タグ別アーカイブ: 日本雪崩ネットワーク

【読書感想文】雪崩教本 by 雪氷災害調査チーム&雪崩事故防止研究会

最近すっかり放置してたこちらのブログ。冬が始まってネタはいっぱいあるのにアウトプットがまったくもって間に合いってない!冬までに冬の気象をまとめたいとか思ってた時期がありました…。反省。

さて、久しぶりの話題は雪崩に関する新しい本が出たのでその感想です。

こちら、12月1日に発売されたばっかりの『雪崩教本』

“雪崩教本”と冠するだけあって、
1章 気象、雪、雪崩の科学的な話
2章 どう雪崩の危険性と付き合うか(リスクマネジメント)
3章 雪崩に巻き込まれたどうするか(レスキュー)
といった3段構えで、雪崩に対する知識を一通り網羅する内容になってます。

著者は日本雪氷学会北海道支部を母体とする雪氷災害調査チームと、雪崩に関する知識・対策の普及啓蒙をする任意団体の雪崩事故防止研究会
どちらも北海道に拠点を置く団体で、北海道の雪山を愛する人たちの集まり。
雪氷災害調査チームは2015年には山岳雪崩大全も刊行してます。

山岳雪崩大全は山岳大全シリーズらしくかなりの分厚さ!
内容もみっちり&結構マニアックなところもあって、雪山についてちょっと勉強してみようと軽い気持ちで最初に手を出すと挫折しかねない雰囲気を醸し出しています…。

そんな山岳雪崩大全から基礎&重要なところを抜き出してギュッと濃縮したのが今回の雪崩教本って雰囲気でした。
本の厚みは半分、お値段も半分と手を出しやすくなってるので山岳雪崩大全を手に取りかけて躊躇した人も雪崩教本ならきっといけるはず。
…とはいえ、あいかわらず結構マニアックな内容も含まれてるので、全部理解しようとはせず難しとこは流し読みでいいと思います。

ただ、全体的にいい本だな~とは思ったけど2章の雪崩リスクマネジメントのところはちょっと物足りなく感じたのが素直な感想。

雪崩について科学的な知識を持つのも大事だし、道具やレスキューも大事なんだけど、実際に雪山で行動する際に最も重要なのは『どう判断して、どう行動するか』ってとこじゃないかと。
本のボリュームの制約はあれど、もう少し詳しく記載してもよかったんじゃないかなぁ。

この辺の話は日本雪崩ネットワークが刊行した『雪崩リスク軽減の手引き』が詳しく載ってます。
ちょうど間もなく12月20日に増補改訂版が出るので雪崩教本と合わせて読むとバッチリかと。

あと、雪崩教本の最初には気象の話も載ってるけど、こちらもさすがに雪崩教本の内容だけでも心許ないところ。
気象の勉強もいきなり山岳気象大全みたいな重厚系に挑むんじゃなくて、まずは広く浅く日々の気象に親しむくらいの本にしておくのがいいと思います。
一般的な気象の知識を得て、プラスアルファとして山ならではの気象を学ぶってイメージで。

2011年とちょっと古いけど、気象入門には『史上最強カラー図解 プロが教える気象・天気図のすべてがわかる本』がぼくの好み。広く浅く、かつ系統だった内容でなかなかバランスいいです。

↑の本をひと通り読んで、実際の日々の天気の感じ方が変わった上で上級編の山岳気象大全に挑んでください。
高層天気図なんかも登場して気象予報士的な視点&知識も含まれるので、最初に読むとかなりの確率で挫折する気がします…。

情報を提供すること、利用すること

気象についての防災情報を提供する立場にいる一人として
『どんな情報を・いつ・どのように提供すると活用してもらえるのか』
ってことを考える機会は多くある。
なるべく情報を一方的に押し付けにならないようにって想いはあるけど、正直なところ現状じゃ大量の情報を流してユーザーが消化不良になってるんじゃないかぁと思うこともしばしば。
(このくらいの表現で止めときます。あと、もちろん個人の感想です。)

そんな中、今回強烈に刺さった言葉が那須雪崩事故/6 情報提供と共に教育を@毎日新聞にありました。
以下、日本雪崩ネットワークの理事、出川あずささんよるコメントからの抜粋です。

雪崩情報で大事なのは、情報提供と同時に、ユーザーに雪崩教育も行っていくことです。コンディションを伝えた上で、行動は各自に判断させるのが原則で、欧米では必ずこれがセットになっています。情報で人の行動をコントロールしようとすると、必ず強めに発信したくなり、ユーザーはやがて信用しなくなっていきます。

そう、そうなんだよ!那須雪崩事故の各種報道やコメントを見てて感じる違和感はまさにここ!!

今回一番問題だと思うのはユーザー(指導者含む)への教育をどう進めていくかってことで、情報によるコントロールだけが先走ると「危ないから行くな」にたどり着いてしまう。
雪山に限らず、どんなリスクがあるのか常に考えながら行動することが山じゃ重要なのに・・・。

ちょうど今行われてる立山エリアの山岳スキー情報も情報によるコントロールに重点を置いたタイプに見えてしまう。

富山県と富山県山岳遭難対策協議会の連名による“なだれ情報”の危険度は4段階。

なだれに注意 ⇒ 危険な状態 ⇒ 非常に危険な状態

そして、『行動の自粛を要請』

最初見たときはなんて表現だとホントにびっくりした。
そして実際に表示されてたのが昨年(2016年)の11月末。

前日に東工大の学生パーティーが雪崩に遭遇した直後とはいえ、富山県の名で『行動の自粛を要請』とはなかなか強烈。明らかな雪崩地形に踏み込んでしまっての事故ってのが分かったのは後になってから、ってのを割り引いても凄い表現だなぁと。
「危ないから行くな」を行政的な表現にするとこうなる、そんな感じです。
このときの雪崩事故は日本雪崩ネットワークによる現地調査報告を参考にどうぞ。

こんな感じで雪山の話として強く共感した出川さんのコメント。
でも、ぼくとしてはそれだけじゃすまなかった。

出川さんのコメントで「雪崩」を「防災」に入れ替えるとこんな文章ができあがります。

【防災情報で大事なのは、情報提供と同時に、ユーザーに防災教育も行っていくことです。 ~中略~ 情報で人の行動をコントロールしようとすると、必ず強めに発信したくなり、ユーザーはやがて信用しなくなっていきます。】

注意報、警報、記録的短時間大雨情報、土砂災害警戒情報、竜巻注意情報、そして特別警報。(その他略)

ぼくが働き始めたここ10年だけを見ても結構情報が増えたなぁと。
何かが起きる⇒強い表現の情報が増える、の繰り返しになってる気がする気象庁の防災情報。
もちろんユーザーのレベルアップの手助けをする重要性も組織として重々承知してるけど、なかなかそっちに力を入れる余裕が無くて歯痒い感じです。
このままじゃスーパー警報、スペシャル警報なんてもの冗談じゃなくなったりして。

そんなことを笑い話のまま話しながら防災情報の提供&教育に携わっていけたらなぁ、なんて考えさせられた言葉でした。

2つの現地調査報告から見えるもの

3月27日の那須雪崩事故。

日本雪崩ネットワーク(以下、JAN JapanAvalancheNetworkの略)が行った現地調査の報告に続き、防災科学技術研究所(以下、防災科研)が行った現地調査の報告が今日(31日)公開されました。

さらっと積雪について見たい人は概要版を。
今回の事故を総合的に眺めるには気象現象の推移も載ってる詳細版のほうがオススメです。

あとはJANが30日に公開した、日本における近年(1991-2015)の雪崩死亡事故の資料も必読の品。
死者数、年齢、所属、活動別などの各種データが整理されてます。
メディアで叩かれることが多いのはスノーボーダーだけど、死者数で見ると 登山者>山スキー>>山スノーボード なのは意外と感じる人も多いんじゃないかなと。

話を現地調査に戻すけど、やってることそのものについてはJANと防災科研、どちらも同じような感じ。積雪構造を調べて雪崩が起きた仕組みを解明しようって取り組みです。

ただ、両者の雪崩防災に対するスタンスはちょっと違う。
それぞれのスタンスが見える言葉を上で紹介した資料から引き抜いてみます。

【JAN:雪崩死亡事故資料より】
雪崩安全に最も重要なのは、雪を調べることではなく、地形を賢く使うこと。
大きな事故は「雪崩地形と行動マネジメント」に問題を残す。
※別々に記載されてる2文です

【防災科研:現地調査報告詳細版より】
雪崩がどこで発生するのかを広域に把握する手法は確立されていないため、山岳域も含めた全国的な雪崩ハザードマップを整備することが必要である。

JANと防災科研がそれぞれの切り口で雪崩による被害を減らそうとしてることがよくわかります。JANは自助的、防災科研は公助的な雰囲気です。

雪崩に限らず防災を考えるにはどちらも大事だけど、少なくとも自分の意思で山に入っていく人は自分の判断と行動でリスクを避けるって意識は絶対に無くしちゃいけない。
災害が起きるとたびたび「(行政から)避難しろと言われなかった」なんて声も聞かれたりしますが、自然のド真ん中で頼れるのは自分自身だけなので。

最後に蛇足。
気象屋として防災科研の報告書に少しだけ補足を。

気になったのが、今回の大雪をアメダスデータから過去3シーズン&平年値と比べて、3月としては突出した大雪でしたって記載。

那須みたいに太平洋側に位置するエリアでは、ドカ雪になるのは冬型より南岸低気圧による事例の方が多い。
そして、毎年それなりに安定して雪を降らせる冬型とは違い、南岸低気圧による雪はシーズンごとのムラがとても大きい。

こういったムラのある現象、特にたまにしか起きないような現象は
『「0、1、0、10、1、0」の平均は2。10は平均の5倍も凄いです!』
といった感じになってしまい、平年値と比べることにあまり意味はありません。
これに似たパターンとして、(ゼロに近い)基準の何倍の○○が!と言って煽るのも一部の方々がよく使う手です…。

確かにアメダス那須高原の降雪ランキング(1989年~)でも8位に入るほどの値だったけど、もともとムラの大きい現象だってことは知っておいてください。
最近だと2010/4/17に38cmって記録もあります。

また、アメダス那須高原の標高は約750mで、事故現場との標高差は500m以上。これだけ標高差があるとアメダスでは大雨、山の上では大雪、なんてことも十分ありえます。
今回の大雪がどのくらいの頻度で起こるかって問いはなかなか難しいとこだけど、少なくとも山で出会って大騒ぎするような物ではなかったんじゃないかなと。