タグ別アーカイブ: 移動性高気圧

秋の青空とエマグラム

更新をサボってるうちにすっかり秋の雰囲気。ちょっと暑い気はするけど。そして今日の午前中は秋らしく空が高く感じるステキな青空でした。

この青空を運んできてくれたのは、もちろん移動性高気圧。関東から見るとちょっと中心が北にズレてたけど、今日山に登ってた人は本当にステキな景色が見れたと思う。あぁうらやましい…。

低気圧は上昇流が卓越してるのと反対に、高気圧は下降気流が卓越。
特に勢力の強い移動性高気圧は下降気流が強く、上空の塵や水蒸気が少ない綺麗な澄んだ空気が地表付近まで下りてきてるから”いかにも秋!”な澄んだ空になるって仕組みです。

この澄んだ空を”見る”ことができる資料が、ラジオゾンデによる高層気象観測のデータを使ったエマグラム。

縦軸に高度&気圧、横軸に気温を描いて高度ごとの変化がとても分かりやすい資料で、説明は気象庁のサイト内にもあるけど・・なんと、エマグラムそのものは掲載されてないという悲しい状況だったりします。
≪ラジオゾンデによる高層気象観測@気象庁≫

そんな時にとってもありがたいのが気象会社のSunny Spot
「観測・情報」の中にエマグラムが掲載されてます。

そして今日(21日)朝の輪島のエマグラムがこちら。

縦軸が高度&気圧。横軸が温度で、赤線が気温、青線が露点温度になってます。

今日のエマグラムで注目すべきは700hPa、高度約3000mの赤矢印のとこ。
基本的に対流圏の中は高度が上がるにつれて気温は下がるので、エマグラムの気温線(赤線)は左斜め上にのびてるのが普通の姿。
でも700hPaのとこでは高度が上がると気温も上がる層があって、これが“逆転層”と呼ばれるところ。この逆転層を境にここより上空は露点温度(青線)がぐっと低くなり、非常に乾燥してることが分かります。

この700hPaにある逆転層は“沈降性”の逆転層で、高気圧の下降気流によって乾燥断熱昇温した上空の空気と、下層の空気の境目。
登山者目線でいくと、この境目より上が景色がスッキリクッキリな山の空気。この境目より下がモヤっとした下界の空気ってとこです。

しっかりした移動性高気圧がくる春と秋に起きやすいこの状態。
街中で今日は空綺麗だな~と見上げたり、山で今日は遠くまで見えて凄いな~と思った時、気が向いたら天気図と衛星画像、そしてエマグラムも眺めてみてください。

前に書いた≪春の高気圧その2≫の時もちょうどそんな雰囲気の時でした。エマグラム確認してなかったけど…。

春の高気圧 その2

春の晴天はなぜスッキリなのか書いた少し前の春の高気圧
5/29に登った谷川岳の景色から補足を少し。

天気のいい日に高い山に登るとちょくちょく出会うこんな空。
空は真っ青、遠くの山もクッキリ。
でも下界はなんかモヤモヤ…。
スッキリとモヤモヤの違いはなにかというと、その空気がどこから来たかの違い。

20160529tanigawa_14

スッキリの部分は、高気圧の下降気流で降りてきた上空の乾いた&チリの少ない澄んだ空気。
モヤモヤの部分は、地上近くに溜まってる湿った&チリの多い空気。
モヤモヤの中にいるとわからないけど、せっせと登ってスッキリ空気の層に入ると途端に違いが見えてくる。

ついでにいうと、太陽に温められたモヤモヤ層の中にポツポツと積雲が。

太陽によって直接温まるのはあくまで地面。
地面の上で上昇気流ができ、この上昇気流に載って地面付近の湿った空気が上昇&雲になってるわけ。

2000m級以上の山に登るときはぜひスッキリとモヤモヤの境目を探してみてください。

ちなみにこの日の天気図&衛星画像はこんな感じでした。
移動性高気圧、さんきゅ!
fsas_20160529-0900
vis_20160529-1000

春の高気圧

5/12・13と気持ちよく晴れたおかげで山の上じゃとっても素敵な景色が広がってたみたい。
たとえば穂高岳山荘→晴れ!@ぼちぼちいこか
特に5/12は空から日本を見ても見事な色鮮やかさ。
vis_20160512-1200~ひまわり8号リアルタイムウェブ~
でも、悲しいかなぼくは平地から富士山を眺めるのみ。
久しぶりに3000mの空気が吸いたいです・・・。

そんな泣き言はおいといて、今回は“高気圧”の話。

5/11から5/14まで12時の天気図を並べたのがこちら。
今回の素敵な天気をくれたのは赤矢印の高気圧です。

spas_20160511-13
spas_20160512-12
spas_20160513-12
spas_20160514-12

高気圧の脇に書いてある「35km/h」は高気圧の移動速度。
こうやってどんどん動いてく高気圧は「移動性高気圧」と呼ばれます。

春と秋は高気圧と低気圧が交互に通り過ぎ、あわせて天気が周期的に変わる季節。
高気圧がくると天気はいいし、低気圧がくると天気が悪い、というのは常識レベルの話。
でも、高気圧は下降気流、低気圧は上昇気流、となるとちょっと怪しい人も多いはず。
さらに、基本的に上空の空気は澄んでる(チリや水蒸気が少ない)、地面近くの空気は濁ってる(チリや水蒸気が多い)という知識を加えると今回のスッキリ景色の理由が見えてくる。

足早に低気圧と高気圧が駆け抜けるこの季節は上昇気流と下降気流のメリハリも大きく、高気圧がくるとググッと上空の綺麗な空気を低いところまで引きずり降ろしてくれる。
そしてその綺麗な空気の中に入ると、今回みたいな遠くまでクッキリ!な景色に出会えるわけ。

ある程度の高さの山に登ったときに『遠くの山々はスッキリ!でも下界はモヤモヤしてる…』な景色に会った事がある人も多いんじゃないでしょうか。
それはせっせと登ったことで地面近くの濁った空気の中から上空の澄んだ空気の中に抜け出したことによる変化だったりします。

いっぽう、夏の高気圧はこんな感じ。
spas_20150806-12

高気圧の脇に「ほとんど停滞」と書いてあるように、夏の高気圧(太平洋高気圧)あまり動かない。
高気圧/低気圧の変化がないので下降気流の勢いは弱く、晴れてはいてもモヤモヤっとした空気に覆われてます。

春は天気の変化が早くてタイミングよく好天を捕まえるのが難しい時期だけど、予想天気図で移動性高気圧がど~んと目的地の上に乗っかってる場合は絶景を期待して登ってみてください。天気図@気象庁
ただし、春の好天の前後には悪天がもれなくセット。
くれぐれもご注意を!