タグ別アーカイブ: 雪

春は雨が少ない≠水不足

今月頭に発表された2017/5の天候@気象庁
東日本と西日本日本海側で降水量がかなり少なく、東京でも5月の月降水量の少ない方から1位の値を更新ってことで少しニュースにもなりました。
5月26日には東日本太平洋側と西日本の少雨に関する全般気象情報なんてもの発表されてます。

そうなると、水不足になったりしない??と気になるのも自然な話。たとえばこんな感じで。
東日本太平洋側と西日本で少雨 日本は無駄遣いができるほど水が豊富ではない国@饒村曜

この記事では日本の降水量は日本海側の雪・梅雨前線による全国的な雨・台風の雨の3本柱といいつつ、あまり踏み込んだ感じがしないので今回のテーマは「雪と水資源」。分かりやすいデータが公開されてて影響も大きい関東で見ていきます。

まず大前提なのが、関東の水不足を左右するのは関東平野にどれだけ雨が降るかではなく、水がめである北関東のダムにどれだけ水が溜まってるかということ。
昨日(6/5)みたいに南関東でどれだけ雨が降ったところで川から海へ流れるだけ。ダムへの影響はあまりありません。(南関東での各種水利用が増えて、といった間接的な影響はあるだろうけど)

そして、梅雨の前はもともと雨が少なく、この時期のダムは雪解け水の影響大。雨が少ない今のダムがどんな状況か首都圏の水資源状況について@関東地方整備局で公開されてるデータを見てみると…赤い線が今年(H29)の貯水量で、今のところ特に問題ない水準。渇水が問題になった去年(青線)と比べるとその差は歴然です。

なんで去年こんなことになってたかというと、冬の記録的な少雪に春の記録的な暖かさで雪解け水の恩恵が早々に終わってしまったから。詳しくは去年書いた「少雪な冬」×「暖&少雨な春」=?をどうぞ。

この間の冬(2016/12~2017/2)はどうだったかというと、全体的には気温高めだったけどちゃんとした寒気が何度も入った冬。北陸沿岸部みたいに標高の低いエリアでは雪が少なかったけど、ダムの上流となる標高の高いとこではしっかり雪が降ってました。
冬(2016/12~2017/2)の天候@気象庁より

そして3月は気温低め、4月以降は気温高めで推移。春山に登ってる人は今年は残雪多めという情報&現状に実際に触れたと思います。この冬の貯金のおかげで今のところ問題なし。
もちろんこの先も雨が少ないようだと問題になってくるだろうけど。はたしていつ梅雨入りするのやら??

雪遊びだけでなく、春~夏の水資源として重要な冬の雪。2015-16シーズンみたいなことがしばらく起きないことを願いましょう…。冬(2015/12~2016/2)の天候@気象庁より

寒気のバトン

11月なのに関東で雪?積雪!?な内容な地方情報が発表されました。
雪に関する関東甲信地方気象情報

雪になるからには当然寒くないとダメなわけで、東京で記録的な低い気温が予想されるのにもわけがある。picsart_11-22-09-54-37

その理由はすでに今日の天気図に。
ただいま、大陸には絶賛寒気溜め込み期間。
この寒気が明日北海道に襲いかかる予想です。
暴風雪と大雪に関する北海道地方気象情報
picsart_11-22-09-06-12picsart_11-22-09-09-52

北海道を襲った寒気は東北あたりまで南下して、しばし休憩。
24日に関東の南にできる低気圧がさらに引き込んで関東で記録的な寒さに。
そんな南北2段構えな構造になってたりします。
picsart_11-22-09-13-30picsart_11-22-09-16-55

北からガッツリ寒気が落ちてくるよ!といった大きな環境場はそれなりに信頼度が高く、その先問題になってくるのが実際に関東の気温がどうなるか、そしてどれだけ降水(雨も雪も含む)があるか。
今回は24日に関東の南にできる低気圧の予想がちょっと不確実性があり、どこまで降るかなぁと頭を悩ませてるのが今の段階です。

関東の雪は
気温2℃→ただの雨
気温1℃→みぞれ混じり、積もるかも?
気温0℃→完全に雪&積もってエラいこっちゃ!
と判断が難しすぎる現象。

正直なとこ、予報がピタリと当たれば担当者はガッツポーズ!なくらいの難易度です。

ちなみに、ホントに東京で降ったり積もったりすればウン十年ぶりの記録的な現象。

明日になればさらに細かい予報や情報が出てくるはず。
歴史的な雪を拝めるかを楽しむくらいの心構えでお待ちください。

次はどっちだ!? 雪vs雨の闘い再び

関東の雪の予報には「どれだけ“水分”が降るか(降水量)」と「どれだけ雪になるか(気温)」を両方ピタッと当てる必要があり、それは今の予報技術じゃかなり難しい。
そんな話を少し前に書きました。(宇宙から見る関東の大雪

1/18は「結構降りそう×気温低そう=大雪!」な予想がピタッと当たった事例。

でも、その一週間後の1/23には「少しだけ降りそう×気温は低い=サラッと雪」の予報が「ほとんど降らず×気温低い=チラッと雪」な結果となり外しています…。

そして今週。
またもや金曜(1/29)~日曜(1/31)にかけて関東一帯の天気予報関係者を悩ます事態になってます。
こちらが1/28と29の予想天気図
fsas24_20160127
fsas48_20160127

1/28には九州の西海上に停滞前線ができ、1/29には前線の上に低気圧が発生。
そして低気圧は東に進み、南岸低気圧が関東付近を通過。
そんな予想になってます。

で、何が降るかが大問題。
今の段階では「平地は雨主体、標高が高いとこは雪たっぷり」が本命の予想。
でも、今の予想より気温が少し下がって再び大雪!に化ける可能性も十分ありえる状況です。
このなんともハッキリしない気持ち悪い状況を、どう世の中に伝えるかが天気予報関係者の悩みのタネであり、腕の見せどころ。

気象庁の1/27夕方の予報では、お天気マークだけ見ると傘ばっかり。
foca_aftomorrow_20160127

傘マークをじぃ~っと見つめ続けるとぼんやり雪だるまが見える・・・なんてことはありませんが、ちゃんと予報文を見ると東京の天気も『雨か雪』になってます。
foca_week_20160127

傘か雪だるまかの天気マークだけでなく、どこの人がどんなことを言うか。
ズバッと勝負に出るか、様々な可能性を絞りきれずにフワッとした表現にするか。
週末にかけての天気予報ではそんな葛藤も楽しんでもらえればと思います。

そして一番大事なのは、雪の予報はハズレやすい!を忘れないこと。

降ったらどうするか、降らなかったらどうするか。
この週末はふた通りの過ごし方を考えておくことをオススメします。

今のところ弱気な予報士より・・・