タグ別アーカイブ: 鉛直シアー

寒空に捧げる反省文~2018/2/22&23~

ひんやり、しっとりだった昨日(22日)と今日(23日)の関東。
特に昨日はキャッチボールの準備してたら砲丸が飛んできたくらいの不意打ちっぷりだったんで、簡単に振り返り&反省の弁を…。

こちら、21日に作成された22日朝の予想天気図高気圧が張り出して関東はそこそこの天気に…と言いたくなるけど、北に偏って張り出す高気圧には要注意。
高気圧の縁辺を回り込む湿った北東~東風が入りやすくなり、数値モデルも表現しきらない思わぬ曇天を引き起こすかも、と警戒するのが予報担当の役目。

今回は関東から東に伸びるに赤線で書いた気圧の谷(下層シアー)も予想され、これはまず晴れないパターンだろう。
晴れるどころか弱いシトシト雨がしつこいはず。
そんな簡単にはだまされんぜ!

…と読み切った気分になってたのが21日のぼく。

そして22日の朝。

シトシトどころか普通に降ってる!?
そして予想以上に寒いっ!!

何事かと確認した衛星画像@ひまわりリアルタイム
そこで目にしたのは関東の沖合いで怪しげにまわる雲の塊…。

天気図的には前日の予想がほぼバッチリ。
ただし、関東沖の下層シアーには弱いながら小さな低気圧もどき(メソ擾乱)が顕在化。
こいつが予想以上にせっせと湿った東風を関東に送り込み続け、その結果しっかり雨&やたら寒い1日を作り出してくれました…。

沖合の雲域がやんわり渦を巻く様子はひまわりリアルタイムの動画で見るとわかりやすいです。

そして今日も午前中はしつこく北~東からの湿った風が残り、なかなか晴れないパターン。
2日続けて読み間違えてたまるかと気を付けて予想したけど、それでも天気の回復は遅れ気味。
しかも気象台によっては「今日こそはさっさと晴れるはずっ!」という想いを込めた予報を出して再び撃沈。
2日連続でハズレ感の強い結果になってしまいました…。

嫌がらせのように張り付く関東の下層雲。

あれ?こんな予報だっけ?と思ったときは衛星画像ウィンドプロファイラ@水戸で鉛直シアー(上層と下層の風のズレ)をチェック。
あ、この境目にやられたんだな、と頭を抱える予報官の姿を想像しながら空を眺めてやってください…

冬の天気のハズレ方(冬型気圧配置編)

昨日、11月16日は結構晴れまっせ、な予報が出てました。

しかしっ!!

結果は憎たらしい雲が関東南部に張り付き、神奈川~東京~千葉エリアはたまに日が差した程度。
見事な惨敗っぷりでございました・・・。

冬型気圧配置で関東は晴れるよ~って言ってたのに!という冬の定番ハズレパターンのひとつだったので反省をこめてご紹介です。

16日朝の天気図と広い範囲の衛星画像はこんな感じ。spas_20161116-09vis_20161116-09

ちょっと緩みつつあるけど北日本を中心にしっかり冬型。

日本海は大陸から吹き出す冷たい北西風で覆われ、(相対的に)ポカポカな日本海でたっぷり熱と水蒸気を補給して筋状の雲がビッシリ。
そして日本列島にぶつかって山でたっぷり雪や雨を落とし、太平洋はスッキリいい天気。

これが冬型気圧配置のお決まりパターン。

・・・だけど、よく見ると関東の南海上にももうひとつの冬型気圧配置のお決まりパターンが。

静岡県の沿岸から南東に伸びるひも状の雲と、その北東側に薄っぺらく広がる雲。
水色で地上付近、赤色でもう少し上の風を落書きするとこんな感じ。
vis_20161116-09-3chubu-chikei
長野を中心とした中部山岳地域は標高が高いので冬型の北西風も通るのを嫌がって、標高が低い滋賀~愛知から、あとは山が比較的薄い北関東が吹き抜けやすいポイント。
この東海からの西よりの風と関東~東北からの北よりの風ががぶつかってるとこに上昇気流ができて、このひも状の雲が誕生。
そしてこの雲はすこし上の風に流されて関東南部に広がってるってな構造になってます。

この流されてくる雲の厚みはかなり薄く、どこまで広がるかの判断がなかなか難しい。
今回は思った以上に雲ができやすかったのと、北への広がりが強かったため予報が思いっきり外れてしまいました…。

ちなみにこのひも状の雲を「ならいの土手」と呼ぶ地域もあり、詳しくは<ならいの土手@成介日記(HALEX)>をどうぞ。

今回みたいに地上付近とすこし上空で風の向きや強さが大きく違う状態を「鉛直シアーが大きい」と表現します。
この様子は千葉県勝浦にあるウィンドプロファイラという上空の風を観測する機械でバッチリ見えます。
wpr-katsu_20161116-09
だいたい地上~高度1kmまでの層は北東風、その上の高度2~3kmに南西風が乗り上げてる状態。
こういった鉛直シアーが大きい状況は、関東に北東気流が入って曇るときも同じ。
たとえばこんなとき→<オホーツク海高気圧と山の天気>
関東平野は西側の中部山岳の影になり、鉛直シアーが大きくなりやすい地形。
それが悩ましい天気のもとになることも多々あります。

ウィンドプロファイラは上空の風の流れが見えるから山に登る人も結構参考になるはず。
あいにく沿岸部が中心で内陸には少ないけどウィンドプロライラについて詳しく知りたい人は<ウィンドプロファイラについて@気象庁>をどうぞ。wpr_map