タグ別アーカイブ: 関東

やまない雨はない。でも、しつこい雨はある。

昨日、3月9日夜の関東の雨。
オホーツク海&本州の東海上の南北・低気圧コンビから伸びる前線はゆっくりと東へ進み、関東地方の雨は日付が変わる頃にはだいたい抜けていく・・・はずでした。

ところが、雨はしつこく残り日付を越えてなお強まる始末。なかなかのハズレっぷりでした・・・。

高解像度降水ナウキャストより

このしつこい雨の原因となったのは、西から進む明瞭なトラフ。
そして、このトラフに捕まってしまった本州東海上の低気圧。9日21時の衛星画像(水蒸気&赤外)

どう予想がズレてしまったのかは天気図からも読み取ることができます。

こちら、9日21時を予想した予想天気図。

そして、こっちが実際に解析して作成された天気図。

日本の東側に南北に連なる低気圧&前線。西は大陸から張り出しつつある高気圧、という全体的な絵柄はそんなに変わらない。

でも、関東地方周辺に着目して比べると大きな違いが。
低気圧の位置は予想よりも南側にとどまり、さらに低気圧から関東地方にのびる気圧の谷(赤点線)。
この気圧の谷は北寄りの風と西寄りの風が接する境目(シアー)になっていて、トラフに反応してこのシアーから北側に雨域が広がる。
そんな構造になってました。

さっさと低気圧やシアーが東に進めば雨は終わり。
でも、移動が遅れるとトラフに捕まって長引く&強まることに。
こうしたちょっとしたタイミングのズレが大きく結果を左右することが時々あります。

ちょっと長引くかもなぁとは感じつつ、ビシッと予測するのはなかなか難しい事例でした…。

関東大雪のしくみ ~2018/1/22東京23cm~

1月22日の関東大雪からあっという間に10日近く。そろそろ書かなきゃ書きそびれそうなのでぼちぼちと…。
今回はちょいと長いんで時間のある時にゆっくりどうぞ。

関東で大雪になった理由、その背景に言及する記事もちらほら出ててコチラはなかなかいい内容。

関東「大雪の方程式」が成立 寒気、海流など条件合致@NIKKEI STYLE

『「大雪」=「ラニーニャ」+「北極振動(極渦)」+「黒潮大蛇行」+α 』
と解説してるんだけど、実際に天気予報やってる立場からすると「+α」のとこがとっても重要!

この記事に書いてるのはかなり広範囲&長期的な視野での話で、大雪イベントが起きる確率が上がる背景といった雰囲気。

じゃ、実際に大雪に至る「+α」は何なのかってのが今回のテーマです。

重要なのは「気温が低いまま、まとまった降水(※)が降る」をどう維持するかってこと。
そんなの当たり前とか言わないで…

※ここでの降水は雨も雪も含んだ降ってくる水分すべての意味

寒気が流れ込む冬型気圧配置じゃ山越えでカラカラになる関東で、この条件を満たすってのはなかなか大変なんです。

まず、〝低い気温〟を満たすには前日までの仕込みが重要。
こちら、大雪前日(21日)の天気図。
オホーツク海に低気圧が居座って冬型気圧配置が持続。
次々と大陸から寒気が流れ込み、日本付近は冷たい空気に覆われた状態。
そこに間をおかずに西から低気圧が接近、この冷たい空気をさらに南に引き込むってのが関東で雪が降る気温を実現する典型パターンです。

ところが…

低気圧は北側の寒気×南側の暖気って構造をしてるわけで、近すぎると暖気が入って雪にならない。
かといって遠すぎるとそもそも降らない。
そんなジレンマが南岸低気圧には常につきまとう。
見事ちょうどいいコースを通ったときだけ関東で雪が降ることになります。

ただし、これはあくまでも〝雪が降る〟だけの条件。
今回みたいに大雪となると、さらにもう少し追加条件が必要。

気温が低いといっても0℃前後が精一杯の関東で大雪(それなりに積もる)には〝しっかり降る〟ことが必須条件。

かといって低気圧本体がくると気温が上がっちゃう。
でも降ってほしい…。

そんなワガママを満たした大雪の時によく見られるのが、低気圧本体から少し北側に離れたとこに形成される〝潜在的な前線〟。
傾圧帯なんて呼ばれ方もします。

こちら22日9時の天気図と衛星画像@ひまわりリアルタイムWEB(NICT)
まだ低気圧は西日本。でも関東の南海上には低気圧本体と離れた雲の固まりがあって、午前中から降水が始まってました。

この雲の塊は夜にかけてずっとこの辺に停滞。
低気圧本体は八丈島の少し南側と比較的離れたコースだったけど、この潜在的な前線の降水域がしっかり北側に広がってまとまった降水に。
18時の天気図を見ると、この傾圧帯は低気圧本体から北東側に伸びる気圧の谷として描かれてたりもします。

紫線が傾圧帯。矢印は下層風のイメージ

さらにこの潜在的な前線、午前中から降水粒子の蒸発によって関東の空気をさらに冷やすって縁の下の仕事もしてたりします。

その様子はつくば(舘野)の高層観測からチェック。
22日朝と夜のエマグラムを比べると、朝はまだ下層ら乾燥&気温はプラス側。
それが夜になると気温が露点側に近づいてマイナス側になってます。sunnyspotさんから引用&加工
※エマグラムの詳しい見方は長くなるのでまた改めて

こうして準備万端で迎えた夕方から夜にかけての降水のピーク。
関東内陸はしっかり冷えた北西~北風、気温場がかなり低めまった今回は茨城~千葉の北風エリアも氷点下。直接海風が吹き込む東端の銚子周辺だけプラスの気温。
こうして銚子周辺を除いて真っ白な雪景色が仕上がったのが今回の大雪でした。衛星画像はMODIS@JAXAから

気温場が低めで、降水まとまるなら大雪っしょ!と予測シナリオを比較的固めやすかった今回の大雪イベント。
全体的にはまさに南岸低気圧による関東大雪の典型例といえる推移だった気がします。
だからといって「○センチ」の予測は簡単じゃないのが雪の難しいとこだけど…。

この辺の話は気象庁がまとめてる量的予報技術資料(予報技術研修テキスト)の『第19巻(平成25年度)第2章:実例に基づいた予報作業の例(南岸低気圧による関東地方の降雪時の気象特性)』にも載ってるんで、もう少し詳しく知りたい人は読んでみてください。

落ち着いて振り返る間もなくまた次のイベントか?なんて心配してたど、次は降水が少なくてオオゴトにはならないんじゃないかなぁ…って雰囲気。
予想が難しい南岸低気圧による関東の雪。
引き続き最新の予報&情報にご注意を。

関東~東海の大雪注意報&警報基準、変えました

北海道でいつもより早めの冬到来が話題になり、東北でも初雪が次々と観測。
そして今日、関東でも木枯らし1号。

着々と季節が進む中、雪が少ない本州の太平洋側でも冬の備えが進行中。
気象庁は今シーズンから関東~東海地方の大雪注意報&警報の基準を見直す(引き下げる)ことを発表しました。
<関東地方及び東海地方等の少雪地における大雪警報・注意報基準の見直しについて@気象庁2016/11/8>

どう変わるかというと、こんな感じ。snow-warning_01snow-warning_02

たとえば東京23区だと、注意報基準5cmはそのまま、警報基準は20cmから10cmへと半分に。
ついでにこれまでは24時間で○○cmだったところが12時間で○○cmと時間幅も短くなったけど、太平洋側の大雪は丸1日降り続くなんてことはまずないからこっちはおまけみたいなもんです。

発表資料じゃ「これで早いタイミングで警報出すことが~」と唄ってるけどホントに大事なのはそこじゃない。
一番大事なのは「これまで注意報しか出してないけど影響が大きかった現象に対して、ちゃんと警報を出すようにします」ってこと。
どの程度の現象でどれだけ社会に影響が出て、「注意してください」「警戒してください」の基準はどの辺が適切なのか。
その見直しをしたって話です。
(都心で10cmも積もればそりゃ大騒ぎ。今までの基準が高すぎただけ、なんて話な気もするけど…)

snow-warning_03発表資料にはあの時の事例じゃこれだけ警戒が早くなりますよ、なんて資料もあるけど、雪に対する耐性が弱すぎな太平洋側の大都市圏じゃ前日までにちゃんと大雪への警戒を呼びかけれるかが勝負所。

雪の可能性があるときには注意報や警報の前に地方気象情報府県気象情報が出る(はず)なんで雪対策の心構えにはこっちをどうぞ。

ただ、大雪になるような時でも気温が0℃前後で、1℃予想がズレるだけでただの雨から大雪まで結果が大違いになる関東の雪予報は最難度を誇る気象イベント。
多少言い訳をはさみたい気はするけど、こんな話が出ても胸を張って反論できないのが現状です…。
<東京の積雪予想 7割的中せず@ウェザーマップ>

関東の大雪予想の悩ましさについては<予報が難しい現象について(太平洋側の大雪)@気象庁> にサラッとまとめてあります。
しっかり知りたい人は12/10に気象庁で開催される<シンポジウム「関東の大雪に備える」>がオススメ。
事前予約は不要、そして無料です。
ちょっと難しい内容も多いだろうけど、興味のある人はぜひどうぞ。

正直なとこ、ぼくとしては関東の雪よりちゃんと降るべき所にどれだけ降るかの方が気になるけど…。
さて、初滑り&初雪山登りはどこにしよう。
群馬エリアの武尊牧場スキー場は今シーズンで営業をやめるみたいなんで最後に滑っときたい人はお忘れなく!
<BOKUJO!38年間ありがとうキャンペーン!>

次はどっちだ!? 雪vs雨の闘い再び

関東の雪の予報には「どれだけ“水分”が降るか(降水量)」と「どれだけ雪になるか(気温)」を両方ピタッと当てる必要があり、それは今の予報技術じゃかなり難しい。
そんな話を少し前に書きました。(宇宙から見る関東の大雪

1/18は「結構降りそう×気温低そう=大雪!」な予想がピタッと当たった事例。

でも、その一週間後の1/23には「少しだけ降りそう×気温は低い=サラッと雪」の予報が「ほとんど降らず×気温低い=チラッと雪」な結果となり外しています…。

そして今週。
またもや金曜(1/29)~日曜(1/31)にかけて関東一帯の天気予報関係者を悩ます事態になってます。
こちらが1/28と29の予想天気図
fsas24_20160127
fsas48_20160127

1/28には九州の西海上に停滞前線ができ、1/29には前線の上に低気圧が発生。
そして低気圧は東に進み、南岸低気圧が関東付近を通過。
そんな予想になってます。

で、何が降るかが大問題。
今の段階では「平地は雨主体、標高が高いとこは雪たっぷり」が本命の予想。
でも、今の予想より気温が少し下がって再び大雪!に化ける可能性も十分ありえる状況です。
このなんともハッキリしない気持ち悪い状況を、どう世の中に伝えるかが天気予報関係者の悩みのタネであり、腕の見せどころ。

気象庁の1/27夕方の予報では、お天気マークだけ見ると傘ばっかり。
foca_aftomorrow_20160127

傘マークをじぃ~っと見つめ続けるとぼんやり雪だるまが見える・・・なんてことはありませんが、ちゃんと予報文を見ると東京の天気も『雨か雪』になってます。
foca_week_20160127

傘か雪だるまかの天気マークだけでなく、どこの人がどんなことを言うか。
ズバッと勝負に出るか、様々な可能性を絞りきれずにフワッとした表現にするか。
週末にかけての天気予報ではそんな葛藤も楽しんでもらえればと思います。

そして一番大事なのは、雪の予報はハズレやすい!を忘れないこと。

降ったらどうするか、降らなかったらどうするか。
この週末はふた通りの過ごし方を考えておくことをオススメします。

今のところ弱気な予報士より・・・

宇宙から見る関東の大雪

1/17夜から1/18朝にかけて関東で大雪になって世の中を騒がせたのは皆さまご存知の通り。
どこにどのくらい積もったのか知りたくなるのがお天気好きの性だけど、悲しいことにあまり雪が降らない関東には気象庁のアメダス積雪計はポツポツとしかありません。
amedas-snow_201601180600

リアルタイムだとウェザーニュースのウェザーリポートが楽しいけど、後から見れないのがちょっと残念。
そこで、積もった深さが分かるわけじゃないけど、どこに積もったがよくわかる資料のご紹介です。

まずは気象衛星ひまわり
vis_20160119113000

可視画像を動画で流すと、関東平野に全く動かない怪しい白い影が。
霧もほとんど動かないけど、ここまで全く変化がないってこともない。
これはきっと雪だ!
でも、悲しいかな気象庁サイトに掲載されてる解像度だと拡大してもよくわからない。

そこで衛星好きにオススメなのがNICTのひまわり8号リアルタイムWeb
ひまわりのフルディスク画像をほぼリアルタイム&高解像度で見れる素敵すぎるサイトです。

hima-web_20160119-1200

これならかなりクッキリ!
宇宙から見たらこんな感じと思うとぜひ一度は生で見たくなる。

さらに、ひまわりよりさらに細かい解像度250mメッシュを誇るMODIS@JAXAをチェックしてみると…

modis-tokyo_201601191040

高解像度と見たいものを見やすく波長帯&配色を調整してるMODIS画像では関東平野の積雪状況が本当にくっきり!
群馬と栃木から関東南部にかけて帯状の積雪域があるのがよ~く分かります。
なんでこんなV字型の分布になったか、その理由はgoogleマップの地形から探ることができます。
kanto-map

雪は標高の高いところじゃなくて、むしろ標高の低い川沿いな分布。
これは地表付近に溜まった冷たくて重い空気、“滞留寒気”(滞留冷気とも)の仕業です。
夜間&降水で冷えた空気が地表付近に溜まり、その冷たい空気がある場所では雪が解けずに雪のまま降ることに。
そして、関東平野の東側で全然雪が積もってないのは比較的暖かい海からの北東風が入ってたから。
海風がはいる場所だと雪は落ちてくる途中で解けて雨になっちゃいます。
東京~横浜の沿岸部も少し積もってたはずだけど今日の南風で溶けたかな?
都市部過ぎて分かりにくいって理由もあるかもしれないけど。

関東の雪予想ではこの滞留寒気ができるかどうか、そしてどれだけ広がるかの判断が非常に重要だけど、ここが猛烈に予想が難しいポイントです。
素直な感触として、予想が当たるとホッとするくらいの難易度。
今回の大雪でも朝起きて雪が積もってるのを見たとき「よっしゃ!」と思いました(笑)

関東の大雪予報の難しさについては、気象庁サイトの予報が難しい現象について(太平洋側の大雪)にまとめてあるんで細かく知りたい方はぜひどうぞ。

言い訳っぽくなるけど、関東の大雪予報がピタッと当たらないのは今の天気予報技術の限界です。
気象庁やテレビの天気予報で「関東で大雪になるかも」という情報を見たら、とりあえず備える。
もし降らなくても「今回はラッキーだったな」と思ってもらえればありがたいです。

逆に「今回は大丈夫なはず」で大雪になった場合は…反省しつつしっかり解析&振り返って次に活かすんでご容赦を!