タグ別アーカイブ: 冬型気圧配置

2つ玉低気圧は融雪の香り

今日(23日)の夕方に発表された暴風雪と高波に関する全般気象情報

中身のメインは「25~27日頃にかけて強い冬型になりますよ。特に北日本の人は気をつけてね!」といったところ。
ただ、雪山好きとしては見逃せない内容がもうひとつ。

それは「25日は低気圧に向かって暖かい空気が流れ込むから北日本でも雨が降って雪解けが進みますよ」ってこと。

現時点(23日夜)で作成されてる予想天気図は24日朝と25日朝。
24日朝に朝鮮半島の西側にある低気圧が25日にかけて発達しながら東進。
と同時に、本州の南側にも低気圧が発生&発達しながら東進。
日本海と本州南岸をそれぞれ低気圧が進む、通称“2つ玉低気圧”って状態になることが予想されてます。

低気圧に向かって暖かい空気が~ ってとこを見るには24日夜の予想天気図が欲しいとこだけど、無いのは仕方ないので高層天気図(数値予報資料)に落書き。

※高層天気図はHBC(北海道放送)さんや地球気さんから見ることができます。どのタイミングでどこに低気圧や前線が予想されるかは地球気さんに載ってる短期予報解説資料が参考になります。

で、これが24日夜の予想資料(FXFE50シリーズ)に低気圧(赤×)と前線を落書きしたもの。
ちょうど2つ玉低気圧状態になったところです。

今のところ南側の低気圧だけに前線を予想してるけど、日本海の低気圧もしっかり発達して前線的な構造は持つ見込み。
細かい解説はおいといて、エイヤと落書きを追加するとこんな感じになります。
赤&青点線が前線的なもの。紫矢印が暖気、水色矢印が寒気の流れ。
南北2段の低気圧でせっせと南の暖気を北に押し上げ、ぐいぐいと暖かい空気が日本海に流れ込む予想です。

じゃあ具体的にどのくらい暖かくなるのかを見るのには上空約1500m(850hPa)の予想気温が載ってるFXFE57シリーズがオススメ。

23日夜には本州にかかっていた0℃の線が・・・

24日夜には日本海中部~青森まで北上する予想!

温度線からざっくり読み取ると、北アルプスエリアでも標高1500mでプラス3℃くらい。
だいたい標高2000mくらいまでは雨かべちゃ雪、そんな気温になることがわかります。

こうして雪山にはベチャベチャな積雪層が形成され、そのまま強い冬型に突入してドカッと乾いた雪が載ることに。

そんな劇的な変化が雪山に襲い掛かる予想です。

今回の一連の現象が落ち着いたあと、美味しい斜面を滑る前にシビアな判断が必要な人はもちろん。
のんびりした斜面で散策を楽しむ人も、少し雪を掘ってみると雪の中に記録された気象の変化に出会えると思います。

気になるけど雪山行けないよ~な人は、日本雪崩ネットワークの積雪観察情報、SPINから現地の情報を覗くこともできます。
データを読み取るにはちょっと勉強が必要ですが・・・。

その辺は雪崩との付き合い方も含めて日本雪崩ネットワーク発刊の雪崩リスク軽減の手引きにイロハがまとまってるので興味のある人はぜひ。
できたてほやほやの改訂版が発売中です。

なぜ昼に風が強まるか→やっぱり太陽の力は偉大

朝はとても穏やかだったけど、昼間は結構な北風が吹いてた昨日の関東。
ぼくも外出先で自転車を倒されました…。

アメダスを見ると朝と昼で大違い。
全体的に風の弱い朝に比べ、昼には関東平野を北西風が吹き抜けてるのがわかります。

じゃあなんで風が強まったのかと朝&昼の天気図を比べてみると…
間違い探しかってくらい変化は少なく、どっちも冬型気圧配置が続いたまま。

熊谷のウィンドプロファイラを見てみると、少し上空(高度1~3km)の風は夜中から昼にかけてずっと強かったことがわかります。

じゃあなんで地上の風がこんなに変化したかというと、ここでも太陽が大活躍。

夜間、地表付近の空気は冷えて落ち着き、上空の空気と混ざりにくくなってます。
上空でいくら風が吹いても頭の上をすり抜けるだけ。
地表付近の風は弱いまま。

ところが、朝になって太陽から照らされると地表付近の空気は暖められて軽くなることで対流が発生。
風の強い上空の空気と混ざることで地表付近でも風が強くなるって仕組みです。

夜間の地表付近の動きが鈍くなった空気の層を接地逆転層、日中に対流でかき混ぜられた空気の層を混合層なんて呼んだりもします。

そして夕方になると冬型気圧配置が緩んで上空の風も弱まり、再び夜間になることで地表付近はまた吹きにくい状態に。
こうした風の変化が起きた1日でした。

冬型気圧配置が続いてるのに風が弱いなぁと思った朝。
油断して日中の風の強まりに洗濯物などを飛ばされないようにご注意ください。

冬型の強さは寒気×海水温

ついに冬がきた!状態が始まった今日の衛星画像。いい感じに日本海には筋状の雲がびっしり。今回の寒気はかなり強い上に長続きしそう。vis_20170111-1200

13日にひと休みした後、14~15日が寒気のピークになる予想で、全般気象情報でも「とりあえずの13日まで。さらに14&15日も。」といった内容になってます。fefe_20170110-12

何かしらの条件をつけて「○○ぶり」や史上最強みたいな枕詞をつけて煽るような解説は好みじゃないけど、数年に一度クラスの寒気がくる&居座るので気を引き締めるべきってのは間違いないかと。
例えばこんなの→今シーズン最強で最長の寒波襲来へ@tenki.jp

さてさて、今回みたいな冬型気圧配置の時に出てくるのが「上空○○メートルに◎度の寒気が」や「大雪の目安となる◎度の寒気」みたいな解説。
重要かつ分かりやすい(=解説しやすい)指標なんでよく使うけど、寒気の強さ以外にももうひとつ重要な着目点が。

冬型による雪雲は、カラッカラに乾いた&キンキンに冷えた大陸からの寒気が、(相対的に)ポカポカに温かい日本海からたっぷり熱と水蒸気をもらって発達します。
冬の露天風呂を思い浮かべて、外が寒ければ寒いほど、そしてお湯が熱ければ熱いほど湯気が多くなるってことを考えればしっくりくるかなと。

色んなとこで解説されてるように今回の寒気は第一級。
じゃあ日本海の様子はどうかというと、海水温&平年差がこちら。sstd_nk20170110sstd_anom_nk20170110

北海道くらいしかまともな寒気がきてない今シーズン、日本海はまだ冷め切らずにポカポカした状態。
ここにしっかりした寒気が流れ込むもんだから、かなりしっかりした雪雲になりそう。

こうなると多少の山は乗り越えて、並の冬型よりも内陸側まで雪が降ることに。
日本海側に面した山域だけでなく、もっと太平洋側の山域でも雪や吹雪への心構えが必要になります。

ここまでわかりやすく悪天だとさすがに無理する人はいないと思うけど、山に限らず「まあなんとかなるっしょ」ではなく「ホントに大丈夫かな?」の心構えで行動することをオススメします。
のんびり過ごす人は衛星画像で楽しみましょ。

ただ、タイミングが悪いとことに、寒気のピークとなる14&15日はセンター試験。
場所によってはどうにもこうにもならない状況になることもあると思うんで、受験生も「いざとなれば追試日程があるさ」を頭にいれて落ち着いて挑んでください。
どんな状況であれ、「絶対に○○しなきゃダメ!」は落ち着いた判断の大敵なので。

冬の天気のハズレ方(冬型気圧配置編)

昨日、11月16日は結構晴れまっせ、な予報が出てました。

しかしっ!!

結果は憎たらしい雲が関東南部に張り付き、神奈川~東京~千葉エリアはたまに日が差した程度。
見事な惨敗っぷりでございました・・・。

冬型気圧配置で関東は晴れるよ~って言ってたのに!という冬の定番ハズレパターンのひとつだったので反省をこめてご紹介です。

16日朝の天気図と広い範囲の衛星画像はこんな感じ。spas_20161116-09vis_20161116-09

ちょっと緩みつつあるけど北日本を中心にしっかり冬型。

日本海は大陸から吹き出す冷たい北西風で覆われ、(相対的に)ポカポカな日本海でたっぷり熱と水蒸気を補給して筋状の雲がビッシリ。
そして日本列島にぶつかって山でたっぷり雪や雨を落とし、太平洋はスッキリいい天気。

これが冬型気圧配置のお決まりパターン。

・・・だけど、よく見ると関東の南海上にももうひとつの冬型気圧配置のお決まりパターンが。

静岡県の沿岸から南東に伸びるひも状の雲と、その北東側に薄っぺらく広がる雲。
水色で地上付近、赤色でもう少し上の風を落書きするとこんな感じ。
vis_20161116-09-3chubu-chikei
長野を中心とした中部山岳地域は標高が高いので冬型の北西風も通るのを嫌がって、標高が低い滋賀~愛知から、あとは山が比較的薄い北関東が吹き抜けやすいポイント。
この東海からの西よりの風と関東~東北からの北よりの風ががぶつかってるとこに上昇気流ができて、このひも状の雲が誕生。
そしてこの雲はすこし上の風に流されて関東南部に広がってるってな構造になってます。

この流されてくる雲の厚みはかなり薄く、どこまで広がるかの判断がなかなか難しい。
今回は思った以上に雲ができやすかったのと、北への広がりが強かったため予報が思いっきり外れてしまいました…。

ちなみにこのひも状の雲を「ならいの土手」と呼ぶ地域もあり、詳しくは<ならいの土手@成介日記(HALEX)>をどうぞ。

今回みたいに地上付近とすこし上空で風の向きや強さが大きく違う状態を「鉛直シアーが大きい」と表現します。
この様子は千葉県勝浦にあるウィンドプロファイラという上空の風を観測する機械でバッチリ見えます。
wpr-katsu_20161116-09
だいたい地上~高度1kmまでの層は北東風、その上の高度2~3kmに南西風が乗り上げてる状態。
こういった鉛直シアーが大きい状況は、関東に北東気流が入って曇るときも同じ。
たとえばこんなとき→<オホーツク海高気圧と山の天気>
関東平野は西側の中部山岳の影になり、鉛直シアーが大きくなりやすい地形。
それが悩ましい天気のもとになることも多々あります。

ウィンドプロファイラは上空の風の流れが見えるから山に登る人も結構参考になるはず。
あいにく沿岸部が中心で内陸には少ないけどウィンドプロライラについて詳しく知りたい人は<ウィンドプロファイラについて@気象庁>をどうぞ。wpr_map

西高東低の“高”に注目!

冬に何度も耳にする「西高東低の冬型気圧配置」という言葉。
字があらわす通り、日本の西(大陸)に高気圧―日本の東(太平洋上)に低気圧。
そして天気図では間隔の狭い等圧線が縦じま模様、というのが冬の定番です。

冬に大陸にできる高気圧(シベリア高気圧)は、内陸で猛烈に冷えて重くなった空気によってできる高気圧。
天気図の上ではあまり動かず、いつ見ても同じようなとこにいるのが特徴です。
また、高気圧の強さ(気圧の高さ)はどのくらい大陸に溜まった寒気が強いかの目安にもなります。

この週末に西日本中心にかなりの寒波が来るぞ!とニュースになってるけど、今朝(1/23 9時)の天気図で大陸にある高気圧を見てみると中心気圧はなんと1076hPa!
冬になると1060hPa台の高気圧はよくできるけど、1080hPa級というのは文句なしの一級品です。
(それにしてもカラー版の解像度、もうちょっとどうにかならないのかなぁ)
asas_20160123-00w

この寒気が流れ込む1/25にかけて、日本付近は綺麗な冬型の気圧配置に。
天気予報でも鹿児島まで雪だるまが登場するなど西日本は本格的に荒れる予想です。
最新の気象情報なども参考にご注意を!
fsas48_20160123-00
forecast_20160124