに。
風の向きと強さを表す矢羽にそって、空気の流れをエイヤと記入。
「この空気はこっちから流れてきてるのか~」を妄想しながらハッキリいって適当です。
あえてポイントを挙げるなら、風が強いところと、南北への風の流れ(暖気移流と寒気移流)は積極的に書くくらい。(青矢印)
fxjp01-3fxjp02-3

ここまで落書きが進むと、このFXJP854という1枚の資料に天気のストーリーが詰め込まれた感じが出てくるかなと。
高層天気図(予想)にも色々あるけど、48時間後までのストーリーが1枚に収まってるのでぼくはFXJP854が結構好きだったりします。

ここで改めて、地上天気図(実況&予想)を確認。
落書きを通して、天気図に描かれたストーリーが少しでも感じやすくなってれば嬉しいなと。
紙1枚で済む作業なので、メリハリのある天気の時にはよかったら試してみてください。

spas_20161221-21fsas24_20161222-21fsas48_20161223-21