タグ別アーカイブ: ひまわり8号

春霞とは言うけれど

東京で見た今日の空はなんとも微妙な白け具合。どんな資料を見ても雲はないはずなのに、どう見ても空が白い。空というか景色が白い。

こんな時は雲以外の何かがわるわけで、カラー画像が見れるひまわり8号が大活躍。以前のひまわりは基本的に雲を見るための衛星だったけど、ひまわり8号は雲以外にもいろんな物が見えちゃいます。

ただ、見ていて気分のいいもんじゃない、って物も見えちゃうわけで…。
何かと悪いものをイメージするだけで気分が悪くなるって人はここから先は非推奨です。

一応お断りはしたところで、こちらが今日(19日)の衛星画像
北海道はくっきり見えるけど、本州以西はなんとなくぼやけた姿。その“ぼやけ”は日本海から東シナ海、そして大陸へと繋がってるわけで…。

もう十分想像はできるけど、ちょっと衛星画像をさかのぼってみます。
以下、18日から15日まで1日ごとの衛星画像です。はい、さかのぼって行くとばっちり大陸にたどり着きました…。

15日に低気圧が日本を通過したあと、今日にかけて大陸付近はずっと高気圧に覆われた状態。その高気圧が今日にかけて東へ広がってるのが天気図を眺めるとわかります。

高気圧に覆われた場所は風が弱く、もちろん雨が降ったりもしない。
そしてちょっと気象学的な話をすると、高気圧は下降流が卓越する構造。(低気圧は上昇流)
上空にある空気は塵や水蒸気がほとんど無くて澄んでるけど、その上空から降りてくる空気に押さえ込まれて地表付近の空気は上下の動きも制限されることに。

この状態は高気圧の勢力が強いとエマグラムで「沈降性の逆転層」としてハッキリ姿が見えるけど、今回はそこまでハッキリした物ではなかったんで今回は割愛。
そのうちいい事例があれば改めて紹介しようかなと。

ともあれ、高気圧に覆われたところでは空気は水平方向にも鉛直(上下)方向にも動きが鈍くなり、地上から出てくる水蒸気や人為的な塵なんかはどんどん溜め込まれることに。
そうやって作られた濁った空気の塊が流れ込んでるのがここ数日の日本だったりします。

もちろん日本が自分のとこで出した塵なんかも溜まりやすいわけだけど、衛星画像や国立環境研究所の大気汚染予測システムの結果を見ると大陸に向かって文句のひとつでも言いたくなるのは間違いありません。
環境省のそらまめ君で見れる、PM2.5の観測値もそれなりの値に。

ま、ぼくとしては流れてきた煙の名残りなんかより、その辺の山々でワサワサと流れ出る花粉の方がよっぽど切実な問題ですが…。

自分で自分の首を絞めるだけかもしれませんが、今日は飛んでるな~と思ったらはなこさん@環境省をどうぞ。

今日もちゃんと飛んでます(涙)

初日の出ノススメ

2016年も残すところあとわずか。
やっぱり毎年気になるのが元旦、特に明け方の天気。
山好きとしてぜひ山の上でご来光を。
それが無理だとしても、どこかで初日の出を拝みたいところです。

元旦の予想天気図を見ると、西日本は高気圧に覆われ、北日本は冬型の影響がほんのり残りそう。
ざっくり考えると北~東日本の太平洋側と西日本はかなり脈あり。
北日本~東日本の日本海側はまあそうだよね…って雰囲気です。fsas48_20170101-09

元旦のご来光で盛り上がる場所はあちこちあれど、関東でガッツリ気合が入ってる町といえば関東最東端の銚子。
(離島&山を除いて)日本最早の日の出時刻を誇り、元々最果て感のある犬吠埼は雰囲気もバッチリ。
今回はちょっと東の海上で雲が多いかも…といった心配はあるけど、チャレンジしてみる価値はある場所なので一度はぜひどうぞ。
≪【2017年】日本一早い初日の出インフォメーション@銚子市≫

犬吠埼のほかにも、ぐるっと海を見渡せる地球の丸く見える丘展望館もオススメです。
≪地球の丸く見える丘展望館≫

さて、もっと東側にある北海道の根室を抑えて、なぜ銚子が初日の出最早なのか。
地軸の傾きで・・・って解説はよく聞く&上記の銚子市のサイトにものってるけど、気象好きらしくひまわり画像で見てみると元旦の夜明けはこんな感じ。
地球の真東ではなく、南東側から明るくなってる(=南東ほど夜明けが早い)ことがわかります。
vis_20160101-0700-2ひまわりリアルタイムWebから2016年元旦の可視画像

ちなみに、冬以外の春・夏・秋だとこんな姿。
春と秋はまっすぐ東から、夏は北東側から夜明けがきます。vis_20160320-0630-2
vis_20160621-0600-2
vis_20160922-0630-2

地球視点で見ると太陽があっちにこっちに傾いてるように見えちゃうけど、ホントは勝手に傾いてるのは地球の方。
宇宙から眺めるとこんな感じです。
なんでこうなるか頭が混乱してきた人は、地球儀片手に横から光のあたる場所であれこれ試してみてくださいw
vis_4season

ひまわりリアルタイムWebではその日の可視画像を動画で見ることもできるので、初日の出を見た人も、見損ねた人も。
あとから改めて地球の夜明けを眺めてみるのもいいと思います。

それではよい年を!

ちなみに。

もちろん天気予報に休日はないわけで。

今年は年越し勤務です…。

ひまわりを愛する人に『Himawari Cast』

前回に続いての「ひまわり8号」ネタです。
ひまわり8号の売りは「高頻度・高頻度・多チャンネル」の三本柱ですが、気象庁の公式サイトではまだ「高頻度」を味わえるコンテンツがありませんでした。
…が、ついに高頻度衛星画像のコンテンツが公開されました!

気象衛星(高頻度)@気象庁

滑らかに回る渦、もくもくと湧き上がる対流雲、流れゆく細かな下層雲…。
2.5分間隔で天気・気象好きにはたまらない景色が見れるんでほんとにオススメです!
直近の3時間分しか見れないのがちょっと物足りない気もするけど、高頻度データの負荷がキツいってことだと思うんで許してやってくださいm(__)m

もっともっと衛星画像を味わいたい、ひまわりをこよなく愛する人向けには『Himawari Cast(ひまわりきゃすと)』って手段もあります。

実はひまわりによる観測は日本だけのためじゃなく、国際的な枠組みで東アジア~オセアニア~西太平洋一帯の観測を担当してます。
そんな担当地域の国々にいちいち日本からデータを送るのは結構大変。
だったら宇宙からバラまいてしまえ!ってのがHimawari Cast。

アンテナ、受信機、パソコンとちょっとソフトを用意すれば、ひまわりの10分ごとのデータを利用可能。
しかも数値予報資料(GSM)も配信という太っ腹っぷり。
正直、ぼくもちょっとやりたいくらい・・・。

ただし、アンテナは直径3メートルが推奨サイズ!
広い庭でもないとちょっと辛い。
新しく家を建てる予定のある気象好きな人がいたら、屋上にはソーラーパネルの代わりに巨大アンテナなんていかがでしょ?

詳しくはこちらをどうぞ。
Himawari Cast@気象衛星センター

ひまわり8号のスゴ技『機動観測』

先月7/7に運用が始まった新しい気象衛星ひまわり8号、コイツの売りは『高解像度・高頻度・多チャンネル』の3本柱。
テレビの天気予報でも高頻度撮影の動画が流れたのを見た人も多いと思います。
そしてこの高解像度&高頻度の威力を最大限に高めるべく、新しいひまわりでは『機動(領域)観測』という新技を手に入れました!
今までは「地球全体」「北半球」といった感じにあらかじめ決まった領域の画像を撮るだけだったけど、機動観測は範囲を自由に動かしながらそこだけ高頻度で観測するってなスゴ技です。
このスゴ技で台風の中心を追いかけながら2.5分間隔で撮った台風13号の動画がこちら。


2015年台風13号の台風高頻度観測@デジタル台風

最初はバラバラだった積乱雲が次第に塊になり、だんだん回りながら眼がクッキリしたイケメン台風に成長する様子を猛烈な鮮やかさで見ることができます。
凄いぞひまわり8号!
ありがとうNICTデジタル台風

台風の進路予想が難しい(予想が外れることも多い・・・)のはよく知られた話だけど、どれだけ発達するかの予想も結構難しかったりします。
なかなか発達しないな~と思ったら急に発達したりすることもしばしば。
そのメカニズムは分かってないことも多いけど、この鮮明な映像にその謎を解く鍵がいっぱい写ってるのかも?って気もしてきます。

成果が台風予報の精度向上って形で現れるのはもう少し先な気がするけど、たまには難しいことは忘れて台風が成長する姿をぼ~っと眺めるのも悪くないかと。

合わせて↓で地球全体を眺めるのもなかなかオススメです。
ひまわり8号リアルタイムWeb@NICT