タグ別アーカイブ: 遭難

無謀な登山者はなぜ増える? ※答えは持ってません

今回のブログを書くきっかけになったのは、岳沢小屋のスタッフブログ。

まだまだ厳しい状況にある残雪期の穂高エリアにやってくる場違いな登山者への、やりようのない怒りを感じる現場の臨場感あふれるブログです。
まずは一読をどうぞ。
5月13日、最近ひどくレベルの低い登山者が多い件について@岳沢小屋スタッフブログ

山小屋関係のブログを眺めてるとトンデモ登山者の実例には事欠かず、時々ニュースを騒がせてるのもご存知の通り。
遭難関連の報道は憶測混じりのかなり適当なモノも混じってるようなんでそのまま信じるのはやめておきたいところ。

それでも、自分のレベルと山のレベルをまったく把握しないままにトラブルを起こしてる登山者がいっぱいいる、増えてる、ってのは間違いないんだろうと思います。

土いじり的に例えると…

  • トラブル起こした人をこってり搾るのは、伸びてきた雑草を抜くような対処療法的な対応。
  • 「こうなっちゃいかんよ、気をつけてよ」と呼びかけるのは除草剤。されど効果は実感できず、どんどん雑草が増える有り様。
  • 誰だ雑草増やしてるヤツは!なんとかしてくれ!!(怒)

そんな感じなのかなぁと。

本当に解決したいならトンデモ登山者が増える原因を正確に把握した上で、原因に合った効果的な対処が必要なはず。

じゃあ、トンデモ登山者が増えてる正確な原因って何?

  • 山ブームを盛り上げようといい面ばかり前面に出すテレビや雑誌、アウトドアメーカー、登山者自身。
  • 登山の多様化、細分化。
  • ツアー登山によるリスク管理無しでのハイレベル登山が可能に。自分はできる、との誤認。
  • 危ないものは見るな触るな近づくな、と自然の面白さと怖さを知らずに過ごす現代社会(教育含む)。
  • 山岳会などの人から教わる場の少なさ。
  • タクシー感覚のお気楽救助要請でも無料と認知が広がった。
  • 登山者の母数が増えて同じ比率でトンデモ登山者も増えただけ。
  • むしろネットでレベルの低い層の増加が加速?

色々思い浮かびはするけど、何がどれだけ影響してるのか少なくともぼくは知らない。
そして、あーじゃないか、こーじゃないかという記事は見ることがあるけど、しっかりした根拠とセットになってるのも見たことない。
たぶん、トラブルを起こしたトンデモ登山者に対してこってり絞る&叩くだけでなく、どうしてそうなったのかを逐一丁寧にデータ取って蓄積していかないとホントのところは分かんないんだろうなぁと。

そんなスッキリしない気持ちを持ってる中で読んだ冒頭のブログ。

トンデモ登山者の相手をさせられる現場の大変さは本当に大変だと思う。

でも…

数年前、「岳」(漫画のほう)が流行ったときに、安易に救助要請する登山者の話しが何度も書かれていましたが、きっとそれでも読んで、山で困れば110番とでも思っていたんでしょうね。あのマンガには本当に困ります、漫画としてフィクションの話しなら問題はないのですが、設定が槍穂を中心に妙にリアル過ぎて、ああいう話しがリアルな世界だと思う人間が多くなってしまいました。

ちょ、おまっ・・・「岳」のせいにするなよーー!!

どうしたら『きっとそれ(岳)でも読んで、山で困れば110番とでも思っていたんでしょうね。』で片づける気になった??
いや、実際現場じゃ遭難騒ぎ起こした人の多くが『「岳」読んでここに来ました。救助呼びました。』って言ってる可能性も全くないわけじゃないけど…。

山が好きで、マンガも好きで、『岳 みんなの山』って作品も大好きなぼく。
※実写映画のことは聞かないよーに

いくら山の最前線にいる現場をもの凄く知ってる人の言葉とはいえ、どーしても素直に頷く気にはならない。
安易な登山や救助を誘うより、そんなことすんなよ!ってメッセージを伝えてる作品だと思うんだけどなぁ。

この人はマンガ嫌いなのかな?
よっぽど「岳」で嫌な思いをしてきたのかな?
他の山岳関係の人はどう思ってるんだろ?
(根拠なく)結構好意的にとらえてる人が多いと思ってたけど実は違うのかなぁ。

前半は山の遭難のことを考えてたのに、こっちばっかり気になりながらブログを読み終えてしまいましたw

いちよ書いとくけど、別にこの人を批判する気も否定する気もないです。
どんな経験と過程を経てそんな考えを持つに至ったのか。
そこが気になっただけ。

あと、そもそもの「無謀な登山者はなぜ増える?」も答えが知りたい。
誰かデータから本格的に取り組んでる研究者さんいないかな。

山岳救助に頼る側として一言 ~積丹岳判決をうけて~

もやもやしか出てこないこのニュース。
≪警察の救助活動中に遭難男性死亡 北海道に賠償命令確定@NHK≫

遭難事故が起きたのはもうかなり前の2009/1/31。
古い事例なのでうまくまとまった報道資料が見当たらないけど下記のサイトを参考に概要を書くとこんな事例。
≪積丹岳遭難事故裁判を追う@りんどう山の会≫
≪積丹岳での救助失敗事故@王子のきつね OnLine≫
≪遭難者の救助活動における過失@中央大学法学部の判例研究≫

2009/1/31、札幌の男性が3人パーティーで積丹岳でバックカントリー(スノーボード)。
他の2人とはぐれて道に迷い、天候も悪化。山頂付近でビパーグ。
翌日(2/1)早朝から道警&消防が捜索。昼頃、道警の山岳救助隊が発見。
救助活動中に雪庇を踏み抜いて救助隊・遭難者共に滑落。
遭難者をストレッチャー(そり)に載せて登り返す中、搬送者交代のため近くのハイマツにロープで固定したところ、ハイマツが折れて(もしくはロープが外れて?)遭難者が再び滑落。
悪天候のため救助活動を断念。
翌朝(2/2)の捜索で発見され、死亡を確認(要因は凍死)。

ちなみに積丹岳がどこかというとこんなとこ。
都市部から離れた積丹半島の真ん中。
雪が豊富で景色がいいけど、日本海に突き出た半島の山とあって冬型になれば環境は劣悪。そんな山です。map_shakotandake

そして、遭難した2009/1/31と救助活動が行われた2/1の天気図がこちら。(日々の天気図@気象庁より)
hibiten_20090131-0201
本州の南から低気圧が発達しながらぐいっと北上して、しっかりとした冬型気圧配置に替わりつつある状況。
このことはしっかり予報としても出てたので『この天気で積丹岳の選択はギリギリセーフだとしても、パーティーとはぐれて遭難とか何してるんだ…』というのが素直な感想だけど、とりあえず置いときます。

裁判で争われたのは、救助にあたった道警の救助失敗が過失にあたるかどうか。
上告棄却して二審が確定ってことは「救助に失敗した道警に明らかな過失があった」って結論に至ったってこと。

救助隊自身もリスクの真っ只中に入り、劣悪な環境化におけるギリギリの行動と判断。
それに対して「雪庇を踏み抜くのは素人」「コンパス使えば防げたはず」「確実な確保をするのが当然」といった訴訟を起こした原告(両親)側の主張や判決が本当に残念でならない。

そして何より自分が嫌だったのは、今回の1こ前、札幌地裁での判決後の両親のコメント(らしい)。
※上記のブログ内でしかソース確認できてないです。ご注意を。

「警察には、どうしたら頼りがいのある救助隊になれるのか考えてもらい、二度と息子のような犠牲を出さないでほしい」

言うまでも無く、登山者にとって救助隊は最後の手段にして最も頼りになる存在。
どんな結果になったのであれ、ギリギリの状況下で救助活動にあたってくれた人にかける言葉では絶対にないはず。
遺族である両親と警察の間でどんなやりとりがあって裁判にまでもつれ込んだのかは分かんないけど、このコメントだけはやめて欲しかった。

もし自分が遭難者となり、同じような状況&結末になったとしたら…無念の気持ちはあっても『助けにきてくれてありがとう』と伝えたい。

もし自分の子供が遭難者となり、同じような状況&結末になったとしたら。
さらに色々な思いはあるだろうけど『助けにいってくれてありがとう。これからも多くの人を助けてあげてください。』と伝えたい。

まあ、もし自分が山に縁の無い生活をしてて子供が同じような状況&結末になったら、を想像すると両親側の気持ちも分からないでもないですが・・・。

こんな判決がありえるなら際どい状況での救助活動そのものを見送るしか対策がないし、一般登山者がたまたま遭遇した遭難者の救助とか怖くて手が出せなくなりそう。

そんなもやもやばかりが溜まる裁判&判決でした。

冬の遭難事故報道をみる前に

昨日(1/12)、野沢温泉スキー場@長野と裏磐梯猫魔スキー場@福島でそれぞれ遭難騒ぎがありました。NHKニュース@野沢温泉猫魔スキー場
当日はそんなに荒れた天気というわけではなかったようですが、冬はガスや降雪による視界不良で簡単に道に迷う季節。
特に移動速度の速いスキーやスノーボードはなおさらです。

さて、この手の冬の遭難ニュースで毎回気になるのが「コース外」「バックカントリー」「立ち入り禁止区域」といった言葉たち。

この意味と違いをよく分からないままニュースにしているのをよく目にします。
その見事なまでの典型例がこの共同通信による記事で、引っかかりまくるのが以下の一文。

一行は12日に同県北塩原村の裏磐梯猫魔スキー場を訪れ、“バックカントリーと呼ばれる場外の立ち入り禁止区域”に入り、進路を見失ったとみられる。

知ってる人からすれば『バックカントリーがなんで立ち入り禁止区域の滑走と同じなんじゃ!!』と吠えたくなるとこですが、知らない人からすれば『またダメなとこ入って迷惑かけた奴がいるのね』と捕らえられてしまうこの表記。
お願いだから記事として扱うなら少しだけ勉強してからにしてほしいと思わずにはいられない。

何がどう違い、何が問題なのか、日本でパウダーコースの最先端を行く(と僕は思ってる)シャルマン火打スキー場の中の人が分かりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

中の人マンガ<その1>「バックカントリー」について
中の人マンガ<その2>コース外滑走について

↓こんな感じです

charma-1
charma-2

スキー場のリフトを使ってスキー場の上や裏にあるバックカントリーエリアに入るという行為は、スキー場にとってはどちからというとあまりオススメしたくない使い方。
でも、最近はパウダーを滑りたいという嗜好がどんどん広まり、非圧雪コースを売りにするスキー場も増えてきてます。
そして、パウダーの素晴らしさを知ってしまうとさらにその先、スキー場を飛び出てバックカントリーの世界に行きたくなる人も。

そんな大自然の中で滑るという素晴らしいスポーツへの協力として、『うちのリフトを使ってバックカントリーエリアに入るのはまぁOKにしとくよ。でももちろん技術と装備はしっかり整えて、登山届も出しといてね。』あたりが多くのスキー場のスタンスなのかなと思います。
そして、そんな人たちにどうやって知識と技術、そしてモラルを啓蒙していくかに頭を悩ませているのが現状かと。

今回の遭難事故がどんな行動の元に起きたのかはニュースだけではハッキリしないので、何が悪かったのかはここでは書けません。

ただ、スキー場の中にいる気分と装備でスキー場脇の滑走禁止エリアをチョロチョロして事故を起こすというのが一番してはいけないことなのは間違いありません。

以上、自戒を込めて。

なんてことを書いてたら、無性にシャルマンに行きたくなりました…。
しっかりした管理の元、できる限り“滑走禁止エリア”を減らして自然の山に近い形で滑ることを目指したスキー場。
ホントに楽しいところなので中級以上の方はぜひ!
charmant-map