タグ別アーカイブ: 武尊山

巨大アイスモンスター、武尊山

前回でアクセスについて書いた武尊山。
今度はメインの山の話です。

ルートは山麓の川場スキー場のリフトを降りたら基本的に稜線に沿った素直なコース。
一部雪庇が発達してたり、急傾斜・痩せ尾根・ちょっとした岩場があったりはするけど歩く技術としてはそんなに難しくはない。

ただし、上部は森林限界に届く雪山の世界。
ガスると見事に周囲が分からなくなるから初心者さんが視界の悪いときに単独で歩くのはちょっとオススメできないとこです。少なくとも地形が読める&コンパスを頼りに歩くってことができなきゃ怖くてて歩けたもんじゃないかと。

今回はまさにそんな感じ。
週末で荒天ってほどは悪くないから登山者はいっぱい。
でもちょっと離れると周りは真っ白。

平日で周りにほとんどいなかったら最後までいったはちょっと微妙だったかなと。これ以上荒れない予想だってのはそれなりに自信があっても、やっぱ怖いもんは怖いです。
まあこの緊張感も雪山のいいとこなんだけど。

中には展望は無理なら山頂はいいやと割り切って、途中でツェルトを張って雪遊びモードに切り替えてた方も。
そんな柔軟な遊び心も大切だよな~と再確認するコンディションでした。

ガスガスの山頂にはあっさりと別れを告げて降りてくると、下界側の天気はすっかり回復。せっかくなんでスノーシューでふらふらと散策タイム。好きなとこを好きなように歩けること、そして周りの景色ひとつひとつが本当に美しいのは雪山ならではの楽しみですな。

さて、武尊山の見所といえばリフト降りてすぐの剣ヶ峰や山頂からの展望だけど、ぼくとしては樹氷(エビのしっぽ)の発達っぷりも推しておきたいところ。
山頂近くの木々はこんな感じでなかなかの伸びっぷり。

そして山頂周りは山そのものが巨大なアイスモンスターと化してる…のが背景真っ白な今回の写真じゃよくわかんないんで、2011年に登った時の写真もあわせて。

どうしてのっぺらしたとした普通の雪山ではなく、全身ハリネズミみたいな姿になるのか。
これには武尊山の風上側に壁のように並ぶ三国山脈の山々がとっても重要。

日本海でたっぷり水蒸気を補給した北西の季節風がぶち当たり、強制的に上昇気流となって雪雲が発達。谷川岳を代表とする三国山脈の山々に大量の雪を降らせるのはご存知の通り。
そして風下側に位置する武尊山には一度雪を降らせて水蒸気の大部分を失った季節風が届くことになる。

武尊山も標高2158mとそこそこ高く、2000m級の三国山脈よりもさらに高いくらい。
武尊山にぶち当たった季節風は再び上昇気流となるけど、しっかり雪を降らせるほどの水蒸気はもうない。
こんな時どうなるかというと、絞り出された水蒸気は雪未満のごくごく小さな水滴になり、雲として姿を見せるのみ。
しかもごく小さい水滴とういのは氷点下でもなかなか氷にならず、氷点下よりも冷たい水の粒、過冷却水滴として存在してます。

こいつが風に乗って何かにぶつかると、その途端に細かい氷の粒となって相手にくっつくことに。
何かの風上側にどんどんぶつかってくっついて、を繰り返すことでエビのしっぽは風上側に伸びていく。
そして武尊山の山頂だとすでに森林限界を超えてるので、ぶつかる相手は地面のみ。
こうやって山そのものが巨大なアイスモンスターになったのが冬の武尊山ってわけです。

樹氷やアイスモンスターの本家:蔵王も、先に新潟~山形県境にある朝日山系でほどよく水蒸気を落としてるからこそ生まれた景色。
蔵王のアイスモンスターも空と一体化してるときにしか行ったことがないんでまたリベンジしたいです…。

公共交通でGO!~冬の武尊山~

奥さんがチビを連れてちょいと帰省することに。それじゃ当然雪山行ってきます!となったこの週末(仕事休みは日曜のみ)。
ただ、いつもと違うのが〝車を使わずに〟って条件付き。車は奥さんが帰省に使うんで公共交通機関(主に電車)で雪山に行けるか考えてみた。

埼玉在住の身として真っ先に思い浮かぶのが谷川岳だけど、天気が難あり。日本海側に面したとこは展望はまず無理そうな予想。それじゃと少し南にズラし、もしかしたら晴れちゃったり?を期待して武尊山に狙いを定める。

武尊山の冬季登山の強い味方、川場スキー場は都心からのアクセスの良さが自慢。車なら関越道(沼田IC)を降りて40分もあれば着いちゃう。

電車も比較的近くに上越新幹線(上毛高原駅)とJR上越線(沼田駅)があって、ありがたいことに無料シャトルバスもあるけど予約制で週末なもんだからすでに満席。ボツ。
ツアーバスもあるけど、着くのが10時くらいになるもんだから登山するには遅すぎる。近さゆえに早朝着の夜行便もない。ボツ。

さらに調べてみると、雪道の運転が嫌な人向けに麓の道の駅:川場田園プラザから無料シャトルバスが。なんとかここまで行けないかと調べたら路線バスがあるじゃないか!
沼田駅発07:05の路線バスに乗って道の駅着が07:40。朝一のシャトルバスが08:00だから接続もバッチリ、これで川場スキー場に行ける!

と喜んだもの束の間。
始発に乗っても07:05には沼田駅にたどり着けないことが判明。沼田駅に着く最初の下り電車が07:10って何の嫌がらせだ。次のバスは2時間後だし…

いっそレンタカーで、とも思ったけど関東のレンタカーはスタッドレス標準なんてわけもなく。
まさかの高崎エリアでもオプション装備。しかもオプション料金が高い!車本体のレンタル料とほとんど変わんないよ2○2○レンタカー!ボツ。

それなら沼田で前泊して朝一のバスに乗るしかない。駅前にカラオケ屋くらいあるだろうと調べたら驚愕の事実が。
駅前にカラオケ屋どころか24hのコンビニすらないとな。

沼田周辺は利根川や片品川の河岸段丘による高低差が大きい地形のせいで駅は段丘崖の下、街の中心部は段丘崖の上と離れた構造。おかげで駅前にはあんまりお店が多くないみたい。
ブラタモリでタモさんが色々言ってたけど駅の周りに店が少ないから注意しろとは言ってなかったよなぁ…。

中心部にあるカラオケ屋まで歩けない距離じゃないけど週末の夜に一人でフリータイムも気が引ける。
うむむ…と調べてたらなんと格安旅行のオアシス、健康ランドが駅の近くにあるじゃないか!
翌朝の食料&お湯調達に最寄りのコンビニ経由で2kmちょっと歩く必要があるけどまぁ仕方ない。
地理院地図より引用&加筆

朝にコンビニから駅を目指して歩いたらかなりの急坂。河岸段丘の段丘崖なるものをしっかりと体験できたのも思わぬ収穫、だと思うことにした。ありがとうブラタモリ。

そんなわけで。

【前日】
JRで沼田駅へ
沼田健康ランドに宿泊(2100円)

【当日・往路】
路線バス:沼田駅07:05発→田園プラザ(640円)
シャトルバス:田園プラザ08:00発→川場スキー場(無料)

【当日・復路】
シャトルバス:川場スキー場15:00発→田園プラザ(無料)
路線バス:田園プラザ16:10発→沼田駅(640円)

って行程で車を使わずに武尊山に登れることを実証してきました。

注意点としては、路線バスの便数が非常に少ないから下山の時刻管理がシビアなこと。シャトルバスは30分ごとにあるけど、路線バスは逃すと次は2時間後。おそろしや。

帰りの路線バスで一緒になった登山者さんは、やはり始発電車じゃバスには間に合わずタクシーで田園プラザに移動したとか。お値段は約4000円らしいので数人で割れるならそれもありかも。

沼田健康ランドは施設は古かったけど、2100円(入場1000+深夜1100、さらに+1000でカプセルルームも可)で泊まれて風呂も入れると思えば悪くない選択肢かなと。
浴槽はそんなに広くないけどなぜかプールがあったのにはビックリ。2コース×10mちょっとの大きさで、せっかくなんで準備運動がてら泳いでみたけど裸じゃスースーして落ち着かないことがよくわかったw

荷物運ぶのが面倒&時間はかかったけど費用的には一人で高速使った場合と変わんないし、何より週末の強制イベントである関越道渋滞を回避できるのはありがたい。冬に限らないけど、たまにはのんびり電車に揺られる山遊びも悪くないなと~と改めて感じる1日でした。
もう少しバスの便数が多ければそれなりに使う人もいると思うんだけどなぁ。もったいない。

山歩きそのものについてはまた後で。
ほとんどガスに包まれてあんまり書きどころもなかったような気もするけど…

20160326武尊山

ほとんど雪山で遊べなかった今シーズン。
このままでは終われない!ってことで冬納めに行ってきました。
冬山としては5年ぶりに登る武尊山(ほたかやま)2158m。
春スキーで賑わう川場スキー場のリフトを使ってのアクセスです。
map_hotaka

暖冬&3月末ってことで雪の量自体は少なかったけど、3/24~25の寒気で10~20cmくらいは積もってたおかげで景色はバッチリ!
青空と白銀の織りなす絶景を存分に味わうステキな山歩きでした♪
20160326hotaka-2
20160326hotaka-3

この日は、日本海側は冬型の名残り、本州の南側は低気圧の雲が広がってたけど関東北部は狙い通り晴天域。
条件がいい日を狙ったかいがあるってもんです。
vis_20160326-1200
spas_20160326-12

移動性高気圧に覆われて好天&弱風のなか登れるのは春ならでは。
ただし、融解&凍結によるザラメ化やクラスト化した旧雪と、寒気の戻りで降る新雪の間で差が雪質の差が大きいのもこの季節の特徴。
新&旧雪の結合が露骨に悪かった上越エリアのシャルマン火打スキー場ではこんな状態に…。

武尊山の南西にあるピーク、剣が峰山の東斜面でも小さな雪崩が。
スキー場内の登山届記入コーナーには「雪崩の危険があるため巻き道禁止」と注意事項があるんで、雪がもう少し減るまで待ったほうがいいかと。
20160326hotaka-4

また、雪庇のある稜線にはクラック多数。
性質の悪いことに新雪で覆われてたせいでパッと見わからないけど踏み抜いた跡がいっぱいこと。
実際、ぼくの目の前でもひとり見事にハマってました…。
20160326hotaka-1

片足がハマるくらいなら笑い話で済むけど、完全に落ちたり崩壊したもんなら命に関わる話。
厳冬期よりはつい気がゆるみがちな春の雪山。
足元には十分ご注意を。