タグ別アーカイブ: 天気予報

天気予報と予報官の仕事

今日の関東は予報官殺し。
数値予報は「東側の低気圧から湿った北東風が続くけど日中は消散して晴れる&気温あがるよ~」と言うけれど、実際には下層雲がなかなかとれず晴れないし気温も上がらない。そんな典型的ハズレパターンのひとつ。
まあ今回はかなり下層の湿りがしっかりしてたので、分かりやすい方ではありました。

どんどん進歩して精度があがり続けてる数値予報だけど、やっぱり外れる時は外れる。そんなハズレパターンの匂いをできるだけ早く嗅ぎとって、いかに先読みして適切な予報を出していくか。
そのためには実況データと予測データの両方から気象現象を解析&理解する力が必要不可欠。
これがまだまだ人が天気予報に関わっていく必要がある理由のひとつだと思ってます。

ただし、数値予報がどんどん賢くなってるせいで実際に逆らうには相当な気合いと根拠が必要になりつつあるのも事実。
「こうなる気がするけどモデル(≒数値予報)通りになるとハズレ感が半端ないから折衷案のこの辺で…」→「やっぱりこうなったか…」なんてこともよくある話。
特に深読みしすぎてモデルに逆らった上で予報を外した後は、しばらく自分を信じるのが怖くなったりもします(涙)

そんなモデル変更恐怖症の最中でも目先の実況は間違いないわけだから、せめて実況にあった予報は出していくべきところ。 
…ではあるけど、細かい予報を出そうとするほど人が主観的に変更するのは作業的に厳しくなる。
実際、身の回りにあふれる天気予報の中にも、どう見ても人が触ってないよね、な予報があるのも事実。
たとえばこんな感じで…。
どこの予報会社とは言いませんが、いくら何でも人が介入してるなら今日の関東で「晴れ」はないだろうなと。(※分かりやすい例として拝借。手作業とみられる下の〝天気概況〟はちゃんとした内容でした。)

ただ、これはダメだろ!と糾弾だけする気にもなれなくて、今の数値予報の精度を勘案した上で限られた人と時間のリソースをどこに投入するか判断した結果なんだろうなと。
いわゆる〝天気予報〟は一番目につく存在だけど、それだけじゃなかなかお金に繋がらないのも難しいところ。
人とお金の削減の流れが止まらない気象庁にしたって、いつまで人が手間暇かけた天気予報が出せるのかと考えてみるととても他人事じゃないです。

とりあえず、世の中に出回る天気予報が全て人がしっかり介入してるわけじゃないことを知っておいてください。

特に〝山の天気予報〟っぽく見せてるサイトには、数値予報の解像度や精度、山の地形や天気の局地性などなどを全部無視して、単純に近くの数値予報の値だけを垂れ流してるようなとこも。
天気図などから広い範囲の大まかな雰囲気を把握した上で、あくまても参考程度に利用するのがオススメです。

じゃあどうやればいいの?をまとめようと思って始めたサイトなのに、全然取り組んでないなぁ…なんて反省も少し。
何を、どの順番で、どこまで学べばいいか。いざ作ろうとするとなかなか考えがまとまらないなぁと。
おいおいやってこうと思います。

冬の天気のハズレ方(冬型気圧配置編)

昨日、11月16日は結構晴れまっせ、な予報が出てました。

しかしっ!!

結果は憎たらしい雲が関東南部に張り付き、神奈川~東京~千葉エリアはたまに日が差した程度。
見事な惨敗っぷりでございました・・・。

冬型気圧配置で関東は晴れるよ~って言ってたのに!という冬の定番ハズレパターンのひとつだったので反省をこめてご紹介です。

16日朝の天気図と広い範囲の衛星画像はこんな感じ。spas_20161116-09vis_20161116-09

ちょっと緩みつつあるけど北日本を中心にしっかり冬型。

日本海は大陸から吹き出す冷たい北西風で覆われ、(相対的に)ポカポカな日本海でたっぷり熱と水蒸気を補給して筋状の雲がビッシリ。
そして日本列島にぶつかって山でたっぷり雪や雨を落とし、太平洋はスッキリいい天気。

これが冬型気圧配置のお決まりパターン。

・・・だけど、よく見ると関東の南海上にももうひとつの冬型気圧配置のお決まりパターンが。

静岡県の沿岸から南東に伸びるひも状の雲と、その北東側に薄っぺらく広がる雲。
水色で地上付近、赤色でもう少し上の風を落書きするとこんな感じ。
vis_20161116-09-3chubu-chikei
長野を中心とした中部山岳地域は標高が高いので冬型の北西風も通るのを嫌がって、標高が低い滋賀~愛知から、あとは山が比較的薄い北関東が吹き抜けやすいポイント。
この東海からの西よりの風と関東~東北からの北よりの風ががぶつかってるとこに上昇気流ができて、このひも状の雲が誕生。
そしてこの雲はすこし上の風に流されて関東南部に広がってるってな構造になってます。

この流されてくる雲の厚みはかなり薄く、どこまで広がるかの判断がなかなか難しい。
今回は思った以上に雲ができやすかったのと、北への広がりが強かったため予報が思いっきり外れてしまいました…。

ちなみにこのひも状の雲を「ならいの土手」と呼ぶ地域もあり、詳しくは<ならいの土手@成介日記(HALEX)>をどうぞ。

今回みたいに地上付近とすこし上空で風の向きや強さが大きく違う状態を「鉛直シアーが大きい」と表現します。
この様子は千葉県勝浦にあるウィンドプロファイラという上空の風を観測する機械でバッチリ見えます。
wpr-katsu_20161116-09
だいたい地上~高度1kmまでの層は北東風、その上の高度2~3kmに南西風が乗り上げてる状態。
こういった鉛直シアーが大きい状況は、関東に北東気流が入って曇るときも同じ。
たとえばこんなとき→<オホーツク海高気圧と山の天気>
関東平野は西側の中部山岳の影になり、鉛直シアーが大きくなりやすい地形。
それが悩ましい天気のもとになることも多々あります。

ウィンドプロファイラは上空の風の流れが見えるから山に登る人も結構参考になるはず。
あいにく沿岸部が中心で内陸には少ないけどウィンドプロライラについて詳しく知りたい人は<ウィンドプロファイラについて@気象庁>をどうぞ。wpr_map

秋の天気予報のハズレ方

今週末は久しぶりに日差しが戻りそう。何しよう!と期待してた人も多いはず。(ぼく含む)
ただし、相手は秋の停滞前線。
なんとなく嫌な予感はしてました・・・。

特に今年は秋雨前線がハッキリクッキリ、そして見事な停滞っぷり。
梅雨と同じく天気予報が非常に難しい、そしてハズレやすい状況です。

22日に作成した2日後(つまり今日、24日)の予想天気図がこちら。fsas48_20160924-21日本の東にある低気圧から延びる前線は短くなり、日本付近の前線は不明瞭化。前線の名残りが本州の南にあるけど天気はそれなりに回復。そんな予想でした。

ところが・・・

こちら、23日に作成した翌日(こちらも今日、24日)の予想天気図がこちら。上の天気図と同じ時刻を予想した天気図です。fsas24_20160924-21消えてるはずの前線がしっかり表現され、さらに思いっきり本州にかかる予想に。
当初の予想より前線がハッキリ残る&場所も少し北側になりそう、の2つの変化からかなり予報が悪目に変わってしまいました。
前線から離れてる順にこんな感じ
 北陸:晴れるよ!→少しは晴れるはず
 中部:そこそこ晴れるよ→やっぱ晴れそうにないです…
 関東~東海:少しは晴れるよ→むしろ雨、ごめんなさい!!
fore_20160924-05

予想が変わったのは停滞前線の不確実性といってしまえばそれまでだけど、もう少し具体的に見つけるならこれから近づくトラフ(気圧の谷)が思ってたよりハッキリしてるってことになりそう。
水蒸気画像で西から近づく黒い部分がそのトラフです。wv_20160924-0500

停滞前線がダラダラと居座る中、こうしたトラフが近づくと前線は活発化&少し北上し、時には低気圧が発生することも。
この仕組みは季節を問わず、停滞前線の定番です。
今年の梅雨の実例⇒<梅雨の天気予報のハズレ方>

救いとしては、トラフが抜けた明日こそはそこそこ天気が回復しそう。
そして、前線がある=日本付近で夏と秋の高気圧が押し合いしてるおかげで、台風17号は日本に近づくことができず南の海を西に素通りしそうってこと。t1617_20160924-03

念のため最新の天気予報を確認しつつ、予定の立て直しをお願いします・・・。

山梨でテント泊BBQを考えてた我が家もこの悪天と、チビすけの発熱というWパンチであえなく予定変更。
どっちも仕方ないもんだと諦めてます・・・。

梅雨の天気予報のハズレ方

梅雨時期の天気予報が外れやすいということを紹介した前回の記事:梅雨の天気予報との付き合い方
これを書いたからというわけじゃないと思うけど、関東地方で見事に予報が外れた事例があったのでご紹介します・・・。

2日前(6/19)に作成した今日(6/21)9時の予想天気図がこちら。
fsas48_20160619-09メリハリなくだらんとした梅雨前線が東海~関東付近では少し南に下がって海の上にある予想。
よって、関東地方は曇りで雨はほとんど降らないという予報を出していました。

しかし、これが1日前(6/20)に作成した予想天気図だとこうなります。
fsas24_20160620-092日前(6/19)ではすんなり南に下がると思っていた前線はあまり下がらず、さらに近畿地方には低気圧が発生するとの予想。
低気圧の発生、それは天気にメリハリが出るということを表します。
そして「曇り」だった天気予報は、「やっぱり雨が降りそう」に変わることに。

そして結果。今日(6/21)、実際の観測データから作成した9時と15時の天気図がこちら。
spas_20160621-09spas_20160621-15前線は1日前(6/20)の予想よりもさらに北側になり、低気圧も関東の南海上ギリギリを通過。
15時の天気図では低気圧の前(東)側は温暖前線、後ろ(西)側は寒冷前線となり、より一層天気にメリハリが出たことを示しています。

実際の天気をレーダーと衛星画像から見てみます。
まずは6/21 9時と15時のレーダー画像。rad_20160621-0900rad_20160621-1500

続いて6/21 9時と15時の衛星画像。
vis_20160621-0900vis_20160621-1500

このように2日前には『前線がだらんと南に離れて曇り』予想が、実際には『前線が近く&低気圧も通過。まとまった雨のち晴れ』になってしまいました。
あとからこの予想&実況を振り返ってみると色々と反省点も見つかるけど、正直なところ2日前の時点でこれを予想するのはかなり困難な事例だったかと。

このように、梅雨時の天気予報は本当に難しく外れやすいため、常に最新の予報をチェックすると共に柔軟に対応できるプランの準備をオススメします。
もちろん天気予報の関係者は誰しも当てようと頑張っていますが、すぐにバッチリ当たるようになることは無いと思うので・・・。

次はどっちだ!? 雪vs雨の闘い再び

関東の雪の予報には「どれだけ“水分”が降るか(降水量)」と「どれだけ雪になるか(気温)」を両方ピタッと当てる必要があり、それは今の予報技術じゃかなり難しい。
そんな話を少し前に書きました。(宇宙から見る関東の大雪

1/18は「結構降りそう×気温低そう=大雪!」な予想がピタッと当たった事例。

でも、その一週間後の1/23には「少しだけ降りそう×気温は低い=サラッと雪」の予報が「ほとんど降らず×気温低い=チラッと雪」な結果となり外しています…。

そして今週。
またもや金曜(1/29)~日曜(1/31)にかけて関東一帯の天気予報関係者を悩ます事態になってます。
こちらが1/28と29の予想天気図
fsas24_20160127
fsas48_20160127

1/28には九州の西海上に停滞前線ができ、1/29には前線の上に低気圧が発生。
そして低気圧は東に進み、南岸低気圧が関東付近を通過。
そんな予想になってます。

で、何が降るかが大問題。
今の段階では「平地は雨主体、標高が高いとこは雪たっぷり」が本命の予想。
でも、今の予想より気温が少し下がって再び大雪!に化ける可能性も十分ありえる状況です。
このなんともハッキリしない気持ち悪い状況を、どう世の中に伝えるかが天気予報関係者の悩みのタネであり、腕の見せどころ。

気象庁の1/27夕方の予報では、お天気マークだけ見ると傘ばっかり。
foca_aftomorrow_20160127

傘マークをじぃ~っと見つめ続けるとぼんやり雪だるまが見える・・・なんてことはありませんが、ちゃんと予報文を見ると東京の天気も『雨か雪』になってます。
foca_week_20160127

傘か雪だるまかの天気マークだけでなく、どこの人がどんなことを言うか。
ズバッと勝負に出るか、様々な可能性を絞りきれずにフワッとした表現にするか。
週末にかけての天気予報ではそんな葛藤も楽しんでもらえればと思います。

そして一番大事なのは、雪の予報はハズレやすい!を忘れないこと。

降ったらどうするか、降らなかったらどうするか。
この週末はふた通りの過ごし方を考えておくことをオススメします。

今のところ弱気な予報士より・・・

お天気講座 0章.はじめに

みなさんは、天気予報って当たってると思う?と聞かれたらどう答えるでしょうか。
ぼくは「かなり当たるよ~。思いっきり外れることもたまにあるけど…。」といったところです。

天気予報を考えていて“外れた”と思うとき、そのパターンは以下の3つがあります。

①まったく予想してなかった(本気のハズレ)

②可能性は分かってても確信が持てず、その予報にしなかった(信頼性のハズレ)

③予想通りだけど、予報でうまく表現できなかった(表現のハズレ)

普通の人からすると全部同じハズレですが、少しコツを掴むと③のハズレは自分で回避できるようになります。
たとえば夕立のように、ごく狭い範囲で天気がガラッと変わるような時がこのパターン。

「天気予報で雨だといってたから傘を持っていったのに全然降らなかった!(怒)」となるか、「あっちは降ったみたいだけど、運よく自分は降られなかったな~(喜)」となるかはあなた次第。
上級者ともなれば「レーダーを見て雨雲の隙間を走るから傘などいらん!」といった選択肢も出てきます(笑)

続いて、天気の中にも技術的な限界から予想しやすい天気と予想しにくい天気があり、そのことを知っていると②のハズレが起きそうな匂いも感じれるようになります。

先ほどの夕立の例は②のハズレにも含まれますが、他には梅雨時や台風が近づいてくるときの天気などが該当します。(本当に難しいんです…涙)

そして①のハズレ。観測技術やコンピューターによる予測技術が発達した現在ですが、それでも「えっ!?」と思うようなことは無くなりません。

予報を出す立場の人間がこんなことを言うと言い訳になってしまいますが、“予想できて当たり前”という気持ちはちょっとだけ控えめにして、自然現象に対する謙虚さも持ち合わせてもらえればと思います。

それでは前置きはこの辺にして、次回から本題に入っていきます。