タグ別アーカイブ: 渇水

春は雨が少ない≠水不足

今月頭に発表された2017/5の天候@気象庁
東日本と西日本日本海側で降水量がかなり少なく、東京でも5月の月降水量の少ない方から1位の値を更新ってことで少しニュースにもなりました。
5月26日には東日本太平洋側と西日本の少雨に関する全般気象情報なんてもの発表されてます。

そうなると、水不足になったりしない??と気になるのも自然な話。たとえばこんな感じで。
東日本太平洋側と西日本で少雨 日本は無駄遣いができるほど水が豊富ではない国@饒村曜

この記事では日本の降水量は日本海側の雪・梅雨前線による全国的な雨・台風の雨の3本柱といいつつ、あまり踏み込んだ感じがしないので今回のテーマは「雪と水資源」。分かりやすいデータが公開されてて影響も大きい関東で見ていきます。

まず大前提なのが、関東の水不足を左右するのは関東平野にどれだけ雨が降るかではなく、水がめである北関東のダムにどれだけ水が溜まってるかということ。
昨日(6/5)みたいに南関東でどれだけ雨が降ったところで川から海へ流れるだけ。ダムへの影響はあまりありません。(南関東での各種水利用が増えて、といった間接的な影響はあるだろうけど)

そして、梅雨の前はもともと雨が少なく、この時期のダムは雪解け水の影響大。雨が少ない今のダムがどんな状況か首都圏の水資源状況について@関東地方整備局で公開されてるデータを見てみると…赤い線が今年(H29)の貯水量で、今のところ特に問題ない水準。渇水が問題になった去年(青線)と比べるとその差は歴然です。

なんで去年こんなことになってたかというと、冬の記録的な少雪に春の記録的な暖かさで雪解け水の恩恵が早々に終わってしまったから。詳しくは去年書いた「少雪な冬」×「暖&少雨な春」=?をどうぞ。

この間の冬(2016/12~2017/2)はどうだったかというと、全体的には気温高めだったけどちゃんとした寒気が何度も入った冬。北陸沿岸部みたいに標高の低いエリアでは雪が少なかったけど、ダムの上流となる標高の高いとこではしっかり雪が降ってました。
冬(2016/12~2017/2)の天候@気象庁より

そして3月は気温低め、4月以降は気温高めで推移。春山に登ってる人は今年は残雪多めという情報&現状に実際に触れたと思います。この冬の貯金のおかげで今のところ問題なし。
もちろんこの先も雨が少ないようだと問題になってくるだろうけど。はたしていつ梅雨入りするのやら??

雪遊びだけでなく、春~夏の水資源として重要な冬の雪。2015-16シーズンみたいなことがしばらく起きないことを願いましょう…。冬(2015/12~2016/2)の天候@気象庁より

台風7号、襲来?

好天に恵まれて初の“山の日”を満喫したと思ったら、これからずいぶんと怪しい1週間になりそうな予想。

15日から16日は下層の湿った空気×上空の気圧の谷の組み合わせで全国的に大気の状態が不安定に。
特に15日は山に限らず天気の急変に要注意。
水蒸気画像を見ると、15日にやってくる気圧の谷(ちょっと黒く見えるところ)の近くでポコポコと積乱雲が発生しているのがわかります。wv_20160814-1500

そして17日以降。
今朝発生した台風7号が本州の近くまで北上してくる上、日本の東にはど~んと高気圧が張り出す予想。typhoon1607_20160814-15fsas48_20160816-09
こうなると台風のお供としてやってくる熱帯生まれの猛烈に湿った空気は高気圧の縁をまわりこみ、東日本を中心に続々と流れ込むことになります。
こうして山も平地もまとまった雨になりそう。
もちろん台風の近く(特に東側)では強風も重なり、とても外遊びどころじゃありません。

山は逃げない。そして天気も変えられない。
人にできるのは天気と上手に付き合うこと、それだけです。

楽しいはずの時間を急な事故に変えないために、今週は無理をせずのんびりと過ごすのもいいと思います。

天気が悪くて外遊びをする気にならない時は、天気について学ぶ絶好のチャンス。
ぜひ天気図雨雲レーダー衛星画像あたりを眺めてみてください。
台風ウォッチングをするなら台風情報と共にひまわりリアルタイムWebがオススメです。

もしこのまま行けば今シーズンの渇水問題も一気に解決しそう。
ほどほどに降ってくれるのが一番なんですが…。利根川上流主要8ダム貯水量@関東地方整備局
kanto8dam_20160814

「少雪な冬」×「暖&少雨な春」=?

今日になって一気に九州~東海まで梅雨入りが発表され、そろそろ関東にも梅雨の便りが届きそうな気配。
これからスッキリしない天気が続くのか・・・とウンザリしてる人に、ちょっと雨が恋しくなるかもしれないお話を。

ちょっとこの間の冬を思い出すと、2015-16年の冬はなかなかの暖冬&少雪。
雪山大好きっ子にとっては辛く寂しいシーズンでした。
改めてデータで見てみると、特に本州は平年6割以下のところも多く、かなりの少雪っぷり。

snow_201512-1602
冬(12~2月)の天候@気象庁より引用

そして春。
3月から5月にかけてどんな天候だったかというと、ずばり『高温&少雨』。
一時的な寒気の入りを除けば、全国的に気温はずっと平年より高め。
雨も北日本~東日本、北陸~山陰と平年よりかなり少ない状況。
関東では6/3に少雨に関する関東甲信地方気象情報@気象庁なんてのも出てたりします。

temp_201602-05
rain_201602-05
春(3~5月)の天候@気象庁より引用

さて、「少雪の冬」から「高温&少雨の春」につながると、どんなことが起きるか。
関東の水がめである利根川上流の8つのダムの貯水量がどう推移してるかのグラフです。

dam_20160603
首都圏の水資源状況について@関東地方整備局より引用

赤い線が今年の水位だけど、利根川8ダムとして統計が始まってから最悪のペースだった平成25年よりさらに悪い。
雨の少ない冬に減少→春の雪解け水でたっぷり補給→梅雨や台風の補給を受けつつジリジリ減りながら夏を乗り切る、が定番の水位変化。
ダムの専門家ではないからあくまでも推測だけど、今年の変化は

  • 暖かい春のせいで雪解けが急速に進んで例年より早い3~4月に水位上昇
  • 元々雪が少なかったから5月半ばに早くも雪解けの恩恵が終了
  • 最近の少雨のせいで急速に減少中!

ってことかと。

そろそろ梅雨に入る時期とはいっても、しばらく雨は少なそうという1ヶ月予報も出てるんで今後の推移がちょっと心配です。

さてさて、ここまで読んだ人はぼちぼち雨が恋しくなってきた頃でしょうか。
ジメジメと鬱陶しい梅雨だけど、夏を乗り切るための大事な給水期間。
特に脱水症状気味な今年はほどほどに降ってくれることを願いましょう!