タグ別アーカイブ: オーロラ

ゆるキャン△@南極

1年で最も寒い時期に向かいつつある昭和基地。
でも、建物の中は発電機の排熱を活かした暖房のおかげでだいたい20℃くらい。

あ~快適だなぁ。

でも…それで本当にいいのか?

これで南極を満喫したと胸を張って言えるのか?

否!

はるばる南極までキャンプのためにやってきた(に違いない)野クルのみんなを見習うべきである!ゆるキャン△×よりもい、エイプリルフールコラボより

というわけで。

ゆるキャン△@南極が開催決定!
勤務と天気のサイクルからずっとタイミングを計ってたけどついに決行の時がっ!!

実施は7月27日の夜。
会場は現在内装・引越し作業中の基本観測棟、屋上デッキ。
写真左の気象棟から右の基本観測棟への引越しがじわじわと進み、60次隊の越冬が終わる頃には屋上デッキは機械でいっぱいに。
まだスカスカな今しかできない、期間限定の特設キャンプ場。

21時過ぎ、満天の星空の元で先発隊が熱く決意表明!
気温は約マイナス20℃。
ゆるくない寒さを楽しむキャンプ、略してゆるキャンの開始w

まずは星空のターン。
澄みきった空気の中で輝く天の川に

大&小マゼラン雲も肉眼でハッキリ
(サボって広角のまま)

星空を楽しんでるうちにオーロラがじわじわと出て

本気を出したタイミングで記念撮影!
我ながら結構うまく撮れたんじゃないだろか♪

眺めたり、撮ったり、寝転がったり。

みんな思い思いに過ごす南極の夜。

夜が深くなると共に人は減り、残るはぼくを含むモノ好き数人。
とびっきりの夜をテントの中で過ごしました。

そして朝。
東の空に逆さまなオリオン座が昇り、細い月と太陽もそろそろ出ようかな…といった頃にキャンプはおしまい。

多少体が冷えて何度か目が覚めたけど、そのたびに空も眺めれたしまぁ問題なし。
一晩中風が弱かったのがほんとに助かった。

すぐ隣の建物には暖かいトイレ、お湯やカップラーメンの補充も簡単。
鍋を作ることもなくお手軽ゆるゆるキャンプ。
ゆるキャンの名に恥じぬお手軽っぷり。
ただし、ビールはさっさと飲み切らないと凍り始める寒さw

キャンプ後は休日日課だけどなんだかんだと仕事があって、寝不足の体にちょっと堪えたけどフル充電した気力でなんとかカバー。

やっぱ外で過ごすっていいな。

日本に帰ったらまた家族とどっか泊りに行こう。
その時は焚火したいな。

そんな想いにまったり浸る素敵な一夜でした。

南極の空は甘くない(どんより6月)

極夜を折り返し、越冬生活も中盤といったところ。
気分的に前半の締めだった6月の天気がそりゃもう印象深かったんでまとめとこうかと。

とりあえずコレをどうぞ。6月の日ごとの天気のまとめ。過去の気象データ@気象庁より

毎日を朝晩に分けて天気概況ってのを記録してるんだけど「晴」がホントに少ない。
1日8回観測するの雲量(空を覆う雲の割合)の平均も載ってて、まぁ見事に10点満点のハイスコアが並んでます。
6月のうち、ある程度晴れたのが数日。スカッと晴れたのは最後の1日だけ。

「晴れ=大陸の冷たく乾いた空気」「悪天=海からの暖かく湿った空気」が基本原則な昭和基地。
見事な悪天っぷりが実を結んで6月の平均気温は高い方から歴代4位の記録でした。
昭和基地の観測値ランキングはここ→昭和基地の観測史上1~10位の値@気象庁

そんな天気が続くもんだから極夜の暗さと相まってまぁ毎日暗いこと。

南極→極夜→星空&オーロラ見放題!

…と夢見てると精神的ダメージが計り知れないってことを身をもって知ることに。
これから南極に来る人はご注意を。

ついでに少し気象屋っぽいことも。

これだけ露骨に長期間天気が悪いと地球規模の大きな大気の流れにも特徴が見えてくる。

こちら、南半球の500hPa高度の月平均&平年偏差の図と…
続いて地上気圧の月平均&平年偏差の図。
共に大気の循環@気象庁の資料に加筆
☆印が昭和基地の位置。
日本で見てる北半球の図と何が違うか頭が混乱してくるけど、見るべきポイント自体は一緒。

500hPaで見ると昭和基地の西側に明瞭なトラフ&負偏差域。
そしてこのトラフの前面、昭和基地付近に地上気圧で明瞭な低圧部&負偏差域。
昭和基地の上流側にトラフが居座る期間が長く、そのせいで昭和基地付近に低気圧が長居だったり次々と来たって状況が1ヶ月の平均としても露骨に出てます。

実際に日々の予報やってても、上流側にどっかり寒冷渦が居座って悪天サイクルにハマったなぁ…ダメだこりゃ。な気分に浸ってる時間が長かった1ヶ月。
ブリザードも月頭のA級から始まり、月に8個の大サービス。
ほんと吹雪・雪・くもりで埋め尽くされてた1ヶ月だったなと。

でも、最後の最後でとびっきりの夜空を見せてくれたんで良しとします。
やっぱ南極の空は本気を出すと凄い!
7月はどんな1ヶ月になるかな~。

星降る夜に

昨日、26日はひっさしぶりに文句なしの快晴!
大陸からのキンキンに冷えた&乾いた空気に覆われた朝の最低気温は60次隊として初の大台に乗る-30.9℃。
肌に寒さというよりは痛さを感じる空気の中、なんとか地平線から顔を出す太陽の日差しを浴びながら過ごす穏やかな1日。

この日は夜まで好天が続く予想。
これは行かねばとドキドキしながら夜の屋外へ。

目が慣れるまでもなく、星が多いのがすぐ分かる。

だんだん目が慣れてくると…やっぱり凄かった。

2019/5/26 22:00頃、東の空

ちょうど月明かりもオーロラも邪魔をせず、夜空は星々が埋め尽くす。
言葉ではうまく表現できないけど圧倒的な広さと深さを感じる素晴らしい世界。
天の川がホントに天の川や・・・

指先の冷たさにはちょっとだけ苦しみつつ、のんびり夜空を満喫する。

せっかくなんで、ぐるっと写真。

南の空

西の空

最後に北の空

そんなことをしてるうちに、ちょっとだけオーロラも登場して華を添えてくれた。

ただし、肉眼じゃ「なんかぼんやり明るいかなぁ」程度のオーロラ。
星に寄せてオーロラを撮ると盛りすぎな写真になるんで、なんかズルいことしてるような気分になりますw

久しぶりに感動する夜空に出会えて、なんか心が軽くなった気がする。
脳内BGMはやっぱスカパラかな。

まもなく長い長い南極の夜、極夜。
南極の神様、次は迫力満点のオーロラお願いします!

南極の夜の過ごしかた

31人だけで過ごす昭和基地の越冬生活。仕事の他に、日々の暮らしに彩りを加えるべく“生活係”ってシステムがあったりします。

実用的なとこから娯楽系まで色んな係があるけど、この日活動してたのは“シアター係”。
その名の通り、みんなで映画見ようぜ!ってのを仕切る係です。

ここは南極、昭和基地。
ということで、上映初めは“よりもい”から♪

上映会場は何かと人が集まってイベント会場となる食堂の一角。
まさにそこに日向がいる。作品の中の世界に入り込んだかのような不思議な感覚。

出発前に国内で見た時も凄い作品だと思ったけど、実際にしらせ、夏作業、そして夏隊との別れを経験した状態で見るとホントに色んな想いを呼び起こされる。
夏隊のみんな、元気にやってるだろか・・・。

そんなことを思いながら今回は9~13話。
見事に今回も泣かされました。
これだけの作品、自分用にもファンブック買っとけばよかったなぁ。

そんな涙涙のよりもい上映会が終了。
感動のオーロラ回のあとに夜空を見上げると・・・出てた。

「本物はこの1万倍綺麗だよ」なんて言ってみたくなるけど、綺麗というより、凄いの一言。

雲よりもずっと高いとこにあるはずなのにすぐ近くにも見えるし、とんでもなく大きいのにどんどん姿形を変えて動き回る。

なんとも不思議で圧倒的な存在感。
完全なる未知との遭遇。
オーロラ、凄いです。

ずっと見ていたい気持ちになるけど…ちょっと寒い。

夜がちゃんと夜っぽい暗さになり、スッキリ晴れた日はマイナス10℃くらい。そして風もそこそこ。
夏が終わって冬が迫ってきてることを日ごとに実感。
今の昭和基地はそんな感じです。

星空も狙って撮ってみたいけど、ここ数日はオーロラがちょいちょい出てるんでなかなか綺麗にとれない。
南極経験者が「星撮りたいのにオーロラが邪魔するんだよ」なんて言ってるのをなんつー贅沢な…と思ってたけど、なるほどこーゆーことか、と実感しつつありますw