タグ別アーカイブ: ハリケーン

ハリケーンから台風へ→なりました

前回(ハリケーンから台風へ)取り上げたハリケーンHector。

ついにハリケーンHectorから台風Hectorへ改名して再デビュー(?)したんでその記録を。

ハリケーンHectorから台風Hectorへ改名したってことは、RSMC Honolulu@ハワイからRSMC Tokyoへバトンパスしたってこと。
8月14日3時(日本時間)から東経域に入りRSMC Tokyo管轄の“台風”になりました。

RSMC Honoluluでは“Hurricane”から“Tropical Storm”へ。Hectorの進路予報@Central Pacific Hurricane Centerに加筆

RSMC Tokyoでは“熱帯低気圧”から“台風”へ。台風情報@気象庁より

…これじゃいつもと変わらん!ってことで、8月14日3時のアジア域天気図から台風17号を拡大。

普段の“熱帯低気圧から発達して台風”のパターンとの違いを探してみてください。
こっちは8月13日9時にできた台風16号のとき。

元々TROPICAL STORM(最大風速34ノット以上)だった台風17号と、TD(TROPICAL DEPRESSION、最大風速34ノット未満)から強くなってできた台風16号。
そんな感じです。

しかし、こうした熱帯低気圧ネタを書くときは日本語と英語で微妙にズレがあるからなんとも書きにくい。

最大風速34ノット以上の熱帯低気圧は台風。
でも、最大風速64ノット未満の台風はTYPHOONではない、なんてことになってます…。
アジア太平洋域 実況天気図の説明@気象庁より

ハリケーンから台風へ

ハワイの近くにあって、日本のアジア域天気図にも姿が見えるハリケーンHector。もうある程度話題になってるけど、場所と進路がちょいと気になる状態です。天気図赤外画像@気象庁より

赤外画像に書き込んだ赤線は東経180度線(かつ西経180度線)。ハリケーンHectorがこのラインを跨ぐとちょっとめんくさいことに。

台風やハリケーン、サイクロンといった熱帯低気圧に対して、世界気象機関(WMO:World Meteorological Organization)の枠組みの元、世界で6つの熱帯低気圧地区特別気象センター(RSMC:tropical cyclone Regional Specialized Meteorological Centre)があってそれぞれ担当エリアの監視を請け負ってます。

日本周辺はというと、気象庁がRSMC Tokyoとして北西太平洋エリアの熱帯低気圧“台風”を担当。
地域特別気象中枢@wikipediaより

困ったことにたまにRSMCの担当エリアを跨いで移動するひねくれ者が出てくる。今回話題になってるハリケーンHectorがまさにこのパターン。

今のとこRSMC Honolulu@ハワイの管轄の元でハリケーンとして過ごしてるけど、このまま西へ進んで東経180度線を跨げばRSMC Tokyoが管轄する台風として看板を掛けかえることになります。
ハリケーンHectorの進路予報を見ても順調に西進するようなので時間の問題なのかなと。
Hectorの進路予報@Central Pacific Hurricane Centerに加筆

RSMC HonoluluからRSMC Tokyoへ。
どのタイミングで引継ぐか、両者の強度解析や進路予報に大きなズレはないか。
イレギュラーな事例に対してシステムはうまく動くか。
台風の現場では色々と大変だそうです。

ちなみに、普段の台風の名前はリストから順番につけてるけど、越境してくる場合は生まれ故郷の名前をそのまま引き継ぐルール。

ハリケーンHectorから台風Hectorへ。

日本への影響はまったくもって気にする段階じゃないけど、ひねくれ台風の誕生の瞬間にご注目あれ。

しっかし本当に色んなことが起きる2018年夏ですな…。

2016年の初モノ(雪と…台風?)

あまり冬っぽくない今シーズンですが、今日(1/12)は東京で初雪となりました。(NHKニュース
冬の関東はなかなか「気温が低い×降水がある」の条件を同時にクリアしにくく、雪の遅い早いはかなり偶発性の高いイベントです。
雪が降るか降らないかだけでも難しいのに、さらにどのくらい降るか&積もるかの予想は猛烈に難しく、しかも世の中への影響はかなり大!
そんなわけで冬に南岸低気圧がくると関東エリアの予報担当者はドキドキしながら資料と実況をにらみつけることになります。
今回みたいに明らかに降水が少ない場合は、どんなに悪くても雪が舞う程度なのであまり心配することはありませんが。
(初回は“初雪”になるので緊張感5割増)

もうひとつ気になる2016年の“初モノ”が台風。
ここ数日、太平洋のド真ん中にいるハリケーン“パリ”がどこに行こうかフラフラする状態が続いてます。
日本の天気図衛星画像の端っこにもその姿がチラリと(下図中、赤丸)。
ASAS-20160112-0900
IR_20160112-0900

台風とハリケーンどちらも“発達した熱帯低気圧”で、気象現象としてはまっく同じもの。
場所が変われば名前が変わる、それだけの話です。

ただし、名前と共にその台風/ハリケーンの担当者が変わるというのも重要な点。
北太平洋のうち東側(西経域)はハリケーンとしてハワイにあるアメリカの気象局(CPHC)が担当、西側(東経域)は台風として日本の気象庁が担当しています。
そしてハリケーン“パリ”の現在の位置は西経170度よりちょっと西側。
もう少し西に進んで西経180度=東経180度のラインを跨ぐとハリケーンから台風に看板を架け替え、日本の気象庁のお仕事になります。

最新の予報ではゆっくりと、本当にゆっくりと西に進む(かも)といった状況。
近いうちに台風第1号ができました!というニュースがあるとすればコイツですが…無いかなぁ。

hurri-forecast_20160111-1700