タグ別アーカイブ: 初雪

寒気のバトン

11月なのに関東で雪?積雪!?な内容な地方情報が発表されました。
雪に関する関東甲信地方気象情報

雪になるからには当然寒くないとダメなわけで、東京で記録的な低い気温が予想されるのにもわけがある。picsart_11-22-09-54-37

その理由はすでに今日の天気図に。
ただいま、大陸には絶賛寒気溜め込み期間。
この寒気が明日北海道に襲いかかる予想です。
暴風雪と大雪に関する北海道地方気象情報
picsart_11-22-09-06-12picsart_11-22-09-09-52

北海道を襲った寒気は東北あたりまで南下して、しばし休憩。
24日に関東の南にできる低気圧がさらに引き込んで関東で記録的な寒さに。
そんな南北2段構えな構造になってたりします。
picsart_11-22-09-13-30picsart_11-22-09-16-55

北からガッツリ寒気が落ちてくるよ!といった大きな環境場はそれなりに信頼度が高く、その先問題になってくるのが実際に関東の気温がどうなるか、そしてどれだけ降水(雨も雪も含む)があるか。
今回は24日に関東の南にできる低気圧の予想がちょっと不確実性があり、どこまで降るかなぁと頭を悩ませてるのが今の段階です。

関東の雪は
気温2℃→ただの雨
気温1℃→みぞれ混じり、積もるかも?
気温0℃→完全に雪&積もってエラいこっちゃ!
と判断が難しすぎる現象。

正直なとこ、予報がピタリと当たれば担当者はガッツポーズ!なくらいの難易度です。

ちなみに、ホントに東京で降ったり積もったりすればウン十年ぶりの記録的な現象。

明日になればさらに細かい予報や情報が出てくるはず。
歴史的な雪を拝めるかを楽しむくらいの心構えでお待ちください。

2016年の初モノ(雪と…台風?)

あまり冬っぽくない今シーズンですが、今日(1/12)は東京で初雪となりました。(NHKニュース
冬の関東はなかなか「気温が低い×降水がある」の条件を同時にクリアしにくく、雪の遅い早いはかなり偶発性の高いイベントです。
雪が降るか降らないかだけでも難しいのに、さらにどのくらい降るか&積もるかの予想は猛烈に難しく、しかも世の中への影響はかなり大!
そんなわけで冬に南岸低気圧がくると関東エリアの予報担当者はドキドキしながら資料と実況をにらみつけることになります。
今回みたいに明らかに降水が少ない場合は、どんなに悪くても雪が舞う程度なのであまり心配することはありませんが。
(初回は“初雪”になるので緊張感5割増)

もうひとつ気になる2016年の“初モノ”が台風。
ここ数日、太平洋のド真ん中にいるハリケーン“パリ”がどこに行こうかフラフラする状態が続いてます。
日本の天気図衛星画像の端っこにもその姿がチラリと(下図中、赤丸)。
ASAS-20160112-0900
IR_20160112-0900

台風とハリケーンどちらも“発達した熱帯低気圧”で、気象現象としてはまっく同じもの。
場所が変われば名前が変わる、それだけの話です。

ただし、名前と共にその台風/ハリケーンの担当者が変わるというのも重要な点。
北太平洋のうち東側(西経域)はハリケーンとしてハワイにあるアメリカの気象局(CPHC)が担当、西側(東経域)は台風として日本の気象庁が担当しています。
そしてハリケーン“パリ”の現在の位置は西経170度よりちょっと西側。
もう少し西に進んで西経180度=東経180度のラインを跨ぐとハリケーンから台風に看板を架け替え、日本の気象庁のお仕事になります。

最新の予報ではゆっくりと、本当にゆっくりと西に進む(かも)といった状況。
近いうちに台風第1号ができました!というニュースがあるとすればコイツですが…無いかなぁ。

hurri-forecast_20160111-1700