タグ別アーカイブ: クラック

海氷の歩き方

日ごとに夜が長く&暗くなる昭和基地。
春分の日も迫り、昼と夜の時間が同じくらいになってきました。
3月12日には最低気温-18.2℃、最高気温も-13.1℃となかなかの冷えっぷり!

そんな寒い日も、海氷の上へ。
どれだけ積雪が増減したかを調べに行きます。

海氷の上に出るとき、一番注意しなきゃいけないのは氷のひび割れであるクラック。
がっしりして動かないように見える厚さ数メートルの海氷も、実は潮位の変化で結構上下に動いてたりします。昭和基地リアルタイム験潮データ@海上保安庁より

動かない陸の氷と、上下に動く海の氷。
その境目には海岸線と平行に何本も潮位によるクラック、タイドクラックが発生。

タイドクラックを見落とさないように周りをよく見て。
何本も足元を横切るクラックがあるのが分かるでしょうか?

細いように見えても雪で蓋されてるかもしれないので慎重に。
先のとがった鉄の棒、ゾンデ棒と剣スコを使って足元チェック。

クラックの縁には、相対的に暖かいクラックの奥から出てきた水蒸気が雪の表面に昇華(凝華)して綺麗な霜が。

黒い方眼は1mm。

気温が高い&日差しが強い夏の間には表面が解けた水たまり、“パドル”ってのもあったりしたけど気温の下がった今ではカチコチ。
表面は凍ったけど中は水たまり、なんて可能性もあるから油断しすぎもよくないけど、まあそこまで気にしなくてもOKです。
夏盛りの1月はこんな状態でした。

そうこうしてるうちに、目的地の“雪尺”エリアに到着。

雪面に立てた竹竿(雪尺)がどれだけ埋まってるかを記録することで、雪がどれだけ増えた/減ったを測る方法。
今回は写真撮らなかったけど前回の作業はこんな感じ。
まあなんとも原始的な作業ですw

厳しい環境でこそ SIMPLE IS BEST。
安いし、軽いし、丈夫だし、電源・燃料いらないし。
環境の厳しい南極でも木や竹といった自然素材は大活躍です。

近くてホントに良い山、谷川岳

埼玉県から始発電車とバスを乗り継いでの谷川岳。先週の武尊山の苦労があったから、公共交通だけで9時にロープウェー乗り場につくありがたさが余計に身にしみる…。

さて、今日の谷川岳がとんなだったかというと「山と天気の神さま、ほんとありがとおぉぉぉ!」と山頂で叫びたくなる状況。
昨日降った雪のおかげでしっかり純白モード。
これを春の穏やかな陽気の中で見れる贅沢さに、ただただ感謝な1日でした。ほんと、冬に目の当たりにする自然の造形は凄まじいとしか言いようがないです…。

ただし、新雪に覆われてキレイになった下に潜む怪しい罠も多数。
雪庇ができるような稜線部には結構な数のクラックができてて、新雪で隠されてるもんだからハマってる人も結構いたっぽい。
ぼくは後発組だったからもう見えてたけど、先発組はかなり邪魔されたんじゃないだろか。
できるだけクラックの落ちる側は歩かないようにしたけど、仕方ないような場所は頼むから動くなよ~と祈りながらの通過でした。

それなのに!
明らかにクラックの先、雪庇先端部まで行って写真をとってる人も。
同じパーティーの仲間からそこはやめとけ、危ないからと言われても「大丈夫だって」との返事。そんな人にわざわざ声をかける気にもならず、頼むから目の前で落ちないでくれよと呟くのみ。
根拠のない「大丈夫」でリスクに突っ込む典型的な光景でした…。
雪もしまって暖かくなってどんどん気分は春だけど、危険を察知するセンサーのスイッチだけは切っちゃいかんと気持ちを引き締めるきっかけにはできたかなと。

あと、今日嬉しかったのは初めて生で動いてる雪崩を見れたこと!
谷を挟んで反対側の急傾斜の上端から崩れはじめ、大きくなりながら斜面下端の谷部まで到達。
春の全層雪崩だからあんまり早さはなかったけど、直に見れた&音を聞けたのはホントに嬉しかった。

ちょっと気になったのは、雪崩が届いた谷にはバックカントリーのトラックが複数あったってこと。
急傾斜のオープン斜面を滑り終えてベースに戻る消化試合みたいな箇所だけど、日差しをもろに浴びる南面はまだいくらでも崩れそうなとこはあったから上方斜面からの雪崩には本当にご注意を…。

たぶん、ちゃんと雪山な山に登るのは今シーズンはこれでおしまい。
冬に感謝しつつ、春モードに切り替えていこうと思います。

さらば冬よ。また来年よろしく!